次回8月27日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

パワー全開!東大阪朝鮮中級学校芸術発表会
 さる2/26(金)、東大阪朝鮮中級学校創立50周年記念芸術発表会を参観した。印象に残ったのは、「朝高無償化を求める署名活動」の様子を演じた寸劇だ。朝鮮中学の生徒らが、自ら実際に取り組んだ署名活動での実体験を演じた。
 手渡したビラを無情に投げ捨てられようともめげず、豹ガラの大阪のおばちゃんパワーもものともせず、こわおもてのあんちゃん連中にも負けず、多くの声援を支えに署名活動を貫徹する様子がおもしろおかしく演じられた。その姿からは、自らの学校を民族教育を守り抜こうとする固い意志が感じ取られ、感動的だった。
 フィナーレでは生徒らが涙を流しながら校歌を歌う姿に思わずもらい泣きをした。
 政府が朝鮮学校を差別しようと、橋下知事がいじめようとこの熱いパワーに満ちた学校を潰すことなど到底不可能だろう。むしろ、朝鮮学校を差別し潰そうとするものの方が逆に倒れる運命にあるのではないか。

1%の底力 伊関 要

[PR]
by nameken9 | 2011-02-28 14:20 | Comments(0)
橋下都構想を斬る!
3月3日(木)18:30より「大阪都構想」を問う集いを開催します。

 橋下大阪府知事は「ワン オオサカ」のワンフレーズで大阪市を解体し、大阪都構想で財源と権限を集中し、財界の望む大開発と投資に資金を投入しようとしています。「区の権限強化」の中身は「自己責任」で福祉行政サービスを区に押しつけ、府民の生活破壊をもたらすものです。維新の会は自治体の長をチッェツクする地方自治を否定し、自分の意にそう議会をつくる危険なものです。
 わたしたちは大阪府政の切捨てに苦しむ現場の声と市民の怒り集め、大阪都構想をはねかえす集いを開催します。特別報告をしてくださる二宮教授は、「30年近く福祉教育が切り捨てられ、府民が行政から追い出され,メディアが作り出す{テレビ写り}を判断材料にするしかない状況になっている。橋下知事の支持基
盤は強いものではない。」と指摘し「周りの人と対話し、文化の力で変えていこう」と訴えています。
 参加者が討議に参加し住民自治の主体になる集いにしていきたいと思います。ぜひご参加ください。
日時:3月3日(木)18時開場、18時半開始
場所:エルおおさか 大会議室
参加費:500円(資料代こみ)
*事前申し込みはいりません。どなたでも参加できます。
主催:大阪ワンディ実行委員会
共催:平和と民主主義めざす全国交歓会
連絡先:090-7112-7491富田まで

[PR]
by nameken9 | 2011-02-24 21:16 | Comments(0)
日朝市民連帯・大阪5周年のつどい報告
 去る2月21日、「日朝国交正常化の早期実現を求める市民連帯・大阪5周年のつどい」が120名の市民の参加の下、行われました。最初に日朝市民連帯の共同代表・有元さんから「日朝市民連帯・大阪は5周年を迎えましたが、日朝関係は、5年前より悪化しています。特に、2009年の『政権交代』によって、それまでの自公政権の対朝鮮政策から好転することが期待されましたが、結局民主党政権は期待に反して、朝鮮高校に対して高校授業料無償化から除外するなど、差別的な政策をとっています。私たちは、この集会を機に『対立から対話へ』、『対決から共存へ』の世論を作り、政府に猛省を迫る運動の出発点にしましょう。」というあいさつがありました。
a0114164_9333830.jpg

