次回6月25日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

朝鮮高校ラグビーチーム50対0で2回戦突破!
東大阪市からグランドを守った若きラガーたちは快勝して民族教育のすばらしさを見せつけ、差別と排外主義をふっとばした!

朝鮮高校ラグビーチーム全国大会出場決定!!
 朝鮮高校のラグビーチームが大阪代表で全国大会に出る!!深夜たまたま大阪代表を決める啓光学園と大阪朝鮮高級学校の試合を見ていた私は、息子のラガーで日朝友好学生の会兵庫の一員である息子の翔太と抱き合って喜んだ。私は翔太に「朝鮮学校の子供らは、他のチームの子供らと違う!この子らは、勉強とラグビーだけの青春を送ってきたんやない。グランドが東大阪市に奪われそうになって、集会でアピールしたり、街頭に立ったりした子らや。その子らが全国大会に出るのや。すごいやないか。東大阪市ざまあみろやないか」と言った。ラガーの翔太は、うれしそうな顔をして「そんなことわかっとるわ。深夜にアジらんでいい。」といって「朝鮮高校はボールを取り合うときのせめぎ合いのモールが強いんやで」と同じラガーとして説明してくれた。
 この日から昨日の試合の日を待ちに待っていた。試合に行って「グランド守れてよかったね!」という横断幕を広げて応援する日を。

2007年、東大阪市市議会の民族拝外主義に1%の底力、平和の糧は日本人の問題として起ちあがる

 2007年東大阪市のアホたれ市議会が、土地区画整理事業をたてに朝鮮高校のグランドを取り上げようと、大阪地裁に提訴した。長い民族教育の歴史を持ち,ラグビーやサッカーが全国レベルの朝鮮学校のグランドを、全国の高校生ラガーたちが聖地とする花園ラグビー場のある東大阪市が奪おうとしている。この理不尽に多くの心ある日本人は、怒り、日本人の問題として心を痛めた。もちろん平和の糧、1%の底力で朝鮮学校の民族教育を支える会は黙っておれなかった。 
平和の糧と1%の底力で朝鮮学校の民族教育を支える会

 平和の糧という団体は,大阪郊外の能勢の田んぼで米を作り、朝鮮民主主義人民共和国に送っている団体だ。朝鮮を仮想敵に仕立て上げ、日本に米軍基地をおく理由としている日本政府のアメリカの奴隷としてあわよくばアジアへの侵略をたくらむ政府に対抗して、「本当のアジア平和は、日米安保では作れない。朝鮮と友好してこそ作れる。隣の国が米が足りなくて困っているんだったら送ってあげたらいいやないか」「しかし我々西成の人間には金はない、自分らで作って送ろう。朝鮮学校や朝鮮総連の人たちと一緒に作って田んぼでも日朝友好しよう!」という趣旨で13年間朝鮮に米を送ってきた。(ただし愚劣な制裁が始まってからは朝鮮学校で使ってもらってます)
1%の底力の会は、平和の糧で朝鮮学校の子供達と一緒に米作りの活動をする中で、朝鮮学校が国からの補助金の枠から外れていること。そのため民族教育を受けさせようとする。在日のオモニやアボジは一人15000円を負担しなければならないこと、そしてこんな日本政府のやり口は、子供の人権条約や、国連の人権委員会でも批判されていることを知り、4年前に始まった会だ。会員の収入の1%を集め西大阪朝鮮学校に必要なものを送ってきた。鉄棒・パソコン・暗幕・ロッカー・そしてさかあがりくんだ。
 
平和の糧、1%の会、朝高のグランドを守る署名を最先頭でがんばる釜ヶ崎労働者

この2つの会に参加し最先頭で活躍しているのが釜ヶ崎の労働者だ。平和の糧の活動では、田植え稲刈りはもちろんのこと、田おこしや草取り稲刈りの準備に脱穀と見えないところで朝鮮学校の子供達が、稲刈り田植えのしやすいようにしてきた。1%の会では、少ない収入の中から毎月ちゃんと1%を納めているのが金持ちではなく釜の労働者だった。彼らは能勢の稲刈りや田植えでは。朝鮮学校の子供達の成長に目を細め、朝鮮学校の公開授業があれば駆けつけ、鉄棒で遊ぶ子供達を遠くからうれしそうに見ている。
 そのなかでも一番朝鮮の子供達を愛している人がいる。村上さんだ。平和の糧創立からの参加者だ。彼は自分が活動に参加するだけでなく、で他の釜の仲間が平和の糧の田植えに参加できるようにお金を出して誘っていた。村上さんは、1%の会が朝鮮高校のグランドを守る署名を始めるや、すぐに参加し、街頭に立った。2008年の、正月の高校ラグビーの全国大会の時も雪交じりの雨の中、花園ラグビー場での署名活動をがんばった。そのときスポーツ新聞も東大阪市のグランド取り上げを批判して、朝鮮高校を取材し「グランドを守れ!」「東大阪市にトライ!」などの見出しを掲げた。そのスポーツ新聞をいまだに大切に壁に張っている人だ。村上さんたち釜の労働者は、署名活動だけではなく、朝鮮の人たちが開いたグランドを守るための集会や署名提出、東大阪市議会への陳情など全ての活動に、参加している。しかしひかえめだ。朝鮮人への熱い思いを胸に秘め、いつも控えめにしている。まるで高倉健さんだ。


朝鮮高校の学生と釜の労働者のために応援の準備
 
 私は、東大阪市の攻撃からグランドを守り(11月に朝鮮高校と東大阪市が和解成立)民族教育のすばらしさを見せつけた朝鮮高校の学生と、在日朝鮮人の子供らを愛してやまない釜の労働者に見合う応援をしようと思った。へなちょこ在特会が京都の朝鮮学校を襲撃した直後でもある。朝鮮高校の子供達を元気付け、それを応援する釜の労働者が生き生きできる応援。それは朝鮮学校の子供達がグランドを守ったことを「よくやった。」と褒めちぎり「朝鮮学校命!」と下手をすれば朝鮮人より朝鮮学校が好きと示す熱狂的な応援しかないじゃないか。それには準備や。私は、1%の会の伊東さんと「よくやった!グランド守った。がんばれ朝鮮高校」という横断幕を西成公園で作った。釜の労働者が、寒くないように炊いてくれた焚き火のそばで。
 そして100円均一ショップに通いつめ、派手な応援に使えそうなグッズを買いあさった。羽根突きのセンス、ボンボンが作れるビニールテープ、横断幕につける正月飾り、横断幕につけるラグビーボールのミニチュア、花。
 日本人民委員会の会長がなめ憲ブログに書いた「へなちょこ民族拝外主義にスパーヘッドキックを」という文章をビラにした。朝鮮高校の応援歌も作ってビラに載せた。
 そして釜の労働者が恥ずかしがらないように、自分を熱狂的な過激などうしようもない朝鮮高校応援おばさんに仕立てるために、阪神タイガースの応援はっぴに「朝鮮学校命。」「めざせ全国制覇!」「よくやったグランド守った。がんばれ朝鮮高校ラガー」ついでに「へなちょこ在特会かかってこい!」という文字を書いたゼッケンを貼り付けた。ゼッケンを貼り付けるのに時間がかかり深夜3時までかかった。


釜ヶ崎センターで朝鮮学校の応援歌を一発かます。
朝鮮高校の応援をするため釜の労働者は、釜ヶ崎センターの北側で集まった。釜の労働者の久保さんは、ラグビー応援にふさわしく、黄色と青の派手なジャンバーを着ていた。私も負けてられない、黄色と黒の寅入りのはっぴを着た。そして朝鮮高校が東大阪市からグランドを守ったこと宣伝し、朝鮮高校の応援歌をうたった。周りにいる釜ヶ崎労働者に「朝鮮高校が全国大会に出るから、花園に応援に行くねん」と宣伝しまくった。労働者からは「がんばって来い!」と声がかかった。
花園の町で朝鮮高校がグランドを守ったことを宣伝

