次回8月27日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

特定秘密保護法は、クーデターだ!

 安倍とんでも内閣は、25日に「特定秘密保護法案」を閣議決定し国会に上程した。今の国会で成立させようとしている。この法案を読んでみると、とんでもないことが書かれている。これは、国民主権を否定し、国民の基本的人権を否定する、今の憲法のもとでは到底許されるはずのない違法な法案である。

 まず、「特定秘密」とは何かであるが、法案の中に示されている表によると、「1 防衛に関する事項」、「2 外交に関する事項」、「3 特定有害活動防止に関する事項」、「4 テロリズム防止に関する事項」となっており、それぞれ項目ごとに事例を4~10項目列挙しているが、どれを見ても、具体的にどういうことが「特定秘密」になるか、何をしたら罪になるかがわからない。権力者のさじ加減ひとつで有罪にも無罪にもできるわけで、これは「罪刑法定主義」の原則に反する。

 釡の労働者の場合、どういう場合が考えられるか?

 たとえば、「1防衛に関する事項」の中に、「ヌ 防衛の用に供する施設の設計、性能又は内部の用途」というのがある。

 これなど、私はかつて京都の宇治の自衛隊駐屯地の中で施設の工事の仕事をしたことがあるが、当然、その施設の構造や名称、強度なんかを知ることになる。それを外で友人と酒でも飲んでいるときに話すと、「特定秘密」を漏らしたということで、罰せられる可能性がある。これまでに成立した有事法制で、有事になれば建設業者は自衛隊の陣地建設などの仕事を強制的にさせられる可能性があるが、その場合、陣地の構造などは「特定秘密」に指定される可能性が高い。また自衛隊が使用する電話回線の建設、軍用機、軍用車のルートなども我々は仕事上知る立場になる可能性があるが、そういう場合も話せば「罰」の対象になる可能性がある。
 しかし、何が「特定秘密」に指定されているかはわからない。それは秘密にされているかもしれないし、秘密にはされていないかもしれない。それを公表すればそもそも「秘密」ではなくなるからだ。つまり、ある日突然、理由もわからずに「秘密漏えい(ろうえい)」で逮捕されるかもわからない。これは、憲法で保障された自由な言論活動を封殺するもので、憲法が禁止していることである。

 もっとひどいのは、「3 特定有害活動の防止に関する事項」と「4 テロリズムの防止に関する事項」だ。
 そもそも何が「有害活動」なのかわからない。福島の原発事故でも、福島の原発の中の様子は未だにほとんど明らかにされていないが、これなども明らかにすれば「テロに利用されるおそれがある」として「特定秘密」にされるおそれがある。そうすると、周辺住民は、たとえ原発がどんな危険な状態にあっても正しい情報を得ることができず、避難することもできず、生命の危険にさらされることになる。そして、そういうことを「市民に知らせろ」という運動をすると、それが「特定有害活動」として処罰されることになる。それは、これまでの政府の対応からして可能性が高い。ようは、「政府にとって都合の悪い情報」はすべて「特定秘密」にされてしまうだろうということだ。

 そして、何が「特定秘密」に指定されているか、当局者以外は誰も知ることができない、国会議員さえ知ることができないので、国会で野党が追及することさえできない。つまり、国会そのものが機能しないことになる。
 国家権力が、国民とは別のところで、独自に形成されるシステムに移行するということだ。これは今の憲法とは縁もゆかりもない法律である。
 国民主権、民主主義を根本から否定する法律だ。
 今の憲法のもとでは、到底、認めることのできない法律である。

 この「特定秘密保護法案」は、「国家安全保障会議」を作る法案とセットで提出されている。アメリカが自国の「国家安全保障会議(NSC)」と同じものを日本でも作れと要求したものだ。NSCのもとに、有名なスパイ組織CIA(シーアイエー)がある。日本も同じようなスパイ組織を作るということだ。アメリカは自衛隊を世界中自由にひっぱりまわしたい。そのためには秘密情報を共有できなければならない。その準備をやろうとしている。アメリカがやる戦争に日本を引きずり込むためには、この「特定秘密保護法案」が必要なのだ。
 安倍とんでも内閣が同時にやろうとしている「集団的自衛権の容認」、「武器輸出三原則の見直し」「先制攻撃の容認」なども、すべてセットである。アメリカは金がなくて国防費も削られているので、自衛隊を米軍の家来(けらい)の軍隊として自由に使えるように準備しているのである。
 麻生は先日、憲法を変えるのに「ナチスの手法に学んだらいい」ということを言って世界中から非難されたが、安倍とんでも内閣がやろうとしているのは、まさにこのことだ。憲法の改正手続きも踏まないで、実質的に憲法を変えようとしている。国会の機能を骨抜きにし、官僚の独裁をやろうという法律だ。だいたい、「特定秘密」に指定した内容は、政権交代が起きたらどう処理されるのか?新政権にその「特定秘密」は継承されるのか?引き継ぐか引き継がないか、決めるのは官僚ということになる。政権の上に官僚が君臨することになる。(今の官僚、特に外務、防衛官僚は、アメリカに直接支配されているアメリカの下僕である。)つまり、アメリカによる支配がますます強化される。これは、国民主権をアメリカ主権にくつがえすクーデターだ!
                        (砂山)

[PR]
by nameken9 | 2013-10-30 18:47 | Comments(0)