 そして今回、康宗憲(カンジョンホン)さんを講師に迎えて、「朝鮮半島情勢と日朝関係の展望について」という講演がありました。まず、昨年のヨンビョン島砲撃戦については、「その瞬間だけを見るのではなく、一連の流れとして見なければならない。」と語られました。日本の報道は北朝鮮の砲撃ばかりを映像として流しましたが、この海域が境界線の定まらない紛争海域であったこと、そして北朝鮮の砲撃の前に米韓軍事演習による執拗な挑発があったこと、北朝鮮がそういう砲撃に至った経緯を見なければならないということです。韓国軍の執拗な挑発に対して、北朝鮮は何度も「これ以上やれば応戦する。」と警告をしたし、韓国軍も北朝鮮の応戦を想定していたので、ある程度犠牲が出るもやむなしとして挑発行為を続けていました。北朝鮮が一方的に悪いのならば、韓国は国連の安全保障理事会に訴えればいい、何故そうしないのか?韓国に法的に勝ち目がないからなのです。境界線の定まらない紛争海域での軍事的挑発、それ自体違法だからです。
a0114164_934292.jpg

 また、康宗憲(カンジョンホン)さんは日朝関係についても語られました。鳩山政権は当初アメリカとの対等の関係、東アジア共同体、普天間基地は国外へなど様々な政策を掲げましたが、結局アメリカの脅しに屈して実現せずに終わりました。普天間基地に関しては、ありもしない北朝鮮の脅威にでっち上げることにより、結局同じ沖縄の辺野古に移転という最悪の結果になりました。康宗憲(カンジョンホン)さんは、はっきり日米安保条約が日本の平和憲法を損なっていると言いました。日米安保条約と日本国憲法、これほど矛盾したものはないと。日米安保条約そして日本国内の米軍基地の存在、これがあるからアメリカはイラクともアフガンとも戦争することができたのです。そして朝鮮に対しても。在日米軍がなければ、アメリカもイラクと戦争できなかったかもしれないと思った時、日本人として在日米軍の存在を許している責任を痛感しました。米軍基地撤去は、日本人だけの問題ではなくアメリカの起こす戦争を少しでも減らせる可能性があるのだと思いました。
a0114164_9351816.jpg

そして、康宗憲(カンジョンホン)さんは、北朝鮮の脅威が米軍基地の存在理由であるから、日朝国交正常化すれば北朝鮮の脅威もなくなり、米軍基地も必要なくなるとも言いました。私たちは、在日米軍基地撤去、日米安保破棄をますます声高に訴えていかなければならないと思いました。
a0114164_9354091.jpg

 そして、「城北ハッキョを支える会」の大村和子さんが集会アピールをよみ、参加者の拍手でアピール文の採択をしました。最後に同じく「城北ハッキョを支える会」の大村淳さんが「自分達の若いころは日米安保破棄は、当たり前のように言っていた。今では、全然言われなくなっている。報道に惑わされず、情勢を正確に把握し、平壌宣言を誠実に履行する政治家を選んでいかなければならない。」と締めくくりました。
a0114164_936548.jpg

a0114164_9373856.jpg
(報告 高橋)

[PR]
by nameken9 | 2011-02-23 09:38 | Comments(1)

服部衆議院議員の報告

服部衆議院議員の報告
 20日日曜日、扇町のPLP会館で、「イラク戦争検証とアフガンのいま」という集会があった。衆議院議員で社民党の服部良一さんが報告した。服部さんは釜ヶ崎にもなじみが深く、三角公園にも演説に来ています。アフガンの報告をする予定だった西谷文和さんは、連絡がとれなくなって、エジプトへ行ったらしいということで来ませんでした。

 「イラク戦争の検証」というのは、アメリカがイラクへ侵攻するとき、小泉政権はいち早く支持を表明し、自衛隊の派遣を表明した。アメリカはイラクへ侵攻する口実として「イラクは大量破壊兵器を持っている」「アルカイダと関係がある」とあおったが、結局アメリカはそれを証明することはできず、この口実が間違いだったことを認めざるをえなかった。このイラク戦争にかかわったアメリカやイギリス、オランダなどでは、このイラク戦争への参戦について独立の検証委員会を設置して「検証」が行われているが、日本ではこの「検証」が行われていない。
 国会では服部議員らが中心になって昨年末から「検証委員会」の設立を呼びかけています。


