次回6月25日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

知っていた?韓国も人工衛星打ち上げたこと。
そして、中国船によるレーザー照射の真相。


 日本のマスコミはほとんど報道しなかったが、1月30日午後4時、韓国がはじめての人工衛星の打ち上げに成功した。一段目はロシア製の新型ロケット「アフガン」で、2段目は韓国が独自に開発したものという。
 昨年の暮れ、12月12日には朝鮮民主主義人民共和国が人工衛星「銀河3号」の打ち上げに成功したが、この時は日本のマスコミも大々的に報道した。マスコミが報道しただけではなく、切り離したロケットなどが落ちてきたら危ないと言うので、自衛隊が迎撃ミサイルを沖縄や東京にまで配備して備えたものである。ところが今回は、韓国の人工衛星はどこに飛ばすのか、その方向さえほとんどのマスコミは報道しなかった。ところが、おそらく唯一報道した東京新聞の記事によると、その航路は朝鮮の「銀河3号」とほぼ同じで、韓国から南方向、沖縄フイリピン方面に向かって発射されたのであった。
 しかも朝鮮の「銀河3号」よりやや東側で、ちょうど沖縄本島の上空を通過するコースである。1段目のロケットを切り離した時の物体が落ちてきて危険といえば、韓国のロケットの方が危険性が高かったのである。ところがこの時は自衛隊の迎撃ミサイルを出動するどころか、マスコミで報道さえしない、危険を住民に知らせることさえしなかったのである。

 そして、この1月30日という日は、自衛隊の護衛艦が中国海軍のフリゲート艦に火器管制レーダーを照射されたと言って大騒ぎしている日である。照射されたのは午前10時である。しかもその場所は、ちょうど韓国の人工衛星の打ち上げ航路の真下である。実際、その6時間後の午後4時にロケットが通過した。自衛隊の護衛艦も、中国のフリゲート艦も、この日は何をしようとしていたのか?これは軍事作戦だから明らかにすることはないのだろうが、二つのことが考えられる。一つは、韓国の人工衛星の航路の測定。もう一つは、韓国が打ち上げるロケットの一段目の、ロシア製の新型ロケット「アフガン」の回収である。新型のロシア製ロケットというと、高度の軍事機密が含まれていることは間違いない。どこの国にとっても欲しい情報がたくさん詰まっているはずだ。日本、中国、それにアメリカ、ロシアなど他の国の船もいたかもしれない。落下物の回収の競争をしていたのではないか?どこが回収したか、どこも回収できなかったか、それは知らないが、そういう競争の中で起きた偶発的な事故ではないのか?
 中国側報道は、このレーザー照射について否定するとともに、軍事専門家の見解として、「中国は物体を探査する場合に火器管制レーダーを使う」という発言を載せている。つまり、中国は正直にいっているのである。「当日はロケットの航路の測定と落下物の回収が目的で、自衛艦を攻撃する意図なんかなかった。そんなことは日本政府も自衛隊も一番よく知っているはずなのに、何でそういうことで言いがかりをつけてくるのか?」と。
 ところで、日本政府はこの1月30日の韓国の人工衛星打ち上げで、なんで韓国のロケットが落ちてくる危険を日本の住民に知らせなかったのか?朝鮮の「銀河3号」と比べて、ダブルスタンダード(二重基準、一方だけをひいきすること)ではないか。朝鮮のロケットの落下物は危険で韓国の落下物は安全ということはあるのか?
 自衛隊は当日、日本の市民には知らせずに、こっそり落下物を回収するというような隠密行動をしていたのではないか?だから中国に火器レーザーを照射されても、すぐに発表できなかったのではないか?という疑惑が浮かび上がってくる。
 以上、これは状況証拠のみによる推論であることをご了承ください。(インバ)

[PR]
by nameken9 | 2013-02-18 11:00 | Comments(1)
「関西大弾圧はねかえそう!2・3全国集会」に参加して
 2月3日、「関西大弾圧はねかえそう!2・3全国集会」が大阪城野音であった。集会のあと、市役所までデモをした。会場は満杯で、全国から権力の弾圧に抗議する仲間がかけつけた。今回の集会のメインは原発反対運動への弾圧への抗議だった。釜からも、稲垣さんや釜ヶ崎大弾圧救援会からアピールがあった。発言からいくつか拾ってみると・・・・。
a0114164_21424494.jpg

 いま、全国的に原発反対の運動が広がっているが、昨年から関西では11名が逮捕され7名が起訴、現在でも6名が拘留されたままだ。大阪市の橋下市長は、多くの市民の反対にもかかわらず、舞洲で震災ガレキの焼却処分をはじめ、放射能やその他の有害物質を撒き散らしはじめた。大阪の空気も水も、山も川も海も、これからドンドン汚染されていくだろう。
a0114164_21393442.jpg

 「放射能汚染のない社会で生活したい、子供たちに安全で安心して暮らせる環境を残したい」  そういう人間としての当然の声を上げたら、それだけで逮捕されるという、とんでもない社会が到来している。
a0114164_2140215.jpg

 釜ヶ崎では、お金が無くて定まった住居が持てないというだけで、住民票をとることができず、住民票がないということで選挙権さえ奪われてしまう。裁判所は、釜ヶ崎の仲間の住民票と選挙権を奪った大阪市を見のがし、釜ヶ崎の仲間の住民票と選挙権を回復し、憲法を守ろうとした仲間を有罪にした。これは絶対に許せないことだ。今度最高裁に上告しますのでよろしく。
a0114164_21413913.jpg

 権力は、われわれを弾圧することで我々を分断しようとしているが、これを乗り越え、乗り越えることでより大きな団結を作っていこう!
a0114164_21433083.jpg

a0114164_21441784.jpg

                                     (取材 インバ)

[PR]
by nameken9 | 2013-02-08 21:45 | Comments(0)
本名を名乗って生きれる社会を!
キムインマン本名訴訟、不当判決!

