次回11月12日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

橋下が大阪市長になったら
釜ヶ崎の医療センターは廃止か?


 大阪府の橋下知事が代表をつとめる大阪維新の会が、大阪市長選のマニュフエストで「大阪市の外郭団体(がいかくだんたい)を原則廃止する」ということを言い出した。

 理由は外郭団体同士の業務に重複が目立つことや市職員の天下りの温床となっていることを問題視したという。維新の会によると、団体の廃止は、大阪都構想の進展が前提で、市の外郭団体のうち、アジア太平洋トレードセンター(ATC)、クリスタ長堀、湊町開発センターの3団体を除き、原則廃止とする方向で、民営化や解散などのほか、府などの外郭団体との統合を検討しているという。大阪市によると、市の外郭団体は計118団体。市は、平成27年度までに3分の1以下にする計画で整理統合するほか、今年3月時点で315人いた市からの派遣職員を半減する方針を打ち出していた。

 さて、維新の会が残すとした、ATC,クリスタ長堀、湊町開発センターの3団体というのは、株主として大阪市以外に、JR西日本や関電、伊藤忠商事、近鉄などの大企業が名前を連ねる外郭団体である。それ以外は全部切り捨てるということだ。   

 理由に「市職員の天下りの温床」ということを言っているが、「市民生活にとって必要なのか必要でないのか」ということは、まったく関係ないらしい。

 わしら釜ヶ崎にとって外郭団体全廃ということになれば、一番影響が大きいのは大阪市外郭団体の一つである「大阪医療センター」だろう。健康保険証がなくても、お金がなくても、とにかく病気の治療が先という考え方でやってくれているし、それでどれだけの釜の仲間が救われてきたかしれない。初代病院長の本田良寛さんは、「釜ヶ崎の良寛さん」として釜の仲間に尊敬され慕われてきた、歴史に残る方だ。この医療センターを廃止するということは、「釜ヶ崎の労働者は死ね」と言っているのと同じである。

 ほかにも、「こんな団体を廃止していいのか?」という団体はたくさんある。ちょっと気がついただけでも「大阪市学校給食協会」。この団体は大阪市立小学校297校を含む310校に学校給食を配給する仕事をしている団体である。橋下は、大阪府下のすべての学校に学校給食を配給すると言っていたが、一体、学校給食をやるのかやらないのか、どっちがウソでどっちがホントなのか、はっきりさせなければならない。

 大阪城公園にある「ピース大阪」も大阪市外郭団体なので廃止ということにしたいようだ。これは橋下のようなファシストにしてみれば本心だろう。あそこには、かつての日本軍国主義が、いかに日本とアジアの人々を苦しめたのか、その歴史的事実が展示されている。大阪大空襲など戦禍に苦しめられ亡くなった人々の魂の叫びが展示されている。これをゴミ箱にすてるのだという!「ピース大阪」は日本とアジアと世界の平和のために、非常に貴重な教育的財産だ。これを廃止するというのは、これからの日本を戦争にかりたて、財界がもうけることしか考えていない証拠である。

 橋下知事は、大阪市や大阪府の職員を敵に仕立て上げて人気取りをねらっているが、これはとんでもない間違いである。公務員の不正は監視しなければならないが、住民へのサービスが低下する公務員削減は、住民の権利を切り捨てるということにほかならない。大阪市の外郭団体廃止というのは、そもそも橋下の政治的パフォーマンスかもしれないが、それならなおのこと「大阪市民を馬鹿にするな!」ということだ。
   YH

[PR]
by nameken9 | 2011-09-29 23:12 | Comments(0)
釜の住民票闘争は続く!
選挙無効裁判の応援傍聴にご結集を!