 近鉄に乗って花園に着いた。早速横断幕をカ掲げてハンドマイクで、東大阪市の市民に、朝鮮高校がグランドを守る事に協力してくれたことにお礼を言いながらラグビー場に向かった。「東大阪市は市議会は腐りきってるが、市民は最高!皆さんの協力のおかげで朝鮮高校はグランドを守れました。そして去年全国大会を制した啓光学園に勝って全国大会出場です。東大阪の誇りです。今日12時45分から始まります。テレビでやるかどうか知らんけど応援してください!」というと町の人たちは、拍手してくれた。
試合前の情宣活動
 花園ラグビー場について、「全国の高校生ラガーの皆さん。監督、コーチの皆さん。本当にありがとうございました。2008年の大会の時多くのラガーがノーサイドの精神で朝鮮高校のグランドを守る署名に協力してくれました。おかげで和解成立です。」とやりながら朝鮮高校の応援歌を歌った。」すると「マイクはやめてください」と朝鮮高校の先生が言ってこられた。マイクは禁止だったそうで知りませんでした。「朝鮮高校のことを考えてください」と怒っておられた。すみません。歌が途中だったので、最後の一節だけ歌ってやめました。朝鮮高校に迷惑なんかかけるつもりはありません。しかし釜のおっちゃんたちがこれでチジこまないようにと思って一節だけうたいました。大会の人に聞かれたら言ってください。「あのオバハンは頭がおかしい。あのオバハンは朝鮮人じゃない。日本人や。朝鮮高校でも迷惑している」
 そして横断幕を広げてビラをまいた。すると横断幕と私のはっぴ姿とビラを見て多くの人が話しかけてきた。主には在日朝鮮人の方達だ。「ありがとうございます」と頭を下げられる。私はそのたびに「ここに来ている釜のおっちゃんたちは、グランドを守るために必死で署名活動をしました」と宣伝した。在日の方達は、釜のおっちゃんたちに深々と頭を下げられた。村上さんたちはうれしそうだった。そうだおっちゃんたち胸をはれ!拝外主義の吹き荒れる中であくまでも在日朝鮮人の子供達を守ろうとしたのは誰か!金持ちじゃない。偉い学者でもない。ビルや道路や橋を作り日本を支えてきた釜の労働者やないか!!日本で一番最底辺といわれる西成の人間やないか!


朝鮮高校ラガーの追っかけをしてデジカメがつぶれる。
 朝鮮高校のラガーたちが離れたところのグランドで練習していると聞き、急いで見に行った。わからないので探していると、新潟代表の監督が教えてくれた。この方は、2008年の大会のとき、真っ先に署名して学生達にも署名を勧めてくれた体育の先生だ。日本人の教育者の中にも立派な人がいることを署名活動をする私達に教えてくれた人だ。しかも今日の対戦相手の監督だ。「すみません。朝高の応援なんです。」というと笑っておられた。
朝鮮高校のラガー達は、試合前の緊張した感じで、アップしていた。フェンスごしに「おめでとう!グランド守って全国大会出場や。えらいで!大阪の誇りや!この上は全国制覇や!」と声をかけた。釜の労働者達は、横断幕を朝鮮高校ラガーたちに見せた。監督はうるさいだろうに、振り返って「ありがとうございます」と頭を下げられた。美人のマネージャーさんたちも笑いながら礼をした。こんなガラの悪い人間にも礼を尽くされる。朝鮮学校の民族教育は本当にすばらしい。アップが終わりラガー達が、エンジンを組み始めた。こんなすごい場面デジカメで取って絶対ブログに載せなくてはと思いシャッターを切ったとたんにカメラを落としてしまった。その後デジカメは動かなかった。大失敗や!


朝鮮高校をこよなく愛する日本人たち

試合場の前に戻ってラガー達が入ってくるのを待ちながら、情宣活動をした。多くの在日の方が「ありがとうございます」と声をかけてくる。日本人も声をかけてきた。花園ラグビー場をこよなく愛している坂田のおばさんという人は、私を朝鮮人だと勘違いし「金監督もうやめはったのかな。よろしくゆうといて」「私はこの辺のボスで、花園ゆうたら坂田のおばさんや。ラガーたちもようしっとる。しかしラグビー場周辺の土地を近鉄が買ったとき、親戚にせっつかれて売ってしもた。私は一銭も受け取ってないけどラガーたちに悪くて試合には顔を出せないんや」といっていた。そしてラグビーの応援は黄色い悲鳴のような高い声は御法度であることや、派手な格好をして目立つようにやること、そしてラグビーを応援する女の人は美人でなくてはならない自論を展開した。美人じゃないけどがらがら声で目立つ格好。私にぴったりや!
またビラをみて噛み付いてくる人もいた。「朝鮮の子供達が何をやったというんですか!」私らを在特会と勘違いしている。その人は、気がついて「そうか。あなた達は、在特会に反対しているんですね。私も在特会には腹のむしがおさまりません」といって恥ずかしがっていた。青年が「僕は日本人ですが、東大阪市のやり方に憤慨していました。グランドを取り上げたら日本の恥になるところでした」といっていた。
そんなことを話していると、朝鮮高校のラガー達が試合場に入っていく。思わず握手に飛び出した。しかしこの感動的な場面がデジカメに取れない悔しさ!!


試合の応援

 試合会場に入った。地元東大阪で朝鮮高校を守るために活動している人達が応援の大きな横断幕をかかげている横に私達もその半分くらいの横断幕「よくやった!グランド守った!がんばれ朝鮮高校」の文字を書いた横断幕を掲げて座った。試合はもう始まっていた。私のはっぴ姿を見て朝鮮の方が「そんなはっぴ着ているんだったら、応援の音頭とってよ!」と声がかかった。待ってました!とばかりに前に行って「がんばれ!がんばれ!朝鮮高校!」「グランド守って全国出場!」と声を上げたら、スタンドのみんなも声を合わせてくれた。
試合は朝鮮高校が絶対的に優勢だった。次々にトライを決め、確実にキックを入れる。すばらしい!トライを決めるごとに場内アナウンスで「朝鮮高校のキムケソン君のトライです。」と鶯嬢がやる。その名前をよく聞いて「キムケソン最高!!」とやるとみんな大笑い。いま「26対0。すごすぎる朝鮮高校!グランド守った上に26対0や」とやっているとまわりの特に朝高生や朝高出身者が大喜び。話しかけてくる。はっぴのスローガンを読んで「へなちょこ在特会かかってこい!」を読むとうれしそうなので「負けたらあかんで。あいつらはへなちょこや。あんたらの足元にも及ばない。あんた達の同級生はすごいやない。グランド守って全国出場や。あんたらは限りなくすばらしい人たちや」と言うようなことを話しかけてくる全ての朝鮮の若者に言った。心が通じ合った。
朝鮮学校のサッカー部も応援に来ていたが、なにか元気がない。みんなに応援されているラグビー部がうらやましそうだ。「がんばれ!グランドを守ったのはラグビー部だけじゃない。だけど美人な朝高生は当分ラグビー部に取られっぱなしやな」というと「僕達もがんばります。練習場に応援に来てください。」と言っていた。がんばれ朝高サッカー部!サッカー部が全国にいったらオバチャンは、もっと大きな横断幕を持って応援したる。だけどたしか高校サッカーの全国大会は東京じゃなかったか?
試合は朝高絶対の優勢。会場は盛り上がり。私は動き回って朝高を応援した。しかしもっと過激に応援している人がいた。1%の会事務局で活動している両親のいる1歳のテッちゃんだ。テっちゃんの父親は朝鮮学校を応援するため、多くの野宿の労働者を能勢の田んぼや西大阪朝鮮学校の公開授業に誘ってきた。母親は、自分の高校で「ウリハッキョ」という朝鮮学校のドキュメントをおそらく日本の教師で始めて上映した人だ。テッチャンは、その小さい体を生かして試合場に堂々と入っていき、ベンチにまで近づいた。私がフェンスの後ろで「押せ押せ!」と「いいぞ!朝高!」とやっている横で「オーオー」と常に声を出していた。将来大物や!メチャメチャ有望や!
朝高断然優勢のうちにハーフタイムになった。お土産を買いにいかなくては。試合に来たくても来れなかった人たちのために。


