次回6月25日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2013年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

次回なめ憲のお知らせ

次回なめ憲のお知らせ

日 時:9月1日 午後3時半 
      センター前3時出発
場 所:天王寺公園東口

 なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会

[PR]
by nameken9 | 2013-08-28 00:09 | Comments(0)

≪第17回日朝友好稲刈り≫

日 時:2013年9月15日(日)

集 合:能勢電終点・妙見口駅午前9時集合
     (田んぼまでピストン輸送)、
   車で直接現地集合の方は午前10時まで。

会 費:大人2,000円、学生1,500円、子供500円

持ち物:着替え、タオル、ご飯

申込み:伊関090-4640-7638 
      山橋080-6175-7067

主 催:平和の糧 朝鮮総連西大阪支部

[PR]
by nameken9 | 2013-08-28 00:06 | Comments(0)
滋賀県でのオスプレイ訓練に反対

 日米両政府は、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場で、10月にオスプレイの訓練を計画している。
オスプレイは、垂直離着陸機で、回転翼の角度を変えることでヘリコプターのように垂直に離発着することも、高速で水平飛行することもできる。しかし、空中で回転翼の角度を変えることは非常にむつかしく、何度も事故を起こしている。あまりに危険なため、アメリカでは「未亡人製造機」とまで呼ばれている。

 去年、沖縄の人々の強い反対にもかかわらず、むりやり沖縄の普天間基地に12機、強行配備され、今年また12機を追加配備しようとしている。

 普天間基地は市街地の住宅密集地にあり、もし墜落すれば大惨事になる。2004年にも沖縄国際大学の敷地に米軍ヘリが墜落した。

 さらに今月8月5日には宜野座村で米軍ヘリが墜落したばかりで、沖縄県民はヘリの訓練の中止を求めているが、米軍は県民の反対を無視して訓練を再開している。

 日本政府は沖縄県民の意思より米軍の言いなりだ。今回、「沖縄の負担軽減」を理由に滋賀県で訓練させようとしている。しかし、滋賀県での訓練が沖縄の負担軽減になるという保障は何もない。もともと米軍は、オスプレイの訓練は日本全国でやると言っていた。

 日本政府は「安全保障上必要な訓練だ」という。尖閣(釣魚島)や竹島(独島)を言っているのだろうが、これはウソだ。アメリカは竹島に関しては韓国領だと言っているし、尖閣についても「領有権については中立」といっている。アメリカがこれらの島にオスプレイを投入して日本の味方をするということはあり得ない。

 アメリカの目的は、巨額の費用を使ったオスプレイの開発費を、少しでも日本に肩代わりさせることだ。自衛隊にもオスプレイを買わせようとしている。そのために日本国民の命と安全を犠牲にしようとしている。

 安倍政権は、アメリカの言いなり、日本の国益を言いながら国民を犠牲にすることを屁とも思っていない。

 滋賀県にオスプレイを来させてはならない。沖縄県民とともに、オスプレイを日本からたたきだそう。         (いんば)

[PR]
by nameken9 | 2013-08-28 00:01 | Comments(0)
大阪府警はデッチアゲのプロ

 大阪府警の調書偽造があいついで発覚している。

 8月21日の報道によると、今年2月都島区のインターネットカフェで起きた窃盗事件で、大阪府警都島署の警部補が、実際には通報した店員が容疑者を確保し、盗まれた財布も見つけていたにもかかわらず、調書では駆けつけた警察官が容疑者を確保し、財布も発見したようにウソの調書を作成していた。

 犯人逮捕を警察の手がらにしようという、なんとも子供じみた偽装工作だが、こういうウソの調書づくりがわかっているだけでもあいついでいる。

 阿部野署では、2011年12月に起きたひき逃げ事件で、被害者の男性が運転手を見ていないと証言しているのに、一週間後に50代の女性が出頭してくると、被害者の男性の証言として「事故直後、運転席から50代の女性が下りてくるのを目撃した」という調書をデッチ上げた。