 沖縄の最近の様子としては、国が辺野古へ米軍基地を建設するための「環境現況調査」をさせてくれと名護市に申し入れたが、名護市は拒否。これに対して、総務省は「行政不服審査法」という法律を持ち出して名護市を訴えるということをやっている。「行政不服審査法」というのは、国民が行政に対して不服な場合を想定した法律であるにもかかわらず、この法律を使って政府が国民を縛るという本末転倒もはなはだしいことをやっている。
 また、高江ヘリパッド(ヘリコプターの着陸帯)の工事も強行している。これは沖縄本島の北部地域に、半径45メートルのヘリパッドを6箇所作ると言うもので、辺野古の新基地へ垂直離着陸機オスプレイを配備するのと連動した工事です。
 高江のある「やんばるの森」は、沖縄の人々の生活用水をまかなうための水源ダムが5箇所もある自然豊かなところで、ここで米軍が危険なオスプレイの離発着訓練を行うということは、沖縄の人々の生活を大きく脅かすものです。オスプレイは何回も事故を繰り返している欠陥機です。

 TPPの問題も、アメリカやオーストラリアとの関税を完全に撤廃すれば食糧自給率は今でさえ40%しかないのに、それが14%になると言われていますが、それだけではない、「残留農薬とか、遺伝子組み換え農産物に対する輸入規制を緩和しろ」というアメリカの要求まで呑まされるという問題もでてきて、「食の安全」も脅かされることになるということです。
 東京新聞は最近、菅政権は戦後最も親米の政権と評したそうです。
 アメリカは最近、軍事予算を大幅に削減すると言っており、グアムへの移転費用も70%削減した。一体、本当に沖縄の海兵隊をグアムへ移転する気があるのか、そのへんももう一度ただしていく必要がある、とのこと。


 その他、最近の国会情勢も話されましたが、予算関連法案が通らないとどういうことになるかと言うと、8月ごろまではなんとか行けても、それ以後がピンチで、公務員の給料も払えない事態になるということです。3月3日までに通らないと4月からの予算の執行ができないということで、まさに崖っぷちの菅民主党政権ということのようです。
 社民党としては、郵政民営化の見直し法案、労働者派遣法などをなんとか可決に持ち込みたいということでした。
  ロウドウシャHY

[PR]
by nameken9 | 2011-02-21 13:27 | Comments(0)
朝鮮の子供さん達の演技に感動!
 2月19日、南大阪朝鮮初級学校の生徒さん達の芸術発表会が堺市の「人権ふれあいセンター」で行われ見に行った。日本の小学校の学芸会にあたるもので初めて日本の学校以外の学芸会を見させてもらったのだが、その生徒さん達の一生懸命の演技の姿にものすごく感動させられた。
幼稚園児から小学6年までの子供達だが、見ていて笑いあり、少しハラハラあり、感嘆ありでとても楽しく鑑賞させてもらった。幼くても堂々としており、何よりもその一生懸命さに胸を打たれた。そしてこの日本の子供と何ら変わらない朝鮮の子供さん達がなぜ差別を受けなければならないのか、日本の社会の差別意識は本当に間違っていると非常に痛感させられた。
百聞は一見に如かずで、この朝鮮学校の生徒さん達の芸術発表会を見れば、だれでも差別はあかんと気が付く。私は日本人として在日朝鮮人への差別を許さず闘っていきたいと思う。日本政府の菅直人首相、大阪の橋下知事は恥を知り、在日朝鮮人への差別政策をやめ、朝鮮高校の授業料を無償化し、今まで通り府の朝鮮学校への補助金も出し、日朝両国人民の友好交流がもっと活発になるようにしろ! 
                                (報告 田村)

[PR]
by nameken9 | 2011-02-21 13:17 | Comments(0)
<2月なめ憲報告>
あいば野日米合同軍事演習反対!!
橋下知事は、朝鮮学校への補助金を即時支給せよ!!