 西成在住者による、今年4/10の大阪市議会議員西成選挙区の選挙無効裁判が行われる。4/10の選挙と言えば直前の4/5に7名が不当逮捕され10数か所が家宅捜査される釜ヶ崎大弾圧が引き起こされている。
 2007年、2088名の釜ヶ崎労働者の住民票が強制削除され、住民票を奪われた釜ヶ崎労働者は選挙権までも奪われるという人権侵害の犯罪行政が大阪市によって行われた。これは憲法に違反するばかりか国際人権諸条約にも反する。そこで、「選挙に行こう」「選挙に行って、住民票と選挙権を取り戻そう」という投票呼び掛け行動が行われた。これが「威力業務妨害罪」にあたるとして<4・5釜ヶ崎大弾圧>が引き起こされたのだ。
 <4・5釜ヶ崎大弾圧>を引き起こしてまで行われた4/10市会議員選挙の結果はどうだったのか。最下位当選者と次点落選者の投票はわずか200票差。大阪市による2088名もの住民票と投票権を奪うという暴挙とその後恒常化された住民票の職権消除がなければこの票差は逆転した可能性も否定できない。これで公正な選挙と言えるだろうか。
この選挙の不公正と無効を訴える裁判の応援傍聴にご結集ください。

4・5釜ヶ崎大弾圧救援会 伊関 要

選挙無効裁判 10月4日(火)午後2時 
大阪高裁81号法廷

[PR]
by nameken9 | 2011-09-29 23:05 | Comments(0)
秋空の下、日朝友好稲刈り

 台風の影響が心配された今回の稲刈りでしたが、何とか収穫の時を迎えることができました。秋空の下、日本人も朝鮮人も子供も大人も一緒になって稲を刈りました。早稲に切り替えて初めての稲刈りで、刈ってすぐ機械で脱穀という作業だったのでこれまでより早く終わりました。
a0114164_22452568.jpg

a0114164_22454039.jpg

a0114164_2246180.jpg

a0114164_22462635.jpg

a0114164_2246455.jpg

a0114164_2247643.jpg

a0114164_22472569.jpg

a0114164_22474116.jpg

a0114164_22475933.jpg

 稲刈りの後は、焼き肉やおでんを食べながら交流会。いろんな話がでましたが、女性同盟の尹さんの話はとても切実でした。尹さんの仕事は大阪市や大阪府に補助金申請の書類を作る仕事で、朝鮮高校への授業料無償化が未だになってないことや大阪府からの補助金が降りなかったことに加え、前年度降りた初級中級学校に対しても、維新の会の議員が嫌がらせしてくるそうです。尹さんは腹立たしさや悔しさをにじませて話していました。日本人として橋下のような差別主義者、排外主義者を知事にしていること自体、恥ずかしく情けない思いです。このことは、朝鮮の人達の問題ではなく日本人の問題で、日本がファシズムを食い止めることができるかどうかの瀬戸際にきていると思います。できる限りの知恵をしぼって橋下の暴挙を阻止しましょう。
a0114164_22482460.jpg

a0114164_22483950.jpg

a0114164_22485321.jpg

a0114164_22491860.jpg

a0114164_22493180.jpg

a0114164_22494671.jpg

a0114164_2250148.jpg

a0114164_22501776.jpg

a0114164_22503046.jpg

a0114164_22504873.jpg

a0114164_2251212.jpg

 食事の後、朝鮮学校の子供たちは運動会をしました。みんな本当に一生懸命にいろんな競技を楽しんでいました。子供たちの笑顔は、本当に素直でかわいいです。この子達の笑顔を決してくもらすことのないよう、日本人としての責任は重いと思いました。
a0114164_22513258.jpg

a0114164_22515021.jpg
 
a0114164_22521089.jpg

a0114164_22522545.jpg

a0114164_22523821.jpg

a0114164_22525475.jpg

a0114164_22534998.jpg

a0114164_2254841.jpg

a0114164_22543658.jpg

a0114164_22544978.jpg

a0114164_2255757.jpg

a0114164_2255326.jpg

a0114164_22555315.jpg
a0114164_22561217.jpg

a0114164_22562930.jpg

a0114164_22564612.jpg

a0114164_2257476.jpg

a0114164_22572091.jpg

a0114164_22573811.jpg

a0114164_225756100.jpg

a0114164_22581558.jpg

a0114164_2258333.jpg

a0114164_22585298.jpg

a0114164_22591644.jpg

a0114164_22593580.jpg

a0114164_22595070.jpg

a0114164_230663.jpg


(報告 平和の糧 高橋)