地元の人たちも朝鮮高校の応援団

 花園ラグビー場を擁する東大阪市の地元の人たちが、お土産屋を開いていた。「グランドを守った朝鮮高校のキーホルダーをください!」とみんなに聞こえるように注文すると「ありがとう。朝高を応援してくれて。」といってオマケをいっぱいつけてくれた。朝鮮高校がいかに地元の人たちとの関係を大切に築いてきたかがわかり、尊敬の念を改めて感じた。span>
朝鮮高校の応援歌を二度歌う!がんばれ!負けるな!朝鮮の青年達!君達は無敵なんや!朝鮮人を応援する日本人もいっぱいいる。
 後半の試合も朝鮮高校が圧倒的に優勢で、終わってみれば50対0。完全勝利だ。みんなが席を立つ前に朝鮮高校の応援歌を歌わなければならない。速攻前に立って大声でうたった。「東大阪市の攻撃に 署名に集会かけまわり グランド守り 2回戦突破 無敵のわが名ぞ 朝鮮高校」みなさんごいっしょに「オーオーオーオー朝鮮高校!フレフレフレフレフレ」釜のおっちゃんたちは、横断幕を持ちながら、うれしそうに手拍子していた。よかった。準備してきて。おっちゃんたちが生き生きと応援できたから。
用事があるので早く帰らねばと思い入り口に急いだ。入り口のところで、朝鮮高校の学生の応援団やラガー達が出てくるのとあった。もう応援歌を歌わいでか!!私が歌うと美人の応援団の女の子たちも、男前の朝高生もみるみる顔が生き生きしてくる。そうやあんたらはすごい。無敵なんや。東大阪市の差別に勝ったんや。胸をはれ!在特会や反朝鮮キャンペーンになんかに負けるな!オバチャンみたいな下手をしたら総連よりあんたらを愛している日本人もいっぱいる。
試合後帰り道で私は、朝高ラガーの応援のために,エンジと白のストライプのラガーシャツをずっと探していた。花園ラグビー場の近くには、ラグビー用品のお店がある。探しに入った。すると応援に行く道であった報徳学園応援の高校生が店の中で女店主と話していた。私が入っていくと大喜びで朝鮮学校の応援歌を歌ってくる。「なんでオバチャンは、日本人のなのに朝鮮学校を応援するの?」と聞いてきたので、朝鮮学校のグランド問題やへなちょこ在特会の問題は日本の問題であることを全面展開すると、「そうやな。日本人はもっと考え直差なあかん。差別をなくさなあかん」と考え深げに言っていた。それを聞いた女店主は「朝高のユニホームはうちで作ってる。」とかぶせてきた。そして「かばん要るか?作ったるで」と聞いてきた。「要る」というと「CHOKO R F C」と印字された真っ赤なバッグを持って出てきた。このバッグは朝高ラグビー部のオモニたちがデザインしたものらしい。おばちゃんは中に入って文字を印字していたのだ。「すごい!家宝にするわ!」と言ってラガーシャツも買って店を出た。帰りの近鉄電車の中では美人のオモニと話した。私がへなちょこ在特会の話しをすると「うちの息子が襲われた京都の朝鮮学校の出身者です」と悲しそうな顔で話された。その美人のオモニが鶴橋で降りるとき「がんばってください。日本人の中にも朝鮮人を応援している人はたくさんいます」というと「ありがとうございます」と礼を言われた。すみません。オモニ。悲しい思いをさせているのは私達日本人の責任です。在日の方の気骨と根性にいつも励まされているのは、私達の方です。本当にいつもありがとうございます。

やはりクレームが

夕方、事務所に高校ラグビー全国大会から朝鮮高校にクレームがあったと総連から連絡があった。マイクを使っていたからだ。すみません。迷惑をかけました。でも大会は、朝鮮学校でなく私に文句を言ってくださいよ。私は日本人で朝鮮高校や、朝鮮総連から何の指導も受けていません。ただ「朝鮮学校 命」と思っている釜の労働者のために今日は張り切りすぎました。訴えるなら私を訴えてください。
それに安心してください。私は正月は花園には行きません。今日第一番目の試合で「よくやった!グランド守った!がんばれ朝鮮高校」ということに意味があったから。熱狂的な朝鮮人応援の道を切り開くためには今日でなくてはいけなかったから今日、釜のおっちゃんたちとスクラム組んで行ったんです

2009年12月30日
日本人民委員会 美穂子

[PR]
by nameken9 | 2009-12-31 07:45 | Comments(0)
東大阪市からグランドを守るため闘った若きラガー達を応援しよう!!
日本人民委員会会長伊関です。心あるすべての皆さんの声と行動と団結で守った朝高グラウンド。そのグラウンドから朝高ラグビー部が花園ラグビー場全国大会に出場します。皆さんご一緒に応援に駆けつけましょう。詳しくは下記試合予定の通り。
 また、1・22には下記の通り朝高グラウンド裁判の報告と今後の運動を展望する集会があります。極めて有利な条件で和解を勝ち取りましたが、まだ相当額の買戻し費用が必要です。共に考えたいと思います。是非ご参加ください!


全国高校ラグビー大会での大阪朝高の試合予定
    
    
  第一回戦 Bシード獲得により試合なし。
  第二回戦 12月30日(水) 12時45分~
         花園ラグビー場多目的広場
  第三回戦 1月1日(金) 11時45分~
          花園ラグビー場第一グラウンド


大阪朝高運動場明け渡し裁判最終報告会


勝利的和解を機に民族教育に対するさらなる支援の輪を広げよう!
 
   
 日 時 : 2010年 1月22日(金) 
        午後6:00開場、6:30開始
 場 所 : 大阪府立中央図書館ライティホール
 アクセス http://www.library.pref.osaka.jp/central/chizu.htm
 内 容 : 学園あいさつ、ラグビー部員あいさつ
弁護団報告、支援する会アピール等
 参加費 : 500円(資料代)
 共 催 : <朝高運動場明け渡し裁判>弁護団、学校法人大阪朝鮮学園

  
大阪朝鮮高級学校応援歌(こんなんどう?by南)
東大阪市の攻撃に
署名に集会かけまわり
グランド守り 全国出場
無敵の我らぞ 朝鮮高校!
オーオーオーオー朝鮮高校 フレフレフレ!


私も行きます。釜ヶ崎から朝鮮高校のグランドを守るために署名や東大阪市議会への陳情に参加した釜の労働者の皆さんと。いまでも去年の全国大会のときの「グランドは渡さない」という見出しのスポーツ新聞を大切に持っている朝鮮高校ラグビーチームの熱烈なファンと一緒に!!   南
[PR]
by nameken9 | 2009-12-28 04:34 | Comments(0)
近日、ポスター 次々発表、使って下さい。


a0114164_23244523.jpg

[PR]
by nameken9 | 2009-12-25 23:29 | Comments(0)
在特会糾弾!京都集会、大阪集会 報告 
日本人として、在日朝鮮人の皆さんへ心から謝罪の意を表明しこの報告を始めます。在日特権の巨悪は在日米軍にこそあるにもかかわらず、私利私欲のための排外主義を、金づるのための攻撃対象を在日児童に向けた在特会の蛮行を許してしまったことを、日本人として心からお詫びします。本当に申し訳ありません。日本人として、愛国者として断言します。在特会の蛮行の先には亡国しかありません。日本の未来と繁栄は、日朝正常化を契機とするアジアの人々との友好と世界の平和の礎の上にあります。
 京都では、<朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会―日本の排外主義を問う>に参加しました。300名の会場に主催者発表600名、私の見るとこ700名の参加のもと在特会の襲撃をはじき返して余りある熱気でした。事実、在特会は手も足も出なかったようです。集会では、今回、在特会の直接の被害にあった京都第一初級学校のオモニがチョゴリの袖を涙に濡らし訴えました。「これからこの子らの世代へにも、まだ朝鮮人差別が続くのか!この子になんと言えばよいのか!どうしてあげればよいのか!夜も眠れません!」と。申し訳ない気持ちで思わずもらい泣きをしました。しかし、もらい泣きしているときではない。民族排外主義を決して許さぬ決意を新たに涙をかみしめた次第です。
 大阪では、<ヘイトクライムを許すな!京都朝鮮学校事件が警告すること 12・23緊急報告会in大阪>へ。ここでも同様の熱気で、80名の部屋に200名を超える参加者。大阪では、在日の町生野で、在特会により女性グループを押し立てた「朝鮮人帰れ」の驚愕嫌悪のデモがあった事実が報告されました。あるオモニは、「小学生の子供を民族学校に通わしています。ウチの子が言うには、コリアンタウウンである子供がウリマル(朝鮮語)で話していたら、急に大人の男の人が{朝鮮帰れ}とその子の胸倉を捕まえたというのです。そしたら別の男の人が走ってきて、スーパーヘッドキックをくらわしてその子を助けたと言うのです。私はびっくりして、ええー!なに?ていったんです。在特会が引き起こした事件がいわれなき排外主義を煽り、子どもたちが普通にウリマルで話もできなくなるのかと不安になりました。」と。
 本当に申し訳ない限りです。心無い日本人に広がる民族排外主義にスーパーヘッドキックをくらわす責任は日本人の側にあります。日本人民委員会は、弱いものいじめの日本の恥・朝鮮小学校を襲った在特会の蛮行に必ずやスーパーヘッドキックをくらわせます。すべての心ある日本人と団結し、民族排外主義にスーパーヘッドキックをくらわせます。
 