 2月13日のなめ憲は、今月中旬から滋賀県あいば野で行われる自衛隊と米軍の合同軍事演習反対を大阪から訴えました。これは、米軍の再編にともない、少ない兵力で世界を支配するため、自衛隊を活用しようというもので、今回の演習では対ゲリラ訓練のために建設された都市型訓練施設での本格的な人殺し訓練が行われようとしています。つまり、アメリカが行う侵略戦争の最前線に自衛隊を立たせ、ゲリラと対峙させるための準備の演習です。
a0114164_20391952.jpg

 私たちは、中国・朝鮮を初めとするアジアに対する過去の侵略戦争の痛切な反省から戦争放棄を謳う憲法9条を護ってきました。この平和憲法を踏みにじる「あいば野日米合同軍事演習」は、絶対に許すことはできません。
a0114164_20541818.jpg

 そもそも、民主党政権ができた当初、当時の鳩山首相は普天間基地の撤去を公約としていました。しかし、普天間基地は二転三転した結果、沖縄に残ったままでその移設先も結局同じ沖縄名護市の辺野古となってしまいました。アメリカの脅しに屈した民主党政権は、アメリカのいいなりです。
a0114164_20441286.jpg

 しかし、アメリカのいいなりになって、どんな日本の未来があるというのでしょうか?ただでさえ、リーマンショック・サブプライムローン問題で日本の金がアメリカのために使われているのです。また日本政府は財政難の中、思いやり予算1881億円を5年間据え置きました。これだけのお金があれば、どれだけ国内の雇用の為に回せるか。つまり、落ち目のアメリカについていては、日本も道連れにされるということです。
a0114164_20463590.jpg

 そして、日本の未来はアジアと共にあるのです。今、アジアの国々は発展しています。今の日本は、アジアの国々との関係を抜きにして語れません。実際のところ、中国の経済成長に助けられていると言っても過言ではありません。日本は、アジアと共に歩むべきであることを訴えました。
a0114164_20493310.jpg

 また、この大阪では未だに朝鮮学校に補助金が支給されていません。そもそもこの問題は、昨年民主党政権が打ち出した高校の授業料無償化に端を発しています。しかし、他の外国人学校インターナショナルスクール・中華学校・韓国系の学校の授業料が無償化になる中、朝鮮高校だけが無償化の対象から除外されました。文部科学省は、教育問題は政治問題とは別としながらも、最終的にヨンビョン島の砲撃事件が起こるやこの朝鮮高校授業料無償化の作業をストップしていましました。イラク、アフガンで米軍の攻撃で市民・子供が犠牲となる中、インターナショナルスクールのアメリカンスクールは無償化となるのは何故か。釈然としない思いです。そして、在日朝鮮人が多く住むここ大阪では、これまでわずかながらも朝鮮学校に対する補助金が出ていました。しかし、大阪橋下府知事はこの補助金すら凍結してしまいました。補助金が出ないと、朝鮮学校の先生の給料も出ず、朝鮮学校に子供を通わす保護者のみなさんは、パートのかけもちなどして大変苦労されています。
a0114164_14522942.jpg

a0114164_20504917.jpg

 大阪が経済的に地盤沈下したのはなぜか?一つに本社機能が東京に移っていったことがあります。しかし、アジアとの関係をもっと大切にすると、大阪の経済も上昇するのではないでしょうか?経済的にもっとアジアとの交流が深まれば、大阪の経済もあがるのではないでしょうか?そうした道を阻むのが橋本知事の朝鮮人への差別的な政策です。こんな差別をしていて、日本がアジアの人々から信頼を勝ち得ることができるでしょうか?答えは否です。こうした差別を一掃しなければ、日本はまともにアジアの国々と付き合えないでしょう。まずは、日本国内の朝鮮人への差別をなくすこと、朝鮮学校への補助金を即時支給するよう橋下大阪府知事に訴える署名をとりました。1時間半という短い時間で、雪の舞う寒い中、3名の署名要員で29筆の署名が集まりました。また、署名活動をする中、たくさんの方々に「頑張って。」という熱い声援をいただきました。本当にありがとうございました。
a0114164_2051236.jpg

a0114164_2052143.jpg

a0114164_20523026.jpg

 また、今後の集会をアピールしました。2月21日には、「日朝市民連帯5周年記念集会」、3月3日、「橋下都構想・橋下維新を斬る」集会、4月17日には、「日中友好のつどい」で中国映画を観て、感想を言ったりして交流を深めようという集会をアピールしました。雪がちらつく寒さでしたが、最後までアピールを続け貫徹しました。
a0114164_20533558.jpg

a0114164_20534897.jpg


                  (報告 高橋)



[PR]
by nameken9 | 2011-02-14 21:01 | Comments(0)

なめ憲に参加し滋賀県あいばの日米合同軍事演習に大阪からも反対の声を上げよう!



