次回6月25日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

平和物件 久しぶり

a0114164_19285484.jpg

a0114164_19285476.jpg

四国88ヶ所霊場第57番府頭山栄福寺 その本堂に二つのお札がはってあった。

世界平和祈願

世界の平和を祈りつつ我が家の幸福を願って


全人類の願いかもしれない、でも思うだけではなく、発言し記録し、行動していかなければ、願いは達成されない。
[PR]
by nameken9 | 2009-06-30 19:28 | Comments(0)

なめ憲6月14日

)「北の脅威」にだまされず衆議院選挙では平和憲法を守る人に投票しよう!
6月なめるな国民!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会報告

年の国民投票法(平和憲法を変えるための手続法)施行に向け、憲法9条を変えて、日本をアメリカの子分として戦争のできる国にしようとする政府や改憲派は、積極的に動きだしている。憲法改悪を発議するための憲法審査会を具体的に動かす為の「規則」が衆議院で自民党・公明党によって強行採決された。参議院では採決されないが、選挙後一気に憲法改悪に向けて国会が走りだしてしまうかもしれない。そして憲法改悪のを企むやつは、「北朝鮮の脅威」をさかんにあおりたている。 
今回のなめ憲は、そんな中で「『北の脅威』にだまされるな!」「麻生の先制攻撃なんていうのは憲法違反」「アメリカについて軍事産業を設けさせる経済は完全に崩壊している。そんなことはもう止めよう!」「平和に生きる権利。健康で文化的な生活を保障した権利を明記した憲法を守ろう!」「朝鮮にヒステリックに怒りを向けるのではなく、その怒りを世界の戦争やアメリカに向けるべき!」「韓国でも人口衛星が打ち上げられる。日本のマスコミは騒がない」などとアピールしていった。
 夏の日差しの中だったが、ずっと足をとめて聞く人、「頑張れや」と言っていく人」「戦争はあかん」と言っていく人がいた。 選挙が近くなってきた憲法を守る人に投票するよう次回は呼びかけていこう! (報告南)

[PR]
by nameken9 | 2009-06-21 16:41 | Comments(0)

なめ憲は生きている

ブログ更新しなくても毎月なめ憲やってます。

なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会(略称なめ憲)

毎月第二日曜日
午後2時から4時まで
大阪天王寺 天王寺公園東口入口前


次回は7月12日
[PR]
by nameken9 | 2009-06-18 22:03 | Comments(0)
なめ憲2号の道端から見える平和物件№017
a0114164_1182485.jpg


納経所(納経帳に朱印、墨書などしてもらうお寺の施設。)にはってあった。
六十何年間前に仏教界は体制翼さんをになった。「お国のために死んでこいと鼓舞した。

そんなことを繰り返さないで欲しい。
[PR]
by nameken9 | 2009-06-16 11:08 | Comments(0)
なめ憲2号の道端から見える平和物件№016
a0114164_2141013.jpg


恒久平和を望む宇和島龍光院・除災招福大観音
【正面からはまぶしくて撮せないので背後からの写真となった。】

宇和島城に対峙するようにJR駅後ろの高台に大観音様が建立されている。

このお寺は藩主伊達家の祈願寺てあった龍光院である。

1990年に書かれた「除災招福大観音之由来」の最後の節を書きうつす。

此の除災招福大観音像の奉安により宇和島、四国はもとより、日本国一円に大慈大悲の大光明が隈無く注がれ、地域の平安と人々の守護と繁栄をもたらし、此の霊場が恒久平和の象徴(シンボル)とならんことを期するものである。
[PR]
by nameken9 | 2009-06-15 21:04 | Comments(0)

平和物件№015

なめ憲2号の道端から見える平和物件№015
高知新聞 高新文芸 09年6月7日発行より


九条の碑
土佐清水 壬生博規
大西洋に浮かぶスペインの島の
そのなだらかな丘の上に
日本国憲法九条の碑が立っている
はるか地球の果ての島国の
何がスペインの人達の心を揺すったのか
憲法九条は広島長崎への原爆
戦争への怒りをこめて
両手を広げて銃弾を阻止しているのだ
スペインは情熱の国 激しいフラメンコ
ピカソはナチスに怒りをぶっけて
「ゲルニカ」を描いた
ゲルニカの街は無差別爆撃で人も牛も
家も何もかも焼き尽くされた
戦争を憎まない人間はいない筈ずだが
地球の上に人間が住みついてこの方
絶やすことなく戦争を続けている
亡国の一歩手前で踏みとどまった日本の
反省と再生の誓い それが九条
エメラルドグリーンの海に囲まれた
九条の碑にそよ風が吹いている

【スペイン領グラン・カナリヤ島のテルデ市にはヒロシマ・ナガサキ広場が作られ、そこには九条全文の碑がある。】
[PR]
by nameken9 | 2009-06-12 21:24 | Comments(0)

平和物件No.014

なめ憲2号の道端から見える平和物件No.014
a0114164_195879.jpg


「とさしみず九条の会」の大きな看板を遍路道沿いに四回は見た。

コンパネ(約90㎝×180㎝)二枚に大きな黒い筆の字で目立つている。書いてある言葉は同じだった。
[PR]
by nameken9 | 2009-06-11 19:58 | Comments(0)
a0114164_17101955.jpg

[PR]
by nameken9 | 2009-06-08 17:10 | Comments(0)
なめ憲2号の道端から見える平和物件No.013
a0114164_201948100.jpg

09年6月7日
頼もしい、ここにも9条の会
[PR]
by nameken9 | 2009-06-07 20:19 | Comments(0)
なめ憲2号の道端から見える平和物件No.012
a0114164_22573225.jpg

a0114164_2257335.jpg

09年6月1日
坂本龍馬は平和主義者か?

高知県立坂本龍馬記念館を見てきた。
その展示の字句から龍馬は平和主義者の様に読み取れた。

龍馬は国内戦争をおこさないために、幕府に対抗すべき勢力(薩長)を造りあげたうえで、幕府に大政奉還を迫るつもりでいた。
しかし薩長は徳川の力が残るのを恐れ、武力倒幕を主張した。
やがて龍馬の死後、戊辰戦争が起こり、薩長の思惑通りになり、薩長藩伐政府がつづいた。

龍馬は剣術の達人であったが、剣を抜かなかったそうだ。
またその手紙書かれた内容から、切腹や犬死を嫌っていたようだ。

記念館では、以上の内容を踏まえた展示会を開く。
「龍馬の望まなかった戦争戊辰戦争展」7月18日から10月9日まで
[PR]
by nameken9 | 2009-06-01 22:57 | Comments(0)