[PR]
by nameken9 | 2011-09-29 23:01 | Comments(0)
9月なめ憲報告 
橋下知事に大阪は任せられるのか?

 9月11日のなめ憲ではまず、文科省は再開した朝鮮高校授業料無償化の手続きを継続しろ!ということを訴えました。菅前総理は辞める直前に、昨年朝鮮の韓国砲撃事件で中断されていた朝鮮高校授業料無償化の手続き再開を高木文部科学大臣に指示しました。これに対し、自民党や産経新聞をはじめとする排外主義のメディアはいっせいに菅前総理を攻撃して朝鮮高校授業料無償化反対のキャンペーンをしています。かつての侵略戦争でアジアの人々を差別し、日本の矛盾を隠し、日本の道を誤らせたのは排外主義者です。日本の危機にある今こそ、アジアの人々と手をとりあっていかなければなりません。そんな中、朝鮮高校だけが無償化の対象から外され差別されました。それがようやく手続きが再開されたのです。子供たちには誰でも差別なく教育を受ける権利があります。私たちは、文科省が排外主義の大合唱に負けず、朝鮮高校授業料無償化の手続きを中断することないよう注視していこうと訴えました。
a0114164_1558843.jpg

a0114164_15581913.jpg

a0114164_15582645.jpg

a0114164_15583840.jpg

a0114164_15584846.jpg


 次に、今秋の大阪市長選挙では、橋下知事も立候補するかもしれないと言っていますが、本当に橋下知事に大阪を任せることができるのでしょうか?最近の報道では、大阪府の赤字は橋下知事就任前より、3%増えて6兆1474億円となりはじめて6兆円を突破しました。また、知事が大阪府庁をWTCに移転しようとして、85億円で大阪市から買い、改修費用に33億円かかり、すでに府職員の40%を引越しさせているのでその引越しの費用、今後の維持費(今年度は7億円)と膨大なお金を使ってしまっています。しかし、今回の東日本大震災でちょっと揺れただけなのに、エレベーターは止まってしまいました。震災の専門家との会議で「このビルは倒壊の恐れがある。」と言われ、移転の全面撤回をほのめかし、自分の失態を隠すため「地震に関係のない部署のみ移転する。」などと言っています。結局、知事の思いつきで膨大な税金が無駄に使われたのです。思いつきといえば、最初「道州制」ということを言っていて周辺の府県から反発されると、「大阪都構想」などということを言い出しました。これもまた、大阪府だけで決定できることではなく、全く実現不可能な問題です。また、橋下知事は教育に関しても、進学校のみを優遇し予算を増やし、それ以外の高校の予算を削っています。できない子をできるようにするのが教育ではないか?教育における差別ではないかと訴えていました。こうしたことを訴えていると、たくさんの高校生が「橋下はきらいや。」と言って通りすぎていきました。また、若い人が「頑張ってください。」と声をかけてくれたりしました。なめ憲では、引き続き橋下知事に大阪は任せられないということを訴えていきたいと思います。
a0114164_15591394.jpg

a0114164_15592982.jpg

a0114164_15594683.jpg

a0114164_160069.jpg

a0114164_1601473.jpg


[PR]
by nameken9 | 2011-09-19 16:02 | Comments(0)
初公判における南美穂子の意見陳述 

 まず最初に、日本の憲法に保障された選挙権、基本的人権を守るために行動した私達を逮捕した公安警察、罪名を変えてまで起訴した検察、公安や警察のいいなりとなって私達の拘留を許している裁判所に断固抗議します。