報告 日本人民委員会 伊関 要
[PR]
by nameken9 | 2009-12-25 12:29 | Comments(1)
へなちょこ排外主義者在特会を泳がす京都府警を許さない!!
やっぱりへなちょこ在特会は出てこなかった!

朝鮮学校への攻撃を許さない12.22緊急集会に参加して

集会参加の準備

京都の伝統ある朝鮮学校、地域との関係も全国の朝鮮学校のお手本になっている朝鮮学校がへなちょこ排外主義者在特会に襲われた。私達なめ憲は、12月13日の定例街頭行動で、へなちょこ在特会人形を作り、天王寺の街頭で背負い投げしたり、蹴り飛ばしたり、ふんずけて「在特会かかってこんかい!!」「ようかかってこんのか!このへなちょこ「朝鮮学校いじめたら承知せんぞ!」と在特会をこき下ろし、挑発して出てきたら勝負しようと思っていた。しかしそれらしい男は、私と目が会うと逃げていき、弱いものいじめの時は張り切る奴らは、ぜんぜん出てこなかった。私達は、「やっぱり在特会はへなちょこや!」と宣伝しまくった。あいつらが恥ずかしくて出て来れないように、そして二度と朝鮮学校に手を出せないように。そして朝鮮学校には日本人民委員会という日本を愛し、朝鮮学校のためなら超過激派になれる会がついていることを宣言するために。
 そして昨日の集会にも、1%の底力で朝鮮学校の民族教育を支える会に参加し釜で朝鮮学校を応援している人、また釜の運動を先頭でやっている住民票闘争の原告に呼びかけて参加した。行くにあたって12月13日のなめ憲行動を報告した『働き人のいいぶん』を印刷した。京都の朝鮮人の皆さんに読んで元気になってもらいたいから。
 朝鮮人は長年差別と体を張って闘ってきたから強い。しかし在特会に下手に反撃したら警察がパクり、権力が朝鮮総連弾圧をするきっかけを作ってしまう。だから昨日の集会のような平和な集会を開き、在特会に怒りをもつ人たちに、朝鮮学校を知ってもらうことによって反撃しようとしている。しかし腹の底は煮えくり返るようだろう。弱いものいじめのへなちょこ在特会の横行をわざと許している警察、京都市の行政・そして反朝鮮キャンペーンをするマスコミをこれまた許している日本の私達は心から反省しなくてはならない

 京都府警に抗議を一発かまして集会に
集会に着くと、関西生コンさんや釜の運動家達が、防衛隊にいた。その前に京都府警のポリ公どもがいた。集会を防衛したっているという態度で。私の怒りは爆発した。京都府警はこんなとこに立っている暇があるなら、在特会を逮捕せんかい。在特会は警察に予告して朝鮮学校を襲撃している。そのときに在特会を取り締まらないで、へなちょこどものやりたい放題にさせたのは京都府警だ。さっそく「京都府警はなにやっとったんや!いじめられるのが朝鮮人の子供やから取り締まらなかったのか!!差別やろ!」「米軍も在特会もよう捕まえんのか!この根性なしの税金泥棒!!」と1発かまして会場に入った。ユニオンぼちぼちのウッチーが防衛隊でがんばっていたので「ウッチーいっしょに京都府警をいじめようや!」というとウッチーは「勘弁してくださいよ」と言う。なんでや。ほんとはめちゃめちゃ熱い男なのに。どうしてそれを表に出さないのか。
 
南個人の責任で勝手に防衛隊として会場の外へ
集会では1番はじめに話す人が話していた。集会実行委員会には悪いですが、また嫌われることを承知で言いますが、この人は「朝鮮学校の人たちも地域の人たちと結びつく活動をしてほしい」と朝鮮の人に説教をたれていた。どんな偉い人か知らないが、今日本の朝鮮学校を支援する人や日朝友好をする人は、「私達が力足らずで、活動の広がりがすくなく、反朝鮮キャンペーンが横行し、在特会に好きなようにさせてしまった。すみません」と言ってもすでに地域と長年交流してきた実績のある在日朝鮮人・朝鮮学校に説教たれることなんてできないはずだ。もう中で話を聞く気はなくなった。外で在特会から集会をまもろう!勝手に防衛隊や。

京都府警が防衛隊とうちのビラをチェック!即効反撃や!
 防衛隊は集会を守っていたが、へなちょこ在特会は現れない。寒い中、防衛隊も退屈だろうと思い、日本人民委員会が在特会に出した抗議声明を載せた『働き人のいいぶん』を防衛隊に配っていた。そしたら京都府警のいかにも公安って感じのポリ公まで取りに来る。この恥知らずのポリ公どもに私の抗議は炸裂した。「京都府警はなにやっとったんや!」するとポリ公は、「私らは中立です。在特会が暴力をふるったら出て行くつもりでした」といってくる。何が中立や。大の大人が朝鮮学校の子供達の集会に乱入して朝鮮学校のマイクを引きちぎり、子供達を追い回して乱暴狼藉をはたらいとるやないか!(ちなみに在特会が朝鮮学校を襲うユーチューブを私は5分と見ておれませんでした。しかしその日は腹の虫が収まらず、仕事に大いに支障をきたしました)器物破損、威力業務妨害やろ+!私が西成区役所に同じことをしたらすぐにパクルやろ!「朝鮮人も税金払っているのや。そのぶん防衛せんかい!」「集会を防衛しているふりをして実際は防衛隊をチェックしとるやろ。むこうへいかんかい」と激しく抗議した。しつこく抗議していると防衛隊の人からとめられたからやめた。(なんでとめるのかなあ。私はいつも活動家に止められる) 

釜日労さんと吉岡君の」職場復帰を語る釜日労の人たちも防衛隊でがんばっていたので住民票の原告達を励ます集会のことや、一昨日行ったパナソニックで偽装請負を日本で一番最初に訴えて、派遣労働者の先頭に立った吉岡さんのデモのを話して時間をつぶしていた。そしたら防衛隊の交代の時間が来て、釜日労の人はいなくなった
 
京都府警をえさに防衛隊に朝鮮学校への差別を宣伝
私は、防衛隊にも朝鮮学校のことを知ってもらおうとして、また京都府警攻撃に行った。大きい声で朝鮮学校の紹介をして防衛隊に参加している若い人たちに朝鮮学校を知ってもらい支援の輪にはいってもらうために。
「朝鮮学校は、国から援助を受けられない。だから大阪では一人15000円の授業料を両親が負担するために必死で働いている。日本の学校で朝鮮の民族教育をしないからや」「こんなこと、国際的にはぜんぜん通用していない。国連の人権委員会で、日本はいつも批判されている」「日本の行政は、警察をはじめとして腐りきってる!」そして警察のあくどさも暴露してやった。「お前らは、在特会とツウ通や!在特会を泳がせてそれに反対する人たちに弾圧をする。警察の常套手段や」実際安倍政権の2007年、日本の警察は、滋賀県の朝鮮学校に強制ガサいれし、生徒や父兄の名簿を盗んでいった。オモニたちは、泣きながら大阪府警に抗議していた。ついでに日本の警察が、アメリカの回し者だということも暴露してやろうと「なんで沖縄のひき逃げ米兵を起訴されるまで捕まえなかったのか。私が日本の警察やったら米軍基地に突っ込んで、米兵と闘いながら犯人米兵を捕まえるわ。この腰抜け」なにが在外特権や!一番の最悪な在外特権は、在日米軍基地やろ!日米地位協定やろ!ついでに住民票裁判の原告で釜のみんなに「選挙に行こう!」と呼びかけて不当逮捕・拘留されているKさんのことも抗議した「くっすんを何で逮捕したのか!日本は軍国主義か」そしてわが日本人民委員会伊関会長が腹の底からの怒りを込めて書いた抗議声明を、ポリ公の耳元で読んでやった