 ほかにも、福島署では、強盗強姦事件で、犯人が吸ったかもしれない証拠のタバコの吸い殻を紛失し、近所に落ちていたタバコの吸い殻を拾ってきて差し替えた事件もある。

 泉南署では、飲酒運転の検問で、あらかじめ基準値を超えた測定結果の記録紙を用意して使用していた。飲酒運転のデッチアゲである。

 原発の反対運動などに対しては、公安警察が捕まえようという標的の人物に自分から近づいて、挑発し、その人物が大声をあげて抗議したりすると、そこで警察官が自分から転んで傷害事件を自作自演し、「公務執行妨害」で逮捕するというデッチアゲがあいついで行われている。

 これを「転び公妨」というが、これはオウム事件の時に別件逮捕の手段として使われ、この様子がマスコミのフイルムに映っており、裁判にデッチアゲの証拠として提出され、捕まった容疑者は無罪となった。しかし、この警察のデッチアゲの手法は、今も市民運動に対して広く行われている。

 犯罪を取りしまるべき警察が、事件の真相を明らかにするのではなく、たとえ犯人をデッチアゲてでも問題を早く処理しようという魂胆がすけて見える。 

 さらに警察のミスを隠し、警察の得点を上げるためにさえ調書をでっち上げる。全く、警察の良心も何もあったものではない。

 大阪府知事は、大阪府警の最高責任者として、こういう警察の腐敗に対してどういう対策をとるのか?

 もと大阪府知事の橋下徹は、飛田の飲食店組合の顧問弁護士だったが、最近は「慰安婦制度は必要だった」という発言をして世界中から非難をあびた。こういう根性の腐った人間が警察のトップをやっていれば、自ずと警察そのものが腐っていくのも仕方ないかもしれない。
                 (永井)

[PR]
by nameken9 | 2013-08-27 23:59 | Comments(0)

派遣の規制緩和に反対!

派遣の規制緩和に反対!


 安倍内閣は、派遣労働の全面的な規制緩和をやろうとしている。参議院選挙までは、これを言うと票が減るので黙っていたが、選挙で勝ったとたんに派遣労働を大幅に解禁しようとしている。

 今の派遣法では、企業は通訳やソフトウエアなど専門26業種については無期限に派遣労働者を使えるが、製造や一般事務は最長1年(労組の意見聴取をすれば3年)までとしている。

 基本的な考え方は、継続的にある仕事は正規雇用で雇う、臨時的な仕事についてだけ派遣労働を認めるというものでしたが、安倍内閣はこの考え方そのものを否定しようとしています。

 このままだと、正社員がどんどん派遣労働に置き換えられ、同じ仕事をしても給料は半分とか、そういう状態が今まで以上に進みます。

 安倍首相は選挙前に、業界に対して給料を上げるように要請したりエエカッコしてましたが、選挙が終われば手のひらを返したように、労働条件の改悪、給料の切り下げです。

 こんなことをしていては、本当に日本は沈没します。

 日本の景気を上げるためには、派遣労働を原則廃止する。建設業界のように臨時の仕事が多い業種は、年収レベルで正社員と同等の待遇を条件に派遣を認めること。とにかく、労働者全体の給料を大幅に上げることである。そして消費税を廃止すること。そうすれば、消費者でもある労働者は、たくさんの商品を買うことができるようになるわけで、そうすれば企業もたくさんの商品を作ることができるようになる。経済は必然的に上向く。

 今でさえ年収200万円以下が1000万人と言われている。この原因は、パートや派遣など、劣悪な雇用システムにある。派遣労働の原則禁止と、派遣労働が必要な業種の正社員並み待遇改善を要求していこう。
           (永井)

[PR]
by nameken9 | 2013-08-27 23:55 | Comments(0)
靖国参拝は日本の国を亡ぼすため?