 2010年7月11日参議院選挙の日、私達は集団で西成区の萩之茶屋投票場に行きました。しかし、検察官が言っているように投票場の秩序や静ひつを乱すことを目的に行ったのではありません。私達は、住民票を大阪市に強制削除されても、投票の可能性があるので「選挙権をあきらめるな!」「いっしょに投票に行こう」と投票を呼びかけることを主な目的に行ったのです。

 2007年、大阪市は釜ヶ崎労働者が、支援団体に置いていた2088人の住民票を強制削除し、同時に選挙権を奪いました。その際の反対運動の中で釜ヶ崎労働者の何人かが住民票削除の差止め裁判を起こしました。大阪市は、その裁判の中で裁判所に「住民票を消された日から投票日までの居所を示し、投票日の4ヶ月前から選挙区に居たことを証明できれば住民票を復活して投票させる」と約束しました。このことは大阪地裁判決に明記されています。

 そしてこのことは、その人が選挙人名簿に登録されていなくても、2010年7月の参議院選挙でも有効でした。又、簡易宿泊所に住民登録していて4ヶ月以内に住民票を消された人も選挙人名簿に登録されており、投票することができました。

 こういった事実は、本来なら大阪市の選挙管理委員会が周知すべきことです。住民票大量削除のいきさつを考えるなら、せめて削除から5年はこの周知活動をするべきでした。しかし、大阪市の選管は2007年以来一度もまともにこのことを周知したことはありません。大阪市の怠慢によって、本来投票できる人の何人が選挙権をあきらめてしまったかわからないのです。

 私達は、市民の側から憲法を守り、貧困であるが故に住所を持たない人を選挙から排除してはいけないという趣旨で、この事実を周知し、投票を呼びかけたのです。

 何故、笛を鳴らしたり、大きな声で叫ぶのか?投票の可能性のあるできるだけ多くの人に選挙人であることを知らせるためです。自分が投票できるかもしれないと思っている人が、勇気を持って投票場に向うことができるようにするためです。

 私達が投票場に着くと、西成区役所の役人20名くらいが、萩之茶屋投票場の門の所で幾重にも並んで、門をふさいでいました。そして「選挙人以外は入らないで下さい」という札を掲げていました。その横には西成署や公安の警察官が並んで勝手にカメラで市民を写したり、怒鳴ったりし、門の所をチェックしていました。又、萩之茶屋投票所の西側には、機動隊の車が何台も止まっていました。およそ民主主義を標榜する国のどこでこんな前近代的な投票所があるのでしょうか?私達は投票所の外で「住民票がなくても投票できる可能性があります。中に入ってチャレンジしてみましょう!」と声の限りに投票を呼びかけました。

 しかし、こんな状況の中で投票の可能性がある人が投票所に入っていくことは、たいへんな勇気がいり、苦痛を伴うことでした。

 住民票の大量削除がなされ、選挙人かどうかを詳しく調べなければならない人が大勢いるこの投票所の門の前で「選挙人以外は入らないで下さい」と札を掲げて大阪市の職員が門を塞ぎ、威力で入場を制限することは、公務員の選挙人選別にあたり、明らかに違法、違憲です。

 この行動に参加した人々は、口々に大阪市の職員に抗議しました。釜の労働者は特にそうでした。それは釜ヶ崎労働者が申し入れのために大阪市役所や西成区役所に行ってもゴロツキ扱いし、市の職員がスクラムを組んで入り口をふさぎ中に入れない。それと同じ光景だったからです。

 又、職員の横に20名以上も並んでいた警察に対しても、国民主権の一番大切な場所である投票所の門前でなぜ公安警察が出入りをチェックするのかと、大きな抗議の声があがりました。

 その声が投票所の秩序を乱す静ひつを破ると言うなら、公務員が目の前で権力を笠に着て、違法行為をしていても、貧乏人は黙っておれと言うことですか?又、投票所の門前で公安警察がカメラを持って出入りをチェックするような暴挙が行われても、釜ヶ崎労働者に対してはかまわないというのでしょうか?

