次回11月12日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

大阪市区長の公募は憲法違反だ!

 今回、大阪市長の橋下は大阪市の各区長を公募するとした。そこでわしも西成区長になろうかと思い、大阪市のホームページを見たところ、わしには区長に応募する資格がないことがわかった。
 それは、応募資格として「組織マネジメントの経験のある人」(例;国、地方公共団体、民間企業等での管理職経験者)とあるからだ。わしは30年以上日雇い労働者で汗水流してこの社会に必要な仕事をしてきたが、会社の経営者になって労働者をピンハネした経験はない。しかし西成区民のことは一生懸命考えているつもりだ。区長のような公職を募集するにあたって、このように職業や職階を制限し、貧乏人を公職から排除するのは、明らかに憲法違反である。市長になるのにもこういう職業規制はない。しかも区長を選ぶのは、橋下大阪市長だ。これでは選挙前に言っていた「区民によって選ばれた区長」どころか、徳川幕府の幕藩体制ではないか!今までの制度が充分に民主主義的ではなかったにしても、これは民主主義の発展ではなく、民主主義の完全否定である。区長の公募はただちに辞めるべきである。



お年寄りの無料パスは今のまま継続しろ!

 橋下大阪市長は、これまで70歳以上の老人は地下鉄・市バスが無料だった制度を改め、上限を作るか一部負担を求めると言った。これは選挙期間中には一切言っていなかったことで、選挙が終ってから突然言い出したことだ。これには、これまで橋下を応援してきたニュースキャスターの辛坊治郎さえも、「老人票が欲しいから言わなかっただけではないか。選挙前に言うべきことだ」と批判している。
 この70歳以上無料パスの制度は、他の自治体には見られない素晴らしい制度で、これはずっと続けるべきだ。これまで無料の地下鉄や市バスを利用して図書館や美術館、公園に出かけていた老人は、有料になれば出かけなくなるだけだ。老人が無料で地下鉄やバスに乗ったからといって、特別に市の経済的負担が多くなるということでもない。むしろ、老人が外へ出ることによって大きな経済効果を生んでいるという側面もある。橋下は無料パスを制限してその収益を現役世代にまわすというが、絶対にそう言う風にはならない。ようは、年寄りを敵にして現役世代を味方につけるという彼の分断支配の戦術でしかない。私の先輩も無料パスを見せてくれながら「歳をとってもなんにもいいことは無いけど、これだけは嬉しい」と言っていたのを思い出す。橋下はお年寄りのささやかな楽しみさえも奪うのか!人の世の人情も何もわからんカネの亡者のようなことはするな!

[PR]
by nameken9 | 2012-01-23 08:18 | Comments(0)