次回12月24日、午後1時から大阪城公園天守閣前広場にて行います。


by nameken9

11月なめ憲!沖縄に連帯し憲法を守る集い報告

普天間基地の県内移設絶対反対!米軍は沖縄・日本から出て行け!
大阪天王寺で沖縄県民大会と連帯したぞ
 

11月なめ憲!沖縄と連帯し憲法を守る集い報告
11月のなめ憲は、沖縄の人たちが鳩山政権に「普天間基地の県内移設・辺野古の新基地建設反対!」をうったえる沖縄県民大会と同じ日、同じ時間だったので、大阪でも沖縄に連帯しようということで、「沖縄と連帯し憲法守る集い」に切り替えた。リヤカーのスローガンも「鳩山はアメリカの脅しに屈するな!普天間基地の県内移設絶対反対!鳩山は沖縄の声を聞け!」などに書き換えバージョンアップした。
a0114164_20223922.jpg

集合場所の釜ヶ崎労働福祉センターで、「今から天王寺で沖縄と連帯します」などとアピールしていると「日本はアメリカに守ってもらってる」というアメリカの奴隷のおっさんが来て大激論になった。参加者の一人は「日本がアメリカに基地を提供してイラクやアフガンで何人死んだと思ってるのか!日米安保は日本のためにあるのではなくアメリカの戦争政策のためだ」といいかえした。他の労働者が「まあまあ」と中に入って余計にややこしくなったが、アメリカの奴隷のおっさんが退散して、ようやく出発となった。
a0114164_20472741.jpg

a0114164_2023237.jpg

天王寺について「女の子を暴行したり、交通事故を起しても賠償しなかったり、ヘリコプターを大学に墜落させるような米軍普天間基地はすぐ廃止!」とアピールしていると、こわもての男性が話しかけてきた。「俺は沖縄の国際通りでよく遊んでいた。友達の女の子が泣いてきたので、わけを聞くと米軍に強姦されたと言う。仲間を集めて仕返しに行こうとすると、その娘の親がとめた。親は米軍基地に勤めていたから。沖縄はこんな話ばかりや。署名用紙があるならくれ。やってくるわ」と目に涙をためていた。
a0114164_20545377.jpg

リレートークが始まりそれぞれの沖縄への思いを言った。「アメリカは米軍基地を置いて沖縄の人や日本人を押さえつけている。許せない!」「沖縄の人たちだけに基地を押し付けるという理不尽が良いか悪いか。悪いのは明白です!」「アメリカの基地が何で日本にあるのや。基地はアメリカに帰ってもらわんとあかん!」「アメリカは広島、長崎の原爆をいまだにあやまっていない。オバマは広島、長崎に来てあやまれ!」「民主党は何で自民党政権がアメリカと決めたことに従うのか。政権交代の意味がない!」「私は野宿者の支援をしているが、沖縄の人が多い。基地に払う金があれば沖縄の失業対策に使え!」
a0114164_2050129.jpg
「14年前、沖縄の子どもが米兵3人に強姦された。それで普天間基地返還となったのに、いつのまにか辺野古に移転にごまかしてきた。子どもを持つ親として許せない!」「米軍が沖縄に基地を置きたいのは、私らの税金から自民党がナンボでも金をだしてきたから。辺野古の基地と海兵隊をグァムに移転を取引の材料にするなら、米軍への予算をストップしたれ!」「憲法前文に書かれているように鳩山政権は平和主義を守るべき!」「米軍は西成署と同じくらい悪い!」と個性溢れるアピールが続いた。
a0114164_2052791.jpg

歌も「武器を捨てろ!」や「がけっぷちの鳩山政権」などの新曲や「沖縄を返せ」「一坪たりとも渡すまい」など米軍基地撤去や沖縄にゆかりのある唄を歌いまくった。「武器を捨てろ」を黒人シンガーばりに唄う参加者に対し「うまいな」という人や横でのぞききこむ子ども達がいた。
a0114164_20554749.jpg

右翼と自称する人が「日米安保のために妥協は必要や」と言ってきたので「日本の領土を基地で侵しているアメリカと闘うのが本当の民族主義だ」と切り返すと「がんばってください」と去って行った。交差点では多くの人がアピールに聞き入り、「鳩山やオバマの連絡先を書いたビラがあるので持って行って、ひと言でいいから抗議して下さい!」とうったえると多くの人が自分からビラを取りにきた。リヤカーや携帯でをデジカメで写す人も多くいた。
a0114164_20571611.jpg
関西人特有の行動だが、私達を指導してくる人もいる。「あんたら『普天間基地は東京の羽田に移設しろ!』と言わなあかん。大臣も議員も官僚も日本の権力者は、自分達の近くだけには米軍基地が来るのはいやなんや!」
「先日テキサス州の米軍基地でイラクかアフガン派遣される予定の軍医が乱射事件を起した。日本が基地や金を出して米軍の戦争政策を支えることは、アメリカの青年をも苦しめている。こんなおぞましい歴史に終止符をうたなあかん」とアピールすると多くの人がうなずいていた。
最後に鳩山首相に送るメッセージを拍手で採択し、「沖縄を返せ」を歌い「米軍は沖縄・日本から出て行け!鳩山政権は沖縄の声をきけ!沖縄県民大会がんばれ!」と叫んで集いを終えた。南

