次回8月27日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

10月なめ憲報告 
橋下知事は憲法違反の「教育基本条例案」を撤回せよ!

 10月9日のなめ憲では、11月27日に行われる大阪市長選挙に橋下大阪府知事が立候補するということで、橋下知事がどういう教育を行おうとしているのかを明らかにして、それがいかにひどい内容であるかを訴えました。
a0114164_2212128.jpg

 戦争中、日本は中国・朝鮮を初めアジア諸国を侵略していきました。それを正当化し、侵略の手先とするため軍国主義教育を行い、子供たちは幼い頃から侵略思想を植え付けられました。戦後その反省から、政治が教育に介入してはいけないということで「政治の教育への不介入」「教育の中立性」の原則が打ち立てられたのです。
a0114164_22135930.jpg

 しかし、橋下知事が府議会・市議会に提出した「教育基本条例案」は、この原則を真っ向から否定するものです。まず、知事自身が『教育目標』なるものを定め、この『教育目標』を認める人間から教育委員を選ぶというものです。また、校長は全部公募するといいます。橋下の言う『教育目標』とはいかなるものなのか?知事のこれまでの発言をみてみましょう。「ギャンブルを遠ざける故、坊っちゃんの国になった。小さい頃からギャンブルを積み重ね、全国民を勝負師にするためにも、カジノ法案を通して下さい」と子供にギャンブルをさせることを奨励し、「自由を求めるのか、公金を求めるのかどちらか選んで欲しい」と自分のいいなりにならなければお金は出さないと言ってはばからないなど、知事の職権を乱用した暴言・暴挙です。こんな知事が『教育目標』を定めたら、大阪の教育は破壊されてしまいます。
a0114164_22144016.jpg

 また、教育基本条例案には学校同士、先生同士を競争させる内容が盛り込まれています。例えば、3年間定員割れの高校は統廃合するといいます。公立高校にはそれぞれの歴史があり、特色があります。そして、地域に根ざしていてその高校にしか通えない子供たちもいるのです。それを定員割れをしたから、統廃合するというのはあまりに暴力的です。一方では、進学率の高い上位10校には高額の補助金を出しているのですから。そして、先生に対しては、君が代を歌わない先生や、5段階で評価して毎年5%の「ダメ先生」を無理やり作り出してクビにできるようにします。先生が評価ばかりを気にして子供たちにとっていい教育ができるのでしょうか?
a0114164_2221372.jpg

 橋下の言う教育とは、自分の言いなりになる人間を作ることであり、ひいては大企業の求める人材だけを育てればいいというものです。そしてそれは、貧乏人の教育を受ける権利を奪い、先生の思想信条の自由を奪うというものです。
a0114164_22213924.jpg

こうした滅茶苦茶な教育基本条例案を橋下は撤回せよと訴え、大阪市長選では、橋下を断じて通してはなりませんと、大阪市民に訴えました。
a0114164_22215958.jpg

       (報告 日本人民委員会 高橋)

[PR]
by nameken9 | 2011-11-03 22:22 | Comments(0)