2月なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会


 この2月の中旬から、滋賀県のあいば野で自衛隊と米軍の合同演習が、行なわれる。この軍事演習は、米軍の再編にともなって米軍が少ない兵力で、戦争するために自衛隊を活用し一体化しようというためのものだ。自衛隊をアメリカが行なう侵略戦争の最前線に立たせるための準備の演習だ。対ゲリラ 訓練のために建設された都市型訓練施設での本格的な人殺し訓練もおこなわれようとしている。

 こんな訓練には絶対に反対していかなければならない。私達は、今回のなめ憲で同じ近畿でこんな軍事演習があることを皆に伝えていきたいとおもいます。

 日本政府は、米軍への思いやり予算1881億円を5年間すえおいたり、「新防衛大綱」ではアジアの中で、中国や朝鮮民主主義人民共和国の脅威を作り上げ、米軍基地神奈川・岩国・沖縄の基地を強化するなど、米軍の再編に奴隷のようについていっている。そしてまたぞろ憲法を変えて日本を戦争のできる国にしようという動きも出てきている。

 しかし経済的にも立ち直れず、アフガニスタンでも泥沼となっているアメリカについていって何のいいことがあるのか。日本は、平和憲法を守って、今伸びて行っている中国を初めとする東アジアの国々と仲良くしていってこそ未来がある。日米合同軍事演習反対!自衛隊と米軍の一体化反対!の声を上げていきましょう!

●2月なめ憲 

2月13日(日)午後2時から

天王寺公園東口

*センターから行く人は1時30分集合

[PR]
by nameken9 | 2011-02-08 18:28 | Comments(0)

橋下大阪府知事に対して、朝鮮学校への補助金支給を求める署名協力のお願い


 橋下大阪府知事は昨年、これまで大阪府が府内の朝鮮学校や保護者に対して支給していた補助金をストップしました。年度末が近付いているにもかかわらず、大阪府の外国人学校振興補助金(小・中・高校生一人当たり年間6万9300円、学校に支給)が依然として執行されていません。また、今まで大阪府独自に行ってきた「私立高校等授業料軽減補助金(各家庭に支給)の適用も留保しています。そのため、朝鮮学校では教員の給料が払えないなど極めて厳しい財政難に陥り、朝鮮学校に子供を通わせている保護者達はいくつものパートをかけもちするなど大変苦労されています。

 朝鮮学校は法律上「各種学校」という不当な位置に置かれていて、日本人と同じように税金を納めているにもかかわらず、子供の教育に関しては国から全く助成金が出ていません。これは、民族教育を受ける権利の保障をうたっている「国際人権規約」や「子どもの権利条約」に違反し、日本政府はその朝鮮学校に対する差別的扱いを改善するよう再三再四国連勧告を受けています。こうした差別を少しでも改善しようと良識ある自治体は独自に補助金を朝鮮学校に出してきました。その額は、公立はもちろん、私立の学校と比べても大変少額ですが、その雀の涙ほどの補助金すら橋下大阪府知事は勝手な理屈をつけてストップしてしまいました。朝鮮学校の主体性を認めず、教育内容に立ち入ってくる橋下大阪府知事のやり方は、権力を使った民族教育潰しです。

 元来、朝鮮学校への自治体からの補助金は、子供達が朝鮮人としての教育を受ける権利を守ろうとの良識が、地方自治体の議会を動かしたのであり、朝鮮民族への差別を克服して日朝友好を築いていこうという市民の良心のあらわれです。私たちは大阪府民として、橋下知事の朝鮮学校への差別的なやり方に断固として抗議し、速やかに朝鮮学校への補助金が支給されるように署名活動を行います。橋下大阪府知事に対して、朝鮮学校への補助金支給を求める署名にぜひご協力の程お願い申し上げます。

[PR]
by nameken9 | 2011-02-08 18:20 | Comments(0)