朝鮮のかっこいい青年人たちになめ憲ブログを紹介 
そんなことをやっているうちに集会は終わった。「朝鮮学校を守るぞ!」という鉢巻を巻いていた私に、朝鮮の若者が「ありがとうございます」と声をかけてきた。「がんばれ。そしてごめんな」と声をかけてこぶしを見せた。若くてかっこいいその青年は喜んでくれた。早速なめ憲ブログを紹介した。私が在特会人形を踏みつけたりけっている写真を見て喜んでくれた。朝鮮の人たちは本当は言いたいと思う。「おまえら日本人ががんばれよ。こんな排外主義者を横行させて日本は大丈夫か」でも言わない。辛抱している。蒔田さん!同志社松蔭寮どうし、同世代同士がんばろうね!! 
教育基本法改悪のタウンミーティングで京都市を訴えて勝った尊敬する蒔田寮母にも会った。蒔田さんは私の同志社時代から松蔭寮の闘う寮母だ。ずっとオモニハッキョで在日一世たちの識字教育を地道にやっている。お母さんといっしょだ。いつも彼女とは集会で会ってお互いにエールを交換するが一度ゆっくりいろんなことを話したい。親のことだんなのこと子供のこと。またいつか松蔭寮に行きますね。蒔田さんにもブログの紹介をした
集会は在特会に反対する人たちに朝鮮学校支援の輪を広げ、釜のちょっと右の住民票闘争原告を反朝鮮キャンペーンから救うきっかけを作った 
そして司会をやっていた佐藤大君に「朝鮮学校の校長先生に渡して」といってなめ憲ブログを印刷したものを渡し私の集会活動を終えた。
住民票闘争の原告の高来さんは、集会に参加して「弱いものいじめをしたらあかんわ。すぐ在特会を訴えなあかん」と言っていた。それだけをとってみても今回の集会はよかった。高来さんは心情的には民族派が好きだ。そして反朝鮮キャンペーンの中にいた。集会後も「朝鮮が攻めてきたら日本は負けるやろ」とか言っている。私は「朝鮮が攻めてくることはない。やくざでも自分達の組の若い衆を押さえつけるためによその組がすぐ攻めてくる様なことを言うやろ。あれと一緒や」といった。折にふれ朝鮮学校のことを知ってもらおうと思う。
 集会は600名を集めて大成功!!在特会のへなちょこ襲撃をはね返す!!特会はやっぱりへなちょこだった!出てこなかった。在特会への抗議のこの集会は、抗議に集まった人たちに日朝友好、朝鮮学校支援の輪を大いに広げた。お前らが朝鮮学校をいじめればいじめるほど日朝友好の輪、朝鮮学校支援の輪はひろがるのや。わかったか!!
在特会、そしてそれを後ろで金を出して操る日本の軍国主義の残りかすのくずどもざまあみろ!!
2,009年12月23日 日本人民委員会 南美穂子
>

[PR]
by nameken9 | 2009-12-23 06:55 | Comments(0)

釜ヶ崎労働者をなめるな!
住民票闘争は続く!!

起ち上がった原告達を励ます全国集会報告


a0114164_18513492.gif

抜け裁判長憲法判断から逃げる
 

 10月23日、釜ヶ崎住民票強制削除・選挙権剥奪裁判の本星といわれている「貧困ゆえに住民登録できず選挙権を奪われたことに対して国家賠償を求める裁判」の判決公判があった。
 この裁判の原告の一人Kさんは、8月30日の衆議院選挙投票日の前日、「住民票がなくてもここ何ヶ月か、釜ヶ崎に住んでいることを証明できれば、住民登録を回復して投票できる。住民票が回復できなければこの選挙は,20歳以上の日本人なら誰でも投票できるという憲法に違反するので抗議しよう!みんなで午後7時に集まって投票場に行こう!」と呼びかけていて大阪府警.西成署所に逮捕され、大阪拘置所が嫌がらせして判決公判に出ることができなかった。
 こんな異例な法廷で下された判決は、「貧困のため住民登録できないものを選挙させないことは、基本的人権の保障と普通選挙を明記した憲法に違反する」と釜ヶ崎労働者が真正面から裁判所に問うているのに、憲法判断を避け、住所がないなら自立支援センターへ入れ(全員は入れるのか、それも長期で!)生活保護をとれ(まだアルミカン集めや特掃で働き、お上の世話にならないで生きたいと思う人はどうするのか!)というものだった。
a0114164_20114268.gif
を愛する人たちを救った原告宮副さんの叫び 
 住民票裁判で本星といわれたこの裁判が負けた。この裁判を弁護しぬきで寝食を忘れ闘ってきたKさん・宮副さんはどうなるのか。支援者たちは本当に心配した。ところがその支援者たちを救ったのが、なんと原告宮副さんが反省会で裁判所に向かって叫んだ言葉だった。
「俺は、日本の大阪に住んでいる。外国に住んでいるんじゃない。なぜ選挙させないのか!」「俺が白手帳を作ろうと思って労働福祉センターに相談に行ったらいい方法があるといって解放会館を教えた。あそこはお役所じゃないのか!」「俺の住民票を勝手に消したのは、役所や。俺じゃない。その役所が選挙権まで取るのか」「俺は選挙は日本国民の権利でなく義務だと思っている。役所も『選挙に行こう!』と呼びかけとるやないか。」「俺は一生闘う。裁判であかんのやったら暴動や!」

 また2007年の住民票等のとき、労働者の先頭にたって、大阪市の前で野営闘争を闘った男の中の男仮枠大工の高来さんは、「ケンカと花火はでかいほうがいい」と宮副さん支持を表明した。高来さんも2007年住民票削除を「大阪市が長期に飯場に行っている労働者などに周知していない」と住民票削除を遅らせるために起した裁判の元原告だ。高来さんは、住民票闘争の疲れで、結核になり、結核病院から転院して西成りの病院にいたが,判決に駆けつけた.しかもパジャマで。この裁判所権威なんかへとも思わない釜ヶ崎労働者の強さは何だろう。たくましすぎるで。

a0114164_20144784.gif 
うだ!原告に励ましてもらおう!!
 これはこの原告達を主人公にした集会をし、釜ヶ崎労働者を侮辱し生きる権利、働く権利、選挙権を奪った大阪市・総務省に、また日本中の住民票闘争に連帯してくれた仲間に対し、「住民票闘争はまだまだこれからなんだ!」ということを、釜ヶ崎の地から宣言してやろう!というのが今回の集会を呼びかけた者たち(日本人民委員会・ふるさとの家・釜ヶ崎医療連絡会)の趣旨だ。

 

ヶ崎労働者の生活の本拠はセンターや! 釜ヶ崎詩人の原告橘さん

 考えてみれば釜ヶ崎にはまだ強力な原告と元原告がいた。最強の元原告は、我らがなめ憲の釜ヶ崎詩人橘さんだ。橘さんは2007年の住民票闘争のときは,市役所で吼えまくり,横断幕をつくり、そのときからひいていたリヤカーの街宣車と大阪市の大通りを無届デモしていた。a0114164_20373072.gifそして2007年、安倍政権が国民投票法を強行採決するにあたって私達が始めた「なめるな国民・守ろう憲法憲法を守る候補に勝手に連帯する会」に参加した。そして選挙後も「国民が憲法を大切に思っていることを意思表示し,改憲の動きを止めよう。」と私達に今のなめ憲を提起した。橘さんは「釜ヶ崎労働者が、寝たり、ご飯を食べたり、荷物を置いたり、シャワーを浴びたり、うんこやしっこをする、また郵便も受け取れる釜ヶ崎のセンター(行政だけが愛隣労働福祉センターとよんでいる)にこそ釜ヶ崎労働者の生活の本拠がある」と2007年に訴えた。
 この当時仮の義務付けという労災などの裁判で,裁判が長期化すれば原告に不利になる場合、原告救済のために裁判を短期に終わらせる制度が始まった。それを利用して提訴した。しかし裁判所は「労働福祉センターは、住民票をおける場所じゃない。橘さんは労働福祉センターの近くの花園北公園でテントを張って寝ている」という陳腐な理由で裁判所は橘さんの正当な訴えを棄却した。a0114164_20182166.gif