a0114164_214974.jpg







沖縄に連帯し憲法を守る集い決議

鳩山首相はただちに普天間基地の使用禁止と日本への返還を宣言し、日米地位協定の改定交渉を開始せよ
民主党は選挙前の政権公約で「普天間基地の県外、国外への移設をめざす」としていますが、いざ政権をとり、アメリカの恫喝が入ると、いっぺんに腰砕けになっています。
岡田外相は、「県外は事実上選択肢として考えられない」「嘉手納基地への統合を検討している」とか、北沢防衛大臣にいたっては、「基地機能の一部をグアムや岩国に移すから、辺野古へ移転しても公約違反ではない」ということを言い出している。
これは沖縄県民と日本国民に対する重大な裏切り発言であり、到底、容認できるものではありません。
岡田外相は、「(前政権のときに)すでに9合目まで来ている話なので」いまさら変更は難しいといいますが、なぜ、自民党が登った山にまた登ろうとするのか?「アメリカとの対等な関係」をめざすのなら、自公政権の「対米屈従外交」が築いた山に登るのではなく、その山を切り崩すしかないことは自明のことです。
民主党は、04年8月に沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した時には、「ただちに普天間基地の使用禁止」を主張しました。また当時、民主党代表だった岡田氏自身、(普天間基地の代替施設なき返還は)、「実現可能かどうか自問自答するのではなく、そのことをしっかりと主張するべきだ。ここは日本の領土であり、沖縄の土地だ。普天間を日本の外に出すことは十分説得力をもって米国と議論できる」と発言しています。また05年総選挙の時は、岡田代表は「私が総理大臣になれば、普天間基地の県外、国外への移設実現をめざし、政治生命をかけて交渉したい」と表明しています。
 岡田外相は「当時と状況は変わった」と弁解しますが、私たちには、まさに民主党のその変節ぶりにこそ、「対米従属」の状態が何も変わっていないことを見る思いです。
 沖縄の状態は、戦後64年間、何も変わっていません。「銃剣とブルドーザー」で米軍に無理やり土地を奪われ、米軍基地を押し付けられ、米軍機の轟音と墜落の危険、環境破壊、後をたたない米軍犯罪と隣り合わせの生活。まさにこの沖縄県民の苦悩こそ、日本がアメリカに主権を奪われていることの象徴なのです。さらに、「辺野古への新基地建設案」は、現在の普天間のヘリ基地を移設するのではなく、ヘリに変わって、爆音を撒き散らし事故も多発しているオスプレイという垂直離着陸機を主力機にするということも明らかに成っています。これは単なる「移設」ではなく、沖縄に更なる基地負担を増強するものです。
 鳩山首相!
 沖縄県議会は、2008年7月18日に、重ねて、「新基地建設に反対する決議」を可決しました。
 各種世論調査を見ても、沖縄県民の70%は、新基地建設に反対です。沖縄県民の意思は明確です。沖縄では本日、宜野湾市の海浜公園で「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」を開いています。私達はこの集会に連帯します。
鳩山首相!
民主党は「政権交代」「アメリカとの対等の関係」をうたい、総選挙で有権者の60%の支持を得ました。総選挙は日本国民が主権を行使する手段です。総選挙で示したこの日本国民の意思の上に立つ、いったいどういう力が存在するのでしょう?国民主権を保障する日本国憲法より、日米安保条約の方が上なのですか?
鳩山首相!
あなたはこの政権交代を明治維新になぞらえて平成維新と表現しました。明治維新は封建時代から欧米型資本主義への道を切り開いた転換点であったと同時に、幕末に欧米と結んだ不平等条約を改定する闘いの始まりでもありました。まさに今こそ、あなたは普天間基地の即時使用中止と返還を宣言し、日米地位協定の改定交渉を開始する時です。このことを、日本人民を代表して、大阪の地より強く要請します。
                                        2009年11月8日(日) 

11・8 沖縄に連帯して憲法を守る大阪の集い   於 天王寺公園

[PR]
Commented by たっちゃん at 2009-11-11 07:38 x
ご苦労様
by nameken9 | 2009-11-09 19:24 | Comments(1)