 私は、大阪市の職員が「選挙人以外は入らないで下さい」という札を掲げているのを見て、大阪市が住民票復活選挙権復活の作業をやめてしまったのかと思い、投票所の門の中に入り、投票所である体育館のガラスごしに大阪市がその作業の場を作っているのか。又、その作業をしているのかを確かめようとしました。

 しかし、門の所で並んでいた職員が押してきて入れませんでした。私が中に入ろうとしてとった行動を体当たりとか何とかと言い、選管職員を威嚇したと言われていますが、横に多くの公安警官をはべらせ後ろに何十人もの機動隊に守られ、自分達も20何人もでスクラムを組んでいる市の職員に対して50過ぎのオバハン一人が体当たりしたところで何の威嚇になるというのでしょう。

 今回どうしても4人を罪に陥れたい検察は、私達が投票管理者の業務を妨害したと言っています。しかし、投票管理者の第一の仕事が憲法に保障された国民の投票権を守ることであるなら、私達の行動はその助けにはなっても妨害になっていないのは明らかです。

 むしろ無駄な税金を使い、ガードマンを雇ってまで大勢を頼み、投票所の門を塞ぎ、釜ヶ崎労働者の正当な選挙権の行使を妨害していたのは大阪市です。

 そして、投票所の門の横で入ろうとする人達に怒号を浴びせながらビデオチェックしていた公安警察ではないでしょうか?

 私達は投票所の門の外で、投票を呼びかけ、違憲違法な公務員に抗議していただけです。それがなぜ投票管理者の業務の妨害になるというのでしょう。

 今回私達の逮捕は、行政と公安が結託し、大阪市がやった住民票大量削除、選挙権剥奪という前代未聞の人権侵害行為にもうこれ以上抗議の声を上げさせないための制裁であり、口塞ぎです。

 私はこの大法廷で、書記官にちゃんと記録してもらう形で住民票闘争がどんな人によってどのように闘われてきたのかを語ることによってこの口塞ぎに対抗していきたいと思います。願わくば、裁判長には、釜ヶ崎労働者への偏見を棄てて聞いていただきたいと思います。

 釜ヶ崎の労働者は、ビルを建てて道路を敷き、橋をかけ、山奥に鉄塔をたてダムを作り、トンネルを掘ってきた日本の戦後の成長になくてはならない人達でした。金がなくても、一定の住居にすんでいなくても一人一人が幸福を追求する権利、労働者の権利、自分の考えを持って行動する権利、即ち憲法に保障されている基本的人権を持っている人達なのです。

 2007年の住民票大量強制削除は、その釜ヶ崎労働者の住民票を奪い、本人確認の手段を奪いました。釜ヶ崎労働者が釜ヶ崎に生活の本拠を置き、生きて、働く手段、行政サービスを受ける手段、選挙に行く権利を奪ったのです。

 「お前たちは、もう社会に必要ない。人間扱いしなくていい」と大阪市に言われたも同じでした。自分達の人権を一方的に切り棄てられて尊厳をふみにじられた労働者が「釜ヶ崎の労働者をなめるな!」「俺達の生きる権利、働く権利、選挙権を奪うな!」と立ち上がったのが住民票闘争です。

 2007年の住民票削除の際には、釜ヶ崎センターでビラをまいていた私に解放会館の住所の健康保険証を見せ、「これだけが俺が俺であるという証明なんだ」という野宿の労働者が訴えてきました。3月2日に予定されていた住民票削除の直前には、寒中約1ヶ月の間、市役所の前で野宿して大阪市への抗議活動が行われました。その闘争の中では、「解放会館の住所は俺の生きる支えやねん」と私服警官に囲まれながら市長室の前に座り込んで関市長との話し合いを求めた労働者がいました。市役所のガードマンの制止をふりきり市役所中を走り回って抗議した労働者もいました。