法全書片手に反権力の進軍ラッパを鳴らし続ける原告Kさん
 この二つの裁判を弁護士なしでやってきたのは、実質上仮枠大工のKさんだ。Kさんは、2007年当時、大阪市が3月2日に予定していた(7月の衆議院選挙で釜ヶ崎労働者の選挙権を剥奪するため)住民票強制削除を差し止め裁判に勝利し住民票削除を3月29日まで伸ばした弁護士より裁判が強い男だ。いまは大阪拘置所にいる。

票場での住民票・選挙権復活の路を開いた三角公園炊き出しの整理券を配り続けた原告高来さん
 そして今係争中の裁判をやっているTさんもいる。2007年Kさんの差し止め裁判勝利に運動側は、「差し止め裁判を連発しよう」とし大阪市は「これ以上裁判に負けて住民票削除が延ばされたらたまらない」と思っていた。そこに高来さんが「俺がやらなきゃ誰がやる」と差し止め裁判を起したので、大阪市は「4月8日の統一地方選挙の日、選挙人名簿に載る必要な期間釜ヶ崎にすんでいたことを証明できれば、投票場で住民票を復活し選挙をさせる」というウルトラCの約束を裁判所にした。ついでに「投票時間が過ぎて住民票復活が間に合わない場合は住民票を復活しないでも,先に投票させる」とまで約束した。このことは選挙の公平性に反するという理由で裁判所は認めていないが、大阪市は約束した以上やらなくてはいけないので、こっそりやろうとした。そうさせてたまるかと、Kさんと私達は、『今度の選挙で釜ヶ崎に一定の期間すんでいたことを証明できれば、住民票も復活できるし、選挙もできる。いっしょに選挙へ行こう!』とリヤカーの街宣車を引きながら選挙前の何日か釜ヶ崎中を宣伝しまくった。
a0114164_209387.gif
法97条の使者、命と市民権があれば何もいらない、とことん筋を通す原告Tさん
 そのビラを見て、ドヤの証明書を手に決意も固く投票場に来たのがTさんだ。Tさんは、大阪府警から投票所に出向していた梅田というポリ公や、私服警官の脅しに屈せず、「俺はずっと選挙に来ていた。なんで住民票が消されたといって選挙できないのか。住民票を消したことをあやまれ。先に投票させんか!」と大阪市の選挙管理委員会にたんかをきり、「俺は市民権と命があれば他は何もいらん!」と職権で奪った住民票を職権で与えようとする大阪市のくそ選挙管理委員会をはねつけ、「投票させろ」と闘いつづけた。
 横で見守っていた私がポリ公に「お前」呼ばわりされると「市民をお前と呼ぶあんたの名前は」とちゃんと聞く人だ。投票時間が過ぎて,投票場の中でTさんと私だけになり弾圧がひどくなると「パクルならぱくれ!俺もガードマンとしてやくざ相手に体を張ってきた人間や。」と超かっこよく闘った人だ。家庭の安定のために当時の大阪の関市長の奴隷になっている大阪市の職員と、「命と市民権さえあればいい」とする釜の労働者、天と地ほどの魂の差を私に教えてくれた人だ。a0114164_20455359.gif
 結局Tさんは2時間以上粘り続け「住民票がないので選挙させない」と投票場の責任者に一筆書かせ、大阪市の住民票削除・選挙権剥奪という釜の労働者を地獄に突き落とすような非道な行政のやり口の生き証人となった。その結果、大阪市全体の開票が2時間遅れた。そして提訴し、住民票削除を訴えた裁判では一審で負け控訴中で、選挙をさせなかった裁判では大阪市の嘘八百に一つ一つ反撃している。
 その嘘八百の第一番が「仮投票をさせようとした」というものだ。うそツケ。私が見ていた。しかも「仮投票させろ!」とTさんの横で怒鳴っていた。それを2時間以上も無視し、憲法の基本的人権の守り神のようなTさんの選挙権を奪ったのは、大阪市だ。ビデオも撮ってある。

からの試練として 釜ヶ崎労働者への差別と闘う決意のT・Kさん
 集会では定額給付金のことも報告した。住民票が消されて、目に見える形で、住民票を消された労働者が差別されたのが定額給付金だ。「住民票のないものにも定額給付金をよこせ!」と言う運動の中で、弁護士の人権救済をうったえたT・Kさんも「訴訟も辞さず」とアピールした。a0114164_13383238.gifT・Kさんは、仕事をやめざるを得なくなり、釜ヶ崎に来て炊き出しを通じてふるさとの家を知り神の導きとして、釜のみんなのために人権救済の当事者になり、定額給付金に絡めて訴訟も考えている人だ。

争を撮りまくる闘うドキュメンタリー作家川畑さん
 これら6人の超かっこいい原告と元原告、これから原告になるかもしれない人を紹介し釜ヶ崎みんなで励ますと称して励まされようというのが今回の集会の趣旨だった。また釜の労働者、仮枠大工の川畑さんが写した8月30日の投票場押しかけ行動を見てもらうことも大きな目的だった。

の原告日本全国の闘う人達を励ます 
 集会の細かい報告は後で出しますが、結果は言わずもがな、集会に参加したみんなが励まされました。連帯アピールをいただいた名古屋の笹島日雇労働組合の大西さんはa0114164_20483758.gif「いつも寝るときせきが止まらないが、昨晩は一つもせきが出なかった。原告に力をもらいました。礼を言っといてください」と私に言ってくれた。
 新宿のじれんのかたは、東京の野宿者にかけらている排除に対する闘争の中からかけつけてくれたが「もともと野宿者は江戸時代から無宿者として台帳に載っていなかった。今も一緒だ。住民票闘争は、釜ケ崎と東京の闘いを結ぶ重要な闘争だ」とアピールした。
 連帯労組関西生コン支部の日々雇用の組合の方は「うちの組合の集会もすばらしいが、今日の集会は元気であたたかい。日々雇用されるもの同志がんばりましょう」とアピールした。
 メッセージを寄せた笹沼静岡大学教授は『皆さんはの闘いは正当。憲法は勝つ』と憲法学者としての勇気をもらい、a0114164_2022268.gif扇町公園の野宿者の公園での住民登録を勝ち取った永嶋先生は『釜ヶ崎労働者の裁判闘争は、弁護士がいなくても裁判はできる。また裁判所に幻想を持つな。味方じゃないからと証明した』とうれしそうだ。永嶋先生弁護士がいらないなんていっていいんですか?
 った!釜ヶ崎の原告は、釜ヶ崎以外の仲間も励ました。

民票裁判の原告を支援する会始動
 最後に釜ヶ崎医療連絡会の大谷さんから住民票裁判の原告を支える会a0114164_20541584.gifを作ることが提起され決議された。
この集会をするにあたって宮副さんのおかあさんが急死し集会にこれなくなるなどのハプニングがあったが労働者による労働者のための労働者の集会大成功

 原告の橘さんは、得意の段ボールアートで集会名称やプログラムを作って会場作りの先頭に立った。高来さんは入院するまで13年間三角公園の炊き出しの整理券を配った経験を生かし、センターで整理券を配ると称して自分が釜ヶ崎カムバック
a0114164_20265647.jpg
したことを宣言し参加者の半分以上の労働者を動員した。逆に席がないため、支援者は本当に釜ヶ崎を愛している人たちだけに制限された。釜ヶ崎労働者による、釜ヶ崎労働者の、釜ヶ崎労働者のための集会は大成功だった。
 私はこの集会のためにがんばったせいで、電話は盗聴され、変なおっさんに堺で尾行されるなど、権力からの弾圧らしいものを受けている。しかしそんなへなちょこ弾圧には負けない。私には住民票闘争の原告達というすばらしい仲間達がいるから。

 民票闘争はこれからや!大阪市・総務省・そして大阪府警・西成署わかったか!そしてざまみろ!!                  


