次回12月24日、午後1時から大阪城公園天守閣前広場にて行います。


by nameken9

中国共産党と世界政党の上層部対話、「素晴らしい世界」の共同構築を推進

中国共産党と世界政党の上層部対話、「素晴らしい世界」の共同構築を推進

                              人民日報の記事より

 「中国共産党と世界政党の上層部対話」が1130日から123日まで北京で開催される。開幕式では、習近平中共中央総書記(国家主席)が出席し、基調演説を行う。中国共産党と世界の各政党による初の上層部対話となり、出席者数がこれまでで最多の世界の政党指導者による対話となる。中国共産党の新たな歴史を切り開き、世界の政党史に新たな突破を実現させる重要な意義を持っている。(人民日報「鐘声」国際論評)

中国共産党は党員8900万人を数え、人口13億人以上の大国を指導する世界最大の党であり、その取る方策の一つ一つ、その前進の一歩一歩が、世界の政党にとって、すぐ近くからフォローし、研究に全力を上げるべき重要事となる。しばらく前には第19回党大会が成功のうちに幕を閉じた。中国共産党と世界政党の上層部対話は、外国の政党上層部が第19回党大会の精神を深く理解し、習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想を知る扉を開くものとなる。

近現代以降の歴史は、人類の社会発展の船が風雨や濃霧に襲われるたび、責任を引き受けることを恐れない政党が立ち上がり、自ら行動し、未来を導いてきたことを示している。世界が深刻な不安定や不確定に直面し、人類が多くの共通の試練を迎える現在、第19回党大会報告によって打ち出された人類運命共同体の構築推進という目標と「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」というグローバルガバナンス観を堅持することは、各者の利益の衝突と価値観の相違を解消し、より素晴らしい世界を建設するのに理性的な方策を与えるものとなる。今回の対話では、「人類運命共同体の構築、素晴らしい世界の共同建設:政党の責任」がテーマとされた。中国共産党と世界五大陸の政党指導者は、偉大な事業を共に話し合い、責任を共に担い、率直な交流と知恵の結集を通じて、人類運命共同体の共同構築に向けてより多くの賛同と行動に向けた力を集中させる。

19回党大会の報告では、中国共産党は中国人民の幸福を図る政党であり、人類進歩の事業のために奮闘する政党でもあると明確に指摘した。中国共産党は、世界160カ国以上の400以上の政党・政治組織と常に連絡を保ち、プラットフォームを積極的に構築し、政党間の話し合いや平等な交流を推進している。中国共産党と世界政党の上層部対話は、党や国家の統治の経験を他国の政党と共有し、世界各国に中華文明を知らせ、他の文明から栄養を汲み取ろうと願う中国の誠意と決意を示すものとなる。各国の政党が対話を通じ、人類の将来の運命にかかわる重大な戦略的問題でのより多くの共通認識を形成し、素晴らしい世界の共同建設にさらなる貢献を果たすことを、世界は期待している。


[PR]
by nameken9 | 2017-12-04 17:23 | Comments(0)