 8月15日、靖国神社にまた100人以上の国会議員がいろいろな形で参拝した。安倍総理は、代理人を通じて玉串料をおさめた。

 これに対し、国の内外から厳しい批判がふきだしている。

 靖国神社の問題は、1978年10月17日、靖国神社がこっそりと東条英機ら14人のA級戦犯を「昭和殉難者」として合祀したことにはじまる。これを国民が初めて知るのは1979年4月19日の朝日新聞の報道だった。アジアなど国際的に問題になったのは、1985年、このA級戦犯を合祀した靖国神社に中曽根首相が参拝したことからだった。

 昭和天皇は1975年まで参拝していたが、A級戦犯合祀のあとは参拝していない。理由は、宮内庁長官「富田朝彦のメモ」や「卜部亮吉侍従日記」などから、このA級戦犯合祀を批判してのことであることが明らかになっている。現在の天皇も靖国には参拝していない。

 A級戦犯が合祀されるまでは、中国や韓国も靖国神社への参拝を何も批判していなかった。

 中国などは、赤紙一枚で戦争にかりだされた一般の兵士に対しては、戦争の犠牲者として寛大な姿勢だった。1972年の日中国交回復の時も、中国は日本に対し、戦争賠償の請求を放棄している。理由は、もし請求すれば、一般の日本国民に負担がかかるという理由だった。

 いま靖国に参拝している国会議員らは、この「A級戦犯合祀」の批判に対して、何も答えていない。「国家の英霊に崇敬の念を表するのは当たり前」というが、東条英機ら戦争犯罪者が「英霊」なのかどうか、このことについて彼らは口をつぐんで答えない。

 もしドイツの指導者がヒトラーの墓(それがあるかどうかは知らないが)に参拝したとしたら、おそらく即座に首になるだろう。

 安倍首相は、アジアを侵略した戦争犯罪人をたてまつる神社に参拝していて、どうしてアジアと友好的な関係を作れると思っているのだろうか?靖国神社参拝は、戦後の世界秩序を否定することである。アベノミクスとか言って金融操作だけで経済が上向くかのような幻想をふりまいているが、アジアとの友好関係抜きに日本の繁栄はありえない。

 安倍首相、安倍自民党は、日本とアジアとの対立をあおり、日本が没落すればよいと考えているのではないか?彼らは「民族主義」の旗をかかげてはいるが、実際には国家の大権を乗っ取り、たとえ日本が没落しても一握りの多国籍企業や金融資本さえ生き延びればよいと考えている。彼らが代表しているのは日本の人口の1%以下の大金持ちの利益だけだ。(永井)

[PR]
by nameken9 | 2013-08-23 07:49 | Comments(0)
消費税の値上げは、
大企業が税金をネコババするためだ!


 秋には消費税の値上げを決定し、来年春には消費税を現在の5%から8%に値上げするだろう。次の年には10%に値上げする予定だ。消費税が値上げになれば、わしら貧乏人は確実に生活が苦しくなる。その反対に輸出企業はおおもうけする。輸出品には消費税がかからないため、その分が還付される。たとえばトヨタは今の5%の消費税で1年間の消費税の還付金が2100億円だ。8%になると3300億円ほどになる。消費税が10%になると4200億円が還ってくる。消費税が上がれば、大企業には寝ているだけで1000億円、2000億円の金がころがりこんでくる。

 現在、すべての還付金の合計は2010年度の資料で3兆3762億円。消費税の総額12兆円の28%にのぼる。わしらから集めた消費税の約3割はそのまま大企業のフトコロに入るのだ。

 トヨタやソニーなどの輸出企業は、部品は全部下請け企業が製造する。下請け企業は部品を製造納入するときに消費税を払う。トヨタやソニーは製品を外国に輸出する際、その下請け企業が払った消費税の還付を受けるのだ。このシステムの中で、我々国民が払う消費税の3割が輸出企業のフトコロに入る。

 ちなみに、トヨタの本社がある愛知県豊田税務署は1616億円の赤字である。トヨタに還付金を払うからだ。大阪では門真税務署が203億円の赤字、これはパナソニック。大阪阿部野税務署は133億円の赤字、これはシャープ本社があるためだ。