報告 日本人民委員会 なめ憲 「働き人のいいぶん」編集委員会  南 美穂子

PS原告たちのもっと詳しい紹介は、12月に発行した『働き人のいいぶん』合本に載せています。ほしい人は買ってください。連絡先は大阪市西成区天下茶屋東2-9-16 電話06-6653-8283 南まで夜にお願いします。働かなくては食べていけないので

[PR]
by nameken9 | 2009-12-19 07:08 | Comments(0)
 12月16日(水)午後6時半~
 ふるさとの家

住民票―選挙権を取りもどそう!!        

釜をなめるな!起ち上がった原告を励ます全国集会

2007年3月29日・・・おぼえてますか? 釜ヶ崎解放会館、NPO釜ヶ崎、ふるさとの家に置かれていた釜ヶ崎労働者の住民票が大阪市によって一斉削除された日。あれから2年半、月日がたつにつれ、住民票がないことはたいへんなことだとわかってきました。白手帳もつくれない、選挙に行っても投票を拒否される、定額給付金ももらえない、自分が自分であるという証明もできない・・・住民票を奪われた仲間たちが原告になって、住民票をとりもどそうといくつもの裁判が起こされています。
住居や住所があろうがなかろうが、すべての国民は平等に人として扱われなければならない(憲法14条)。住居や住所があろうがなかろうが今、ある状態で、すべての基本的人権の享有を妨げられてはならない(憲法11条)し、個人として尊重されなければならない(憲法13条)。参政権は基本的人権の重要な一部です。基本的人権は長い人間の歴史のなかで多くの血を流して勝ちとられてきたもの。闘いはいまも続いています。
いつかは必ずわれわれが勝つ! 憲法はわれわれの味方です!!
釜ヶ崎には、過去住民票裁判を起こして住民票闘争のなかで大きな役割を果たした労働者、今裁判中の労働者、これから訴訟を考えている労働者がいます。 それらのすばらしい原告たちを、みんなに紹介し、励まし、これからも釜ヶ崎みんなで支えていく決意を示す集会を行いたいと思います。釜ヶ崎労働者を侮辱し、生きる権利、働く権利、選挙権をうばった大阪市・総務省に対し、また日本中の住民票闘争に連帯してくれた仲間に対し「住民票闘争はまだまだこれからなんだ!」ということを、釜ヶ崎の地から宣言していきましょう。
span
【釜をなめるな!起ち上がった原告たちを励ます全国集会実行委員会に参加している団体・個人】 オステリア(世) 釜ヶ崎医療連絡会議 釜ヶ崎キリスト教協友会 釜ヶ崎地域合同労働組合 釜ヶ崎パトロールの会 釜ヶ崎日雇い労働組合 高齢者特別就労組合準備会 笹島日雇労働者組合 佐藤零郎(中崎町ドキュメンタリースペース) 澁谷野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合(のじれん) 人民新聞 全港湾建設支部西成分会 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部 なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会 長居公園仲間の会 西田郁夫(おはな在住) 西成公園よろず相談所 日本人民委員会  野宿者ネットワーク 『働き人のいいぶん』編集委員会 ふるさとの家 山田耕平(カメラマン) 
(あいうえお順)2009年12月11日(金)現在
連絡先;釜ヶ崎医療連絡会議 大阪市西成区太子2-1-2 06-6647-8278

[PR]
by nameken9 | 2009-12-16 08:14 | Comments(0)
a0114164_14115579.jpg

何で人をひき殺しても女の子を強姦しても米兵なら逮捕されないの?中学生達が米兵に怒りの鉄拳!
やっぱり在特会はヘナチョコだった。12月なめ憲報告
 12月13日今年最後のなめ憲をやった。2009年というアメリカの奴隷で憲法を変えようとした自公政権が日本国民に見捨てられた年にふさわしく、いろんなことが起きた。
アメリカなんかぶっ壊せ!!センター北側で叫ぶパキスタン人と連帯の握手
今日のなめ憲は、2つのことを柱にしていた。ひとつは普天間基地の県内移設反対!もう一つはへなちょこ在特会粉砕!である。私は12日の夜、人殺し米兵とへなちょこ在特会の人形を作った。天王寺でこの二体の人形をめちゃめちゃめちゃにやっつけて、日本人が本当に闘わなければいけない在日外国人の特権は、米軍に保障されている日米地位協定であり,それと闘わずに朝鮮学校の子供らをいじめた在特会は、強いものにはぺこペコし弱いものを押さえつける、学校でも職場でも地域でも一番嫌われるだろうヘナチョコ野郎だということをアピールするためだ。
釜ヶ崎センターを出て環状線沿いに、普天間基地の問題をうったえていると、大きな声がするので、そっちを見てみると、アラブ系の人がこぶしを振り上げて、連帯を求めている。近寄ると2人のパキスタン人だった。彼らは猛烈に話してきた。英語の聞き取りが悪い私でも彼らの言っていることは大体わかった。大阪弁に訳すと「日本はアメリカに原爆を落とされた。それなのになんでまだアメリカに基地を提供しているのか。日本の基地から出発した米軍が、今もアフガニスタンやイラクの人を殺している。あんたらもっとがんばらないといかん!」ということだった。あんまり英語が話せない私は「そうやヤンキーゴーホームや」というとパキスタンの人は「ウイ マストデストロイ アメリカ」と言った。私達は「米軍は日本から出て行け!」といっているが、パキスタン人は「アメリカなんかぶっつぶさなあかん」といっているのだ。負けた。アジアの人たちにはいつも教えられる。自分のぬるさに気付いた私や仲間は、闘志満々天王寺に向かった。

a0114164_8435856.jpg

頭に上る血をおさえて米軍基地撤去!へなちょこ在特会かかってこいとアピール
現場について普天間基地の県内移設反対の緊急署名活動をした。沖縄の人たちの必死のうったえで、天王寺公園前を通る人たちもよくこの問題を知っており、次々に署名してくれた。またこの問題をよく知らない若い人たちも、アピールしている場所の横にしばり首に吊り下げたひき逃げ人殺しの米兵人形に興味を持ち、私達が沖縄の読谷村で起きたひき逃げ事件のこと、またひき逃げした米兵が米軍基地に逃げ込めば起訴されるまで逮捕もできない日米地位協定のことを説明すると「なんでや」「おかしいやろ」と署名してくれた。

a0114164_8272517.jpg


在特会の朝鮮学校襲撃に関してもうったえた。私達は在特会なんかへなちょこのごろつきだと思っている。あいつらの狙いは、排外主義の事件を起し、ネットでそれを広めて、それを喜ぶ金ズルに報告し、金儲けをすることだ。だから私達はこんなやつらを相手にしない。
しかし朝鮮学校に手を出すことだけは許さない。私達は朝鮮学校の子供達を知っている。大阪では一人15000円もする授業料を負担するために、母親も父親も必死で働いて民族教育を受けさせている。また在日朝鮮人の子供達に民族教育を受けさせるため、朝鮮総連の人たちは、面識のない同胞の家にも訪ねていって、一軒一軒話をする。時には悲しい拒絶に会うこともあるだろうが決してくじけない。そんな中で朝鮮学校に通う子供達は、純粋で賢く、スポーツも強く、道であったら「おばちゃん。僕をおぼえてる?」といってくれる抱きしめたいくらいかわいい子らである。(通りすがりの日本人!ネットでだけ机上の空論をしたいならそんなサイトでやれ!私達は子供一般の話なんかしてない。朝鮮学校の子供たちの話をしている)だからへなちょこごろつきの在特会への闘争も朝鮮学校に関してだけに決めている。
在特会かかって来い!しかしへなちょこ在特会はかかってこない!ほんまのへなちょこや!
私達はなめ憲をやる時間も場所も公開している。そして「へなちょこ在特会かかってこい!」とブログで呼びかけた。私が在特会員なら、一応天王寺に来てなめ憲がどんな団体か見るだろう。それで私は胸に「へなちょこ在特会」というゼッケンをつけた人形を天王寺公園の多くの人が通る前で、けったり、背負い投げをしたり、踏みつけたりしながら「かかって来い!へなちょこ在特会!弱いものいじめしかできないのか!人間のくず!」といって、私達をネットで挑発しようとする在特会を逆に挑発してやった。大あばれする私に、天王寺の人たちやいっしょに行った釜の仲間は驚いたり大笑いしていた。しかし在特会は、これだけバカにされても出てこない。大暴れするうちに茶色いコートを着たやつと目が合った。私と目が合うとそいつは、早足で逃げていった。署名をしている仲間も、気付いたと言っていた。結局在特会はかかってこなかった。朝鮮学校の子供はいじめられても、口が達者なだけで50を過ぎたけっこう体にがたが来ているおばさんにさえかかって来れないのか!根性なし!!