 「犬畜生に扱われてたまるか!俺がやらなきゃ誰がやる」と差止め裁判の原告になった労働者は、釜ヶ崎の三角公園で炊き出しをしながらこの野営闘争を闘った結果、結核になりました。すべての弁護士が「無理」と取り組まなかった差止め裁判を本人訴訟でやりきり住民票削除を先延ばしにした労働者は、「憲法97条に書かれているように、基本的人権を勝ち取るため、多年の間、多くの人が傷ついたり逮捕されながら闘ってきた。僕もその一員でありたい」と語っていました。

 2007年3月29日、大阪市はこれらの労働者の反対にもかかわらず一方的に住民票を削除しましたが、釜ヶ崎の労働者は諦めませんでした。削除直後の4月8日の統一地方選挙では、大阪市が裁判所に約束した選挙権復活の周知をしない中、私達が今回のように「皆で選挙に行こう!」と呼びかけ9名の人が投票し、住民票を復活することができました。その際、住民票を消されたが3ヶ月以上簡易宿泊所に居たことを明らかにしたのに投票を拒否された労働者は、「俺は命と市民権があればいいんだ。投票させろ!」と大阪市選管と私服警官の脅しに屈さず投票権を要求し続けました。投票を拒否されたこの労働者は、大阪市を相手に裁判闘争を闘っています。同じように4月8日の選挙で投票を拒否された労働者は、「貧困で一定の住居が持てない人から選挙権を奪うのは、憲法違反」と国、府、大阪市を相手に国賠闘争を行っています。大阪高裁で棄却の判決を受けた直後、この労働者は「俺たちは負ける。しかし、絶対また誰かが立ち上がってやる。それが釜ヶ崎なんや」と叫び、今、上告中です。

 2009年、定額給付金の支給の際、大阪市や総務省はホームレスにもあまねく支給する」と言いましたが、住民票のない釜ヶ崎労働者には支給しませんでした。

 その際には、「2007年の時は、僕は野宿生活に疲れ果て何もできなかったけど、今回は皆のために何かしたい!」という労働者が「住民票のない者に定額給付金を支給しなかったのは憲法14条の法の下の平等に反する」と国と大阪市を訴えています。

 2010年、参議院選挙についても2つの民衆訴訟が闘われています。大阪市の住民票削除は、このような何の落ち度もない憲法の教えに従い、憲法を守ろうとし、選挙権を大切に、仲間のためには矢面となり、病気になってまで闘おうとする人達の基本的人権を、金がなくて一定の住居が持てないというだけで踏みにじり「テメエらなんて人間じゃない」と言い渡したのと同じです。それに対し、住民票闘争は「釜ヶ崎をなめるな!」「俺たちだって人間なんだ。人間としての権利を諦めてたまるか」と闘われてきました。諦められるわけがありません。釜ヶ崎で諦めるということは死ぬことだからです。

 その住民票闘争の中で選挙権をめぐる闘いは、21世紀の参政権運動でもあります。金がなく一定の住居がもてない人が大量に層をなしている今、その人達が何の落ち度もないのに選挙から排除されることは、憲法に反していますし、貧乏人だけが選挙から排除されるということでは本来の意味の選挙の正確性も失っています。政府は住所のない人の選挙人名簿の作成か住民登録できる場所を作るべきです。国も大阪市もそのことをしない中、実現するためには、当事者である選挙権を奪われたものが選挙権を諦めていないことを社会に示すことが基本です。私達の皆で選挙に行く行動は「俺たちは選挙権を諦めていないんだ!」と腹の底から自分達の尊厳を宣言する運動なのです。