 理屈からして、この還付金は当然、下請け企業、延いては下請け労働者に返還されるべきものだ。大企業がネコババしているだけだ。消費税という税金の本質的な欠陥である。
これがあるから、大企業は消費税増税をやる政党を応援する。日本の政治は売国政治になる。日本の政治は腐敗する。(いんば)

[PR]
by nameken9 | 2013-08-23 07:47 | Comments(1)
アジアに背を向けて日本の未来はない
日朝国交正常化はアジアにおける日本の未来への道の一里塚

(1%の底力通信7月号より転載)     
1%の底力 伊関 要

 昨年秋、日本政府の一方的な「尖閣国有化」に抗議する反日デモや日本車ボイコット、日本製品不買運動を目の当たりにした。これは、戦後日本が初めて受ける経済制裁ではなかったのか!?
 日本では、対「北朝鮮」経済制裁が声高に叫ばれるが、過去の歴史をかえりみない日本の一方的な振舞は、最早通用しないばかりか日本の孤立と衰亡を招く結果となる。

 今やアジアの時代。中国をはじめアジア地域が世界の成長点となった。失われた20年、未だに不況の闇から抜け出せない日本。大発展を続ける中国は総合国力ですでに日本を上回ってしまった。
 日本をとりまく環境は大変化を起こし始めている。アメリカの核の傘にはいっていつまでも偉そうにしている場合ではない。アメリカは、傘を持つ手が疲れて今にも傘を落としそうに見える。
 安倍首相が言うように、A級戦犯が合祀された靖国神社を参拝し、憲法を変え、戦争ができる普通の国なればうまく行くのか?橋下市長の言うように「慰安婦」が容認される国になればよいのか?そんなことをすれば今度は中国に止まらず全世界から経済制裁を受けかねない。「北朝鮮」経済制裁に熱を挙げている場合ではない。一歩間違えれば日本は世界中から経済制裁を受けかねない事態に至っている。

 日本の活路はあるのか!?ある!それは日本がアジアの一員に戻ることだ。かつて日本帝国主義は朝鮮・中国をはじめアジアの国々を侵略しアジアの人々に筆舌に尽くせない惨禍をもたらした。まずこの歴史的事実を認め真摯な謝罪と反省そして償いをもっと明確に打ち出すべきだ。
 手始めに、政府は改めてアジア諸国さらに世界への不戦の誓いである平和憲法(日本国憲法)遵守を再度宣言し平和立国が日本の国是であることを明らかにすべきだ。
 そして、具体的に日朝ピョンヤン宣言の履行に着手すべきだ。アメリカの核恫喝は朝鮮の第3回核実験を招き、世界の成長点となったアジアに冷戦構造と言う過去の遺物を再来させた。日朝ピョンヤン宣言履行は戦争策動に平和の風穴を開けることとなる。
 平和憲法遵守、日朝ピョンヤン宣言履行はアジアの人々からの日本の信頼回復の何よりの証となる。もしアメリカの核の傘がなくなったとしてもアジアの一員となっていれば日本の未来は保障される。アメリカの核の傘に替わって日本の核武装などという暴走老人石原慎太郎の口車などに騙されてはいけない。核武装の結末は、世界を敵に回し、国土を焦土とし多大の犠牲者をだした太平洋戦争の末路同様となることは歴史の教えるところだ。
 「アジアの一員として日本の未来を切り開こう!」これが日朝正常化、朝鮮学校の民族教育支援に取り組む一愛国者のこころからの訴えだ。

[PR]
by nameken9 | 2013-08-23 07:45 | Comments(0)

第17回日朝友好稲刈り

第17回日朝友好稲刈り

日 時:2013年9月15日(日)

集 合:能勢電終点・妙見口駅午前9時集合
     (田んぼまでピストン輸送)、
    車で直接現地集合の方は午前10時まで。

会 費:大人2,000円、学生1,500円、子供500円

持ち物:着替え、タオル、ご飯

申込み:伊関090-4640-7638 
      山橋080-6175-7067

主 催:平和の糧 朝鮮総連西大阪支部

[PR]
by nameken9 | 2013-08-23 07:42 | Comments(0)
8月15日は何の日だろう?