a0114164_8331118.jpg


釜ヶ崎住民票削除・選挙権剥奪は憲法違反!
私が人殺し米兵人形やへなちょこ在特会人形への攻撃に夢中になっていると(結構ストレスがたまっていたので)日本人民委員会の伊関会長が、「住民票裁判の原告さんたちがせっかく来ているのだから、釜ヶ崎の住民票削除の話をせなあかんのとちゃうんですか」と言ってきた。そうや忘れていた。なめ憲発足の契機になった釜ヶ崎住民票削除,選挙権剥奪、定額給付金からの排除は明かに基本的人権侵害であり、普通選挙を保障した憲法に違反する大阪市と総務省の行為じゃないか。10月23日、このことを真正面から問うた釜ヶ崎労働者が起した裁判は、自己保身ばかり考えている腰抜け裁判官によって憲法判断もされずに負けている。しかしそんなことを「裁判があかんかったら暴動や!」「ケンカと花火はでかいほうがいい」と笑い飛ばす原告が一緒になめ憲に来ていたのだ。だいたいなめ憲の大黒柱の釜ヶ崎詩人の橘さんも「釜ヶ崎センターに生活の本拠がある。センターで住民登録させろ!」という訴訟を起した原告だったじゃないか。私は住民票闘争で純粋に何の対価も求めず、釜のためにと必死で闘ってきて、今も闘っている釜の労働者への熱い気持ちをこめて「日本に住み、大阪に住んでいるとわかっているのに、貧乏で住民票を設定できないといって選挙させない。刑務所の人でももらえる定額給付金を受給させない。あきらかな貧困による差別、人権侵害を許さない!」「ビルや道路橋を作り、日本を支えてきた労働者が何でこんなに貧乏なのか!そこが問題や!」「しかし釜の労働者は負ない。まけたら死ぬから。」「釜の労働者は闘って失うものは、自分達を縛っている鎖だけや。団結しよう」とアピールした。そうしたら天王寺公園前の人たちの多くが、その場に足を止めて聞いていた。そしてアピールしている側にぐぐっとよってくる感じだった。アピールを終えると釜の仲間だけではなく、自転車にアルミカンを積でいる人や、大阪市のばかたれ行政を嘆く人が、拍手してくれた。私に「ここに住んでるんです」と福祉アパートの場所を書いた紙を渡す人もいた。住民票闘争はまだまだ続くし、続けられると実感した。

a0114164_849587.jpg


中学生が人殺し米兵に怒る。おもちゃの芋虫やワニを人殺し米兵に投げつける。

釜ヶ崎詩人の橘さんがかっこいい「武器を捨てろ」という歌を歌っているのをバックに、私が,木に吊るされた米兵人形に色々攻撃していると、10人くらいの中学生が寄ってきた。読谷村のひき逃げ事件や、14年前の少女暴行事件の話をし、日米地位協定の話をすると、中学生達は怒り出した。「一緒に米兵をやっつける?」とおもちゃの芋虫やワニなど気持ち悪いものをわたすと、一人の子が米軍人形めがけて芋虫を投げた。みごと命中!そうしたら他の子もどんどん投げだした。めちゃ楽しそうに米軍と闘っている。(14年前少女暴行事件のときに息子や娘のいる子ども会でやきやき隊という米軍基地撤去を求める署名活動をする大阪で最強の子供集団を作った。これらの気持ち悪いおもちゃはやきやき隊が使っていたものだ。置いといてよかった。)中学生達は、私達の写しているビデオを見たいから、来月も来るといっていた。こんな子供達が日本の未来を背負って行くのだと思うと涙が出てきた。

a0114164_8541637.jpg

来年は国民投票法が施行される年、いっそうがんばろう!
なめ憲が終わり、反省会でもリヤカーをしまっている青空自治会でも「来年は憲法を変える手続法の国民投票法が施行される年。いっそうがんばろう。」という話になった。
あの政権を投げ出した日本軍国主義ののこりかす代表の安倍が強行採決した国民投票法。必ず撤廃させなければならない。私達は、大阪の釜ヶ崎を含む下町西成に住んでいる人間として、その立場から楽しく過激にそして粘り強く、平和憲法を守っていく。
2010年もなめ憲をブログと街頭でよろしくお願いします。       報告 南

[PR]
by nameken9 | 2009-12-14 05:54 | Comments(0)
日本の恥・へなちょこ「在特会」の弱いものイジメを腹の底からの怒りでもって糾弾する!
朝鮮学校の子供達に手を出す奴は我々日本人民委員会が許さない!!
 去る12月4日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)を名乗るごろつきどもが、京都、滋賀の朝鮮小学校の子供たちのつどいに押しかけ、ええ大人の男が子供相手に、マイクを引きちぎり、朝礼台やサッカーゴールを引き倒し、ののしりわめくの暴虐非道をはたらいた。低学年の子供たちは恐怖のあまり泣き出したという。こんな日本の恥の、弱いものイジメに対し腹の底からの怒りをもって断固糾弾する!!
 これが日本人のすることか!在日特権を許さないというなら、まず在日米軍の特権に立ち向かってっていくべし!先日も沖縄でひき逃げ死亡事件を起こした米兵犯人を、警察は起訴されるまで逮捕すらできない!ごろつき米兵を養うため、毎年6,000億円もの国民の血税をくれてやる!こんな巨悪の在日特権をなぜ糾弾しないのか!
14年前の米兵による小学生少女輪姦事件を忘れたか!我々日本人民委員会は14年前の少女暴行事件に際し、米軍普天間基地玄関前で、さらに10万人集会の舞台で星条旗を燃やし、日本人の米軍在日特権に対する満腔の怒りをたたきつけた。その様子は雑誌「TIME」の表紙となり前世界に配信された。日本国刑法99条「国旗恥辱罪」の訴追を覚悟の上の行為であった。すなわち、当時クリントン大統領が星条旗を燃やした罪でわれらを日本の裁判所に訴えたなら、われらは裁判を通じ在日米軍の在日特権をとことん糾弾する覚悟であったからだ。「アメリカ大統領との一騎打ち」、これぞ日本人民の本懐と根性を決めての行為であった。
 しかるに、「在特会」はかわいい小学生相手に、何を弱いものイジメしとるのか!!どうせどっかの腐った団体からの金目当ての犯行だろう。我々は、「在特会という名の金目当てのへなちょこごろつきの挑発に乗ってたまるか!」と今までシカトして黙っていた。しかし朝鮮学校に手を出すなら話は別である。
 我々は、朝鮮学校の子どもをいじめ、日本軍国主義時代に日本国民がだまされた一番後れた排外主義の考え方を、たまたまおぼえたネットでふりまき、金儲けをするような日本の恥さらしを野放しにはしない!へなちょこ在特会かかってこい!!本当に日本を愛している日本人民委員会が粉砕してやる!
日本人民委員会 伊関 要

朝鮮学校への攻撃を許さない12.22緊急集会
日時:12月22日(火) 19時~21時
場所:京都会館会議場
会費:無料
主催:朝鮮学校を支える会・京滋


朝鮮学校応援歌(六甲おろしの節で)
幾多の困難立ち向かい
民族教育守り抜く
オモニやアボジの誇り継ぎ
未来へ羽ばたけ朝鮮学校
オーオーオーオー
朝鮮学校!
フレフレフレフレ!!

[PR]
by nameken9 | 2009-12-12 15:26 | Comments(16)
a0114164_21313391.jpg


この写真に何か文字を入れますか?
[PR]
by nameken9 | 2009-12-10 21:33 | Comments(0)