次回8月27日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

お知らせ!働き人のいいぶんのブログできました

お知らせ
「働き人のいいぶん」ブログが出来ました。行動する会働き人が、釜ヶ崎センターで毎週5時から発行している新聞を毎週そのまま載せます。また労働者の闘いや、反貧困の取り組みも紹介します。何でもかんでもなめ憲のブログに載せてきましたが、なめ憲は、憲法9条、国民投票法反対、米軍基地撤去など日本をどうするという問題を扱い、憲法25条に関する反貧困や、労働者の問題は、「働き人のいいぶん」ブログに書いていきたいとおもいます。どちらのブログもよろしくお願いします。紹介がてら「働き人のいいぶん」と行動する会働き人の成り立ちを紹介する記事を載せます。
「働き人のいいぶん」ブログのアドレスは
http://hatarakibito.at.webry.info/

2007年釜ヶ崎労働者の住民票削除を大阪市が発表
2007年、釜ヶ崎労働者にとんでもないことがおこりました。釜ヶ崎労働者は日雇いで働き、飯場などに長期滞在するため、また故郷に残した借金のため、釜ヶ崎解放会館・ふるさとの家・NPO釜ヶ崎の支援団体に住民登録していました。登録していた労働者は、2000人を超えていました。
 2006年の暮れ、福岡県警の警察官が、釜ヶ崎解放会館の住民票を不正に買い悪用したことが、マスコミに大々的に取り上げられ、それを恐れた大阪市が、コンプライアンスの名のもと、3団体に置かれていた住民票を強制削除すると発表したのです。
住民票闘争は最初の朝のセンタービラまきから始まった! 
2007年1月23日、それまで釜ヶ崎労働者の住民票を裁量で受けていた西成区役所の住民登録課が、手のひらを返し、住民票削除のため釜ヶ崎解放会館に次の日の24日に立ち入り調査に来ることを会議で知った私は、結論のでない会議で、解放会館の人間でもないのに「立ち入り調査なんかさせたらあかん。解放会館がつぶれてしまう!!」と叫んでしまいました。それから解放会館の中田君を初め、私と同じ意見の意気のいい青年達は、徹夜でビラを作り、25日の朝5時から釜ヶ崎のセンターで「ふざけるな!!西成区役所・大阪市役所わしらの住民票を勝手に消すな!解放会館の立ち入り調査に抗議して集まろう!!」というタイトルのビラをまき、必死で釜ヶ崎労働者に呼びかけました。 
釜ヶ崎労働者は、ビラを呼んで呼びかけに答えてくれました。解放会館前には、200名の労働者が集りました。その中には、3月2日に予定されていた住民票削除を弁護士の力を借りない本人訴訟を起して勝利し、3月28日まで伸ばしたKさんもいました。その日、釜の労働者たちは、西成区役所の役人を解放会館に一歩も踏み込ませず、追い返し、そして区役所に追いかけていって、区役所で住民登録課と交渉しました。そして西成区が長年釜ヶ崎労働者の住民票を受け付けていた、しかも解放会館に住民票を置くことを指導さえしていたことについて実態調査をすることを約束させました
住民票闘中、毎日書き換えられたビラが運動と労働者を結んだ
その日から釜ヶ崎労働者は住民票削除されるまで、西成区役所での座り込み、2日にわたる区役所へのデモ、大阪市役所への抗議行動、大阪市役所前で野宿して交渉する第一次野営闘争、先遣隊、第二次野営闘争そして削除まで、まさに「赤い血を流し、泥にまみれながら」必死で闘いました。
その闘いにおいて、釜の労働者に闘争を呼びかけ、報告し、運動を支えたのが、毎朝5時から行なわれた毎日書き換えられたビラの情宣でした。私は「解放会館に西成区なんか入れたらあかん!」といった責任上、解放会館の中田君と毎日この情宣を行いました。人民新聞の編集員である一之瀬君は、毎日ビラを書きました。住民票を奪い、日雇い雇用保険の更新、運転免許の更新、など働く権利を奪い、本人確認の手段を奪うことで生きる権利を奪い、選挙権まで奪うという、大阪市の棄民政策にどう対抗していっていいのか、正直解らなかった私は、「とにかく釜のおっちゃん達に状況を知らせ、考えてもらおう。運動側の呼びかけと報告はしよう」という気持ちでした。釜のおっちゃん達は、センターで、食い入るようにビラを読み、運動に参加してくれました。
「三角公園のおっちゃん達もビラをまいてくれるのを待っているよ」と言われた私と中田君は、必死の思いで三角公園の炊き出しにもビラをまきに行きました。三角公園の労働者達は「待ってました!」とばかり、闘争に参加してきました。
先遣隊は闘いの中で生まれた!
Kさんの差し止め裁判が勝利し、住民票削除が伸ばされ、第二次野営闘争が計画されました。大阪市の関市長は、釜ヶ崎の運動に肩透かしをくわせるため、海外旅行に行きました。当初予定されていた日から一週間住民票削除の日が伸ばされ、第二次野営闘争も延期しなくてはならなくなりました。その延期の報を聞いた釜の若い労働者小林君は「大阪市の予定に釜の労働者が合わせてどうするねん。明日からやる!」と宣言しました。彼の宣言に驚きながら「それならやらねばなるまい」と思ったのが、私南と釜ヶ崎で13年間炊き出しをやってきた高来さんでした。
それから1週間釜の活動家の参加なく、釜の一番根性が座ってやる気のある労働者+南+釜の労働者が大好きな青年が第二次野営の先遣隊として、大阪市役所前で、活動家が組んだ計画のほかに、リヤカー先頭の無届デモ、難波まで無届デモしてカンパ活動、土日は運動会、と昼はバンバンに闘争して夜は毎日宴会という楽しく過激な日日を送りました。第二次野営闘争が始まると、先遣隊のメンバーは行動隊と名乗り一つのグループになりました。

