次回6月25日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

なめ憲3月8日

a0114164_20205743.jpg

平和憲法を変えるための国民投票法はいらない!
天王寺でにぎやかにアピール  
3月のなめ憲は、衆議院選挙も近いことから、みんなが知らなかったり、忘れかけている国民投票法が平和憲法をかえるための法律であることをもっと宣伝しようというテーマで行なった。
 ますますバージョンアップし「戦争協力より生きさせろ!」「殺したくない殺されたくない」のスローガンを掲げたリヤカーの街宣車は、あたたかくなって多くなった道行く人の目を引き、カメラマンがパチパチ写真を撮っていた。
 「日本政府は、米軍に思いやり予算を貢ぎ、アメリカの古くなった武器を買い、朝鮮がテポドンを撃ってくると脅かしては、アメリカの迎撃ミサイルを買い、米軍再編の為にも金を出している。その金額は何兆円にもなる。その金があったらどれだけの人が助かるか分からない。その上自衛隊まで出せというのが憲法改悪の本質。「平和憲法は日本が自立するための最後の砦だ!」「63年前これからは戦争をしないと平和憲法を作った平和憲法をまもろう!」「国民投票法は憲法を変えるための危険な法 律だ。廃止しろ!」などとうったえた。
 


a0114164_10102186.jpg
暖かくなったせいか、意見をいってくる人もいて「国民投票法って何や」と聞いてくる人がいて説明すると「9条は絶対変えたらあかん」と言っていく人や、「アメリカにそんなに金をやっているのか!くやしいなあ」という人がいた。「俺は沖縄出身や」という人は、「普天間も嘉手納もみんななくなってしまえばいいんや」「あんたらの意見に賛成や」と言っていた。
 
a0114164_20344326.jpg
ここはもともとカラオケの場にぎやかにいこうということで、「憲法を守ろう」「第九で九条」「憲法改悪反対の歌」「沖縄を返せ」「頑張ろう」「許すまじ原爆を」「戦争したくない」「世界中のアメリカ軍はアメリカにかえれ!」「がけっぷちの日本」などの歌をうたい踊った。
 衆議院選挙は近いが、国民投票法のことは、忘れ去られているというか隠されている。憲法を守ることと結び付けて国民投票法のことをもっともっと伝える必要があると感じた。

報告 南

[PR]
by nameken9 | 2009-03-11 18:02 | Comments(0)