 
 釜ヶ崎から日雇いで仕事にいっている金稔万(キム・インマン)さんは、2009年、大林の現場で仕事をしたが、そのとき、「金海稔万」(かねうみ としかず)という日本式の通名を強要されたとして、大林や下請け、国を相手取り損害賠償請求の裁判を起こしていた。その判決が、1月30日、大阪地裁であった。久留島裁判長は、「原告は通名使用を了解していた」として、請求を棄却した。

 裁判では、会社側はウソの証言を連発したが、裁判所はそのウソの証言を鵜呑みにした判決だった。会社側は、キムさんを仕事する前に人夫出しの事務所に連れて行って「本名なら手続きに2,3日かかる。通名なら今日から仕事ができる」と説得したところキムさんが承諾したとか、日雇い労働の現場を知っていればありえないようなことを事実認定している。日雇い労働者に「2,3日後の就労」という話をすることなどありえないということを、裁判所は何もわかっていない。

 キムさんは、「本名で働きたいと訴えたが、勝手にヘルメットの名前シールを書きかえられ、抵抗すれば仕事がなくなると思った」と主張した。しかし裁判所は何の根拠も示さずに「キムさんの主張は信用できない」とした。

 裁判官自体が民族差別的偏見にドップリつかった判決である。裁判官は釜ヶ崎の裁判をやる前に1週間でも2週間でも釜ヶ崎のセンターから仕事に行ってみるべきではないか。そうしないと釜ヶ崎のことがわかるはずがない。

 キムさんは、裁判が終ってふるさとの家であった報告会で「私のアボジは83歳で健在なのですが、この裁判をすることには猛烈に反対したんです。でも最近、自分の墓を作りまして、その墓碑銘には自分の名前が本名で書いてあったんです。死んでからしか本名を名乗れないのか?本名を名乗って生きれる社会を作りたい。」と結んだ。                                 (文責 I・R)

[PR]
by nameken9 | 2013-02-08 21:28 | Comments(0)
高校授業料無償化除外大阪朝鮮学園、日本国を訴える

 24日、高校授業料無償化で、国が朝鮮高校だけを支給から除外している問題で、大阪朝鮮学園と愛知朝鮮学園は、国を相手に「指定の義務付けを求める行政訴訟」を起こした。
 朝鮮学園側は「無償化は教育機会均等が目的であり、外交問題が影響するのはおかしい。国の対応は差別を助長する」と訴えている。

 日本政府は、こういう露骨な民族差別を辞めるべきである。
 国は「拉致問題」や「朝鮮総連との関係」を理由にあげるが、この制度の支給対象はあくまでも生徒である。生徒の親の思想信条で支給するしないを決めるというのは、日本国憲法に反する考え方である。

 安倍の民族差別はどんな言い訳をしようと、世界では通用しない。特にアジアでは通用しない。
安倍晋三のおじいさんの岸信介がかつて満州侵略をした東条内閣の閣僚であり、戦後A級戦犯の容疑で逮捕されていたこと。安倍晋三はそのおじいさんを尊敬している人物であること、すなわち日本の軍国主義の末裔であることを、アジアの人々はみな知っている。その日本軍国主義の末裔が朝鮮学校を差別しているのだ。朝鮮のみならず、アジアの国々は、日本の軍国主義復活と思うに違いない。
 日本の裁判所は、ちゃんと憲法判断をして、現政権の憲法違反をはっきりと断罪しなければならない。

 1月22日には、大阪地裁で、大阪朝鮮学園が大阪府と大阪市を相手におこした裁判・・・大阪府大阪市が朝鮮学校への補助金の交付を打ち切った処分の取り消しを求める裁判の第二回公判があった。
 朝鮮学校側は、朝鮮学校が何故生まれたのか?日本軍国主義の侵略の歴史から丁寧に解き明かす弁論を行った。
a0114164_21142542.jpg

          裁判後の報告集会

 大阪朝鮮学園は、国を相手にした裁判、大阪府大阪市を相手にした裁判、大阪市に訴えられて立ち退きを求められている裁判と、3つの裁判をかかえることになったが、これは日本の国の良心の問題、品位の問題である。
 民族差別の行政権力を許しておいては、日本人としても恥ずかしくて世界の中で生きていけないという問題だということで、これからも日本人として朝鮮学園を応援して行きたいと思う。
                                       (I・R)

[PR]
by nameken9 | 2013-02-08 21:20 | Comments(0)

2.3反弾圧緊急集会

  2.3反弾圧緊急集会
 2月3日(日)のなめ憲は、
「2.3反弾圧緊急集会」に参加します。
4.5釜ヶ崎大弾圧救援会よりアピールを
行います。 ご結集ください。

なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会

日時:2月3日(日)午後1時~
場所:大阪城野外音楽堂
主催:集会実行委
デモ:集会後市役所まで

[PR]
by nameken9 | 2013-02-01 23:58 | Comments(0)