 又、歴史上多くの人が、人権や身分、社会的地位や金のあるなしにかかわらない参政権を得るために、弾圧され、殺されながらも闘ってきました。黒人参政権運動のキング牧師も投票所にすわりこんだと聞きました。私達の投票場への運動は検事のいうような投票所へのヤカラのかちこみのようなものではなく、尊厳をかけた人間を諦めない釜の労働者の闘争の一環であり、21世紀の参政権運動の一環なのです。

 従って、私は今回の運動に関して、法的にも人間としても、釜ヶ崎の関わる活動家としても何の恥ずかしいこともしておらず、心に一点のくもりもありません。このことは、国連に行っても堂々と訴えられることです。今、地震で多くの人が家や職を失い住所を失っています。一方、生活保護の財政はパンク寸前です。大阪市が言い裁判所が認めるように生活保護の適用や自立支援センターへの住民登録ができるからというすりかえさえきかない状態になるほど住所を失う人が増えるでしょう。だから私達は「住民票のないものにも投票させるという制度をつくれ」ということをやめるわけにはいかないのです。

 釜ヶ崎のおっちゃん達ががんばる限り、私は一緒に住所のない人の基本的人権のために頑張っていくつもりです。

 今回の裁判では貧困で住居を持てない人の基本的人権を守ろうとする人間への国家権力の弾圧に裁判所がどのような態度をとるのかが問われています。1日も早い公正な判決を望みます。
以上

[PR]
by nameken9 | 2011-09-18 16:51 | Comments(0)
8月なめ憲報告 
ノーモア広島!ノーモア長崎!ノーモア福島!を訴える

a0114164_16152448.jpg

a0114164_16154212.jpg

a0114164_1616015.jpg

 8月7日のなめ憲では、「ノーモア広島!ノーモア長崎!ノーモア福島!」を訴えました。1945年8月6日広島、8月9日長崎へのアメリカによる原爆投下は多くの犠牲者を出し原爆症に苦しむ人々を生み出しました。しかし、アメリカはこの原爆投下に対して未だに謝罪していません。それどころか「原爆が戦争を終わらせた。」とうそぶいています。アメリカの原爆投下時には日本はすでに降服を決めており、アメリカが戦後の世界でヘゲモニーを握るための投下だったことは明らかです。こうしたアメリカの重大な戦争犯罪を決して許してはならないと訴えました。
a0114164_1616307.jpg

a0114164_16164593.jpg

 また、3月11日東日本で起きた大地震そして大津波によって、原子力発電の安全神話は完全に崩壊しました。大地震と大津波の被害だけでも甚大であったのに、福島は原発の爆発事故によってさらなる被害を被りました。そして、原発の製造元であるアメリカGE社(ゼネラル・エレクトリック社)の責任は全く問われていません。爆発を起こした福島の原発は、設計上のミスがあり爆発の危険性のあることは35年も前から指摘されており、国会でも問題になっていました。にもかかわらず、利益を優先させた東京電力は、危険な原発を使い続けてきました。また、原発を推進してきた三菱重工、日立、東芝といった大企業の責任も問われていません。しかし、日本政府は電気代を値上げしたり消費税を上げたりして、事故処理の費用や賠償金を一般市民におしつけようとしています。これまで原発を推進してきた東京電力や三菱・日立・東芝といった大企業こそ、今回の原発事故の責任を取るべきではないでしょうか?
a0114164_16171080.jpg

a0114164_16172428.jpg


 また、関西の原発は福井県に集中しており、ひとたび事故が起こればすぐ近くの琵琶湖が汚染され関西全体に放射能がまき散らされる危険性があります。そして日本の中で最も原子力発電への依存度が高いのが関西だと言われています。私たちは今こそ、「原子力発電はいらない」という声を上げていこうと訴えました。
a0114164_16175337.jpg

a0114164_1618790.jpg


(報告 日本人民委員会 高橋)

[PR]
by nameken9 | 2011-09-18 16:18 | Comments(0)