 日本では「終戦記念日」とされている。何で「終戦記念日」とされているかというと、「玉音放送」で「天皇がラジオで日本の敗戦を報告した日」という理由からだろう。

 ポツダム宣言の受諾を連合国側に通告したのは8月14日だし、東京湾上の米戦艦ミズーリ号上で降伏文書に調印したのは9月2日だ。もし、記念日を8月14日や9月2日にしていれば、日本の戦後もずいぶん変わっていたかもしれない。

 天皇中心の国家が始めた侵略戦争が、天皇の言葉で「終結」したということで、日本人民が戦争責任者を裁くということが一度もなされないままに、戦後68年が過ぎてきた。東京裁判で連合国が裁く裁判というのはあったが、日本人民が日本軍国主義の戦争犯罪を裁く裁判というのはなかった。

 「一億総ざんげ」ということで、「戦争を始めた張本人」の責任も、一般の日本国民の責任も同じとされ、張本人たちの責任は免罪され、日本軍国主義の残党どもが政権中枢に居残り、増殖を続けてきた。

 日本軍国主義の張本人たちへの闘いは、人民の平和運動の側が、血みどろの闘いの中で担うしかない歴史的な課題となって残ったのである。

 ドイツでは今もナチスの残党が見つかれば拘束され、裁判にかけられる。今年も去年も90何歳のナチスの残党が拘束されている。ナチスの戦争犯罪に関しては時効を廃止している。その結果ドイツは戦後、ヨーロッパのかつてナチスが侵略した国々との間で信頼関係を回復してきた。これは日本と大きな違いである。

 日本ではいまだに、日本軍国主義の戦争犯罪者たちを「英霊」として祭る「靖国神社」に、日本の政権担当者たちが参拝する。これはドイツでは考えられないことだ。


 8月15日は、韓国では「光復節」、朝鮮民主主義人民共和国では「解放記念日」である。もちろん、侵略国日本を国から追い出したことを祝う記念日だ。連合国の中でアメリカやイギリスは、9月2日の降伏文書に調印した日を対日戦勝記念日としている。ソ連、中国は、9月2日の翌日から祝日にしたことで、9月3日を対日戦勝記念日としている。

準空母「いずも」の進水

 安倍内閣になって、軍国主義復活への動きが活発化している。
 憲法の改悪、また憲法解釈を変えて「集団的自衛権の行使」を容認する動き、軍備の拡大、在日米軍基地の強化、などなど。
 最近では、8月6日、戦後最大の護衛艦「いずも」を進水させた。護衛艦とはいうものの、全長248メートル、全幅38メートル、基準排水量1・95万トン、建造費1200億円、ヘリ14機搭載、ヘリ5機の同時発着可能。
a0114164_0511999.jpg

 これは、規模からいっても船の形状から言っても、「準空母」と言えるもので、自衛隊自身「海上基地の機能を持つ」としている。これは、「自衛権」の範囲を超えており、明らかに憲法9条に違反する軍備である。
 しかも、「いずも」は、帝国海軍の時代の主力軍艦のひとつ「出雲」と同じ名前であり、かつてのアジアへの侵略行為を美化するものである。アジアの反発は必至だろう。
しかも、「進水式」のあった8月6日は広島原爆の日である。かつての日本軍国主義の復興を願っているのだろうか?これは、すべての平和を願う日本と世界の人民に対する挑戦である。
これは日本軍国主義復活の宣言とも取れるパフォーマンスだ。
あらためて、日本軍国主義の復活を許さないということで、フンドシをしめなおしてがんばりましょう。
                   (いんば)

[PR]
by nameken9 | 2013-08-22 00:52 | Comments(0)