「働き人のいいぶん」の誕生

3月2日、2088人の労働者の住民票が削除されました。みんな心身ともに大きな痛手を受けました。高来さんは結核になって阪南病院に入院してしまいました。
毎日の情宣は必要なくなりましたが、ビラの力はすごいということで、新聞を週1で発行し続けました。
その当時は「行動隊通信」と呼んでいましたが、その名つけ親の小林君が行動隊を止め、行動隊の名前の由来になった直接行動隊の坂口君が行動隊から去った時点で、新聞の名を「働き人のいいぶん」とし、行動隊を行動する会働き人に変え今に至っています。
名前は変えたものの、グループの中心になっていた人たちが抜け、南は落ち込みました。しかし働き人つまり労働者、特に実際に現場で働いている労働者(この労働者たちは、非正規とか日雇いとか、派遣とか言われている)の言い分を載せる新聞が日本に少ない以上、「週一回は発行していこう」とがんばりました。それを支えてくれたのは、連載投稿として4ページのうち1ページ受け持ってくれた釜ヶ崎詩人の橘さんと記事を新聞に組んでくれた人民新聞の一之瀬君でした。橘さんとは月1回なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会でリヤカーの街宣車をひいて天王寺に行き、憲法を守る活動を続けました
選挙おしかけで南復活!そして仲間たちが戻ってきた!
2009年の衆議院選で、投票場へのおしかけ行動に釜の労働者が勝利したことをきっかけに、南も元気になりました。定額給付金の締め切りに向けて、ふるさとの家のまあこさんや釜ヶ崎医療連絡会議の松尾さんと活動しました。
10月23日の、Kさんと宮副さんの「貧困であるが故に住居に住めず、そのために行政が住民票を奪い、選挙権を奪うのは憲法違反」とした裁判の判決公判がありました。南は、この闘争をがんばった人すべてにこの裁判の傍聴を呼びかけました。当時結核病院から西成の藤田記念病院に転任していた高来さんも、それまでの不義理をしていたことの謝罪も含めて、誘いに行きました。高来さんは、快く受けてくれ、「裁判所の権威何するものぞ」という感じでパジャマ姿で傍聴しました。
それから日をおかず、11月初めに、高来さんはシャバに戻ってきて私達の事務所に現れました。そして、なぜか第二次野営にがんばっていた鳶の西村さんとも再会しました。また第二次野営が忘れられない田島さんは、釜ヶ崎パトロールの会で中心メンバーになっていました。一之瀬君は韓国に言って韓国の労働組合の闘いを見て第二次野営を思い出しました。そして12月16日の「釜をなめるな!起ち上がった原告を励ます全国集会」に参加した若者秋山君が正月に登場しました。行動する会働き人の活動を実質再出発する機は熟しました。

行動する会働き人再出発、行くぞ!とおもったら三角公園が危ない!

2010年1月18日に行動する会働き人の第一回会議を持ちました。「さあやるぞ!1吉岡君を職場に返す運動を通じて釜の労働者と派遣労働者の連帯を作る2普天間基地廃止運動を通じて労働者が日本の行く末を考える姿勢を作る」と思っていたら1月23日の朝日新聞の夕刊に「釜ヶ崎の三角公園・四角公園・はなぞの公園の野宿労働者のテントを大阪市が撤去する予定」という記事が載りました。
平松大阪市長に宣戦布告!!
再開したばかりの行動する会働き人に早速の試練が待ち構えていました。しかもその試練は、釜ヶ崎労働者と釜ヶ崎を愛するすべての人の第二のふるさと三角公園と釜ヶ崎のセンターに大阪市が手をつけるという暴挙です。そしてそれは釜ヶ崎をなくしてしまうたくらみでもあります。私達行動する会働き人は、釜では新参で小さい組織ですが、命を張って闘うことにしました。西村さんが「平松を倒すか、このままやられるか、2つに一つ」というスローガンを考え、1月25日釜ヶ崎センターで平松市長人形を投げつけ、26日三角公園でやくざやポリ公の妨害にめげず、大阪市・平松市長に宣戦布告しました。
これから色々なことが、私達行動する会に働き人に待ち受けていることでしょう。その事をこのブログで「働き人のいいぶん」を中心に報告したいと思います。

2010年1月27日      行動する会働き人 代表南 美穂子

[PR]
by nameken9 | 2010-01-29 04:00 | Comments(0)