大盛会!第19回インピカ

大盛会!第19回インピカ

 10/27(日)堺市役所前広場で開催されたインピカ(インターナショナルピープルカーニバル)に行ってきました。
 朝鮮、中国、タイ、インド、トルコ、ケニア、フィリピン、インドネシア、エジプト、ペルシャと世界のグルメの出店が並ぶ中、料理に舌づつみを打ちながら、様々な民族舞踊や民族音楽の出演を鑑賞し至福の時を過ごさせていただきました。
 なかでも、1%の底力が応援する南大阪朝鮮初級学校の生徒さんたちが、朝鮮舞踊を披露しました。日ごろの学習の成果を発揮し、国際的な晴れ舞台であでやかに舞う姿に、民族の誇りに自信があふれているのを感じました。このときばかりは、グルメの箸を持つ手をカメラに変え夢中でシャッターをきりました。
 次に印象に残ったのは、大阪府立成美高校の生徒さんたちが披露した中国の龍踊り(獅子舞)でした。早速、成美高校の出店に行って話を聞きました。すると、成美高校の全校生の5%が中国残留孤児や在日中国人の子どもたちだということでした。出店は日中友好のために活動する中国文化研究会のサークルのみなさんが出していました。そこで、私は一つ覚えの中国語「日中両国人民要世世代代友好下去!」(日中両国人民は代代友好的にお付き合いして行きましょう!)を言いました。すると出店の生徒さんたちが一斉に拍手をしてくれました。
a0114164_17441334.jpg

 国際色あふれる実に楽しいカーニバルでした。来年は是非みなさん行ってみてください。
a0114164_1744467.jpg

a0114164_17442160.jpg

報告 1%の底力 伊関

[PR]
by nameken9 | 2013-10-30 18:44 | Comments(0)

心美しいひと

心美しいひと               
          (ℐ女のしんぶん大阪《I女性会議の機関紙》より抜粋)

 9月の「八の日行動(土曜日のお昼だった)」の帰り、京橋で電車を待っていると、後の方で、「鴻池まで行きたいんやけど、どれに乗ったらいいかしら」――「いや~私もわからない」という女性どおしの会話が聞こえた。ふり返って「次に来るのが各停。鴻池停まりますよ」と声をかけた。ちょっとおしゃれな50代ぐらいの人だった。私は読みたいものがあったので席に着くや、それを開いた。夢中になって読んでいて、ふと横を見ると、さっきことばを交わした人だった。「一生懸命、何読んではるの?」と、親しく訊かれたので、「これ、『1%の底力』。どんなに収入の低い人も、高い人も、1カ月の収入の1%をカンパして、朝鮮学校を支援してるねん。これ、その人たちの文集」。「高校無償化制度ができて、よかったけど、朝鮮学校だけ除外されてるやろ」と言いかけると、彼女は「私、それ知ってる!カンパしたことあるもん。どこの駅でやったかなあ」・・・そうこうしているうちに、もう次は「鴻池駅」だ。残念!もう少し早く、隣の席の彼女に気づいていたら、・・・と思っているうちに、彼女は降りてしまった。
   
   ☀ ☀ ☀

   ♣ ♣ ♣ 

 彼女はホームに立って、ずーっと見えなくなるまで手を振ってくれた。新幹線でよく、別れを惜しんで恋人を送っているようなシーンだった。こんな人もいるんや~~。彼女も同じことを思ってくれたのかもしれない。
その後、降車までの5駅の区間、心がふわふわして、ある在日韓国政治犯良心囚の人を思い出していた。
彼は、たび重なった朝鮮の水害に救援カンパを呼び掛け、私はそれに応えた。何日かあとにていねいな礼状が届いた。「沢山の方々、本当にありがとうございました。うれしくて、うれしくて、電車に乗っていても隣で吊革を持っている人のことを、『この人もカンパしてくれたのではないだろうか』と思ってしまいます」とあった。この話は何人もの人に言いふらしたと思うが、なんと心美しい人だろうか。私は選挙に負ける度に、「誰があんな候補に投票するんや!」と、人を信じられなくなってしまうことしばしばだ。人間の出来が違うのだろうか。いや、育ちか。やはり何と言っても長い獄中生活が彼を磨いたのだろう・・・・・・・。
 そんなことを考えながら、電車を降り、風邪をひいて一人、家で待つ孫が気になり、足を早めた。
        
永久 睦子

[PR]
by nameken9 | 2013-10-23 11:03 | Comments(0)

「9条世界会議」
関西2013に参加して

―世界から評価されている憲法9条―

a0114164_9511671.jpg

a0114164_9514944.jpg

 去る14日大阪中央体育館で「9条世界会議」が開催された。東京につづいて大阪というわけである。当日満員だろうと思っていたが、やはり地下鉄朝潮橋駅で降りる客が多数でホームはごった返し。みんな9条世界会議に参加する人だった。

 午前中はワークショップでアメリカの映画監督が作った「原爆を生きる」が上映され、広島・長崎の原爆投下時に被害にあった市民の惨状が映し出された。国連や世界各国で上映をおこなっているということだった。アメリカの中にも原爆投下に反対している人が沢山いるのだと思った。

 午後からは本会議でアメリカ、韓国、チュニジア、フランス、コスタリカ、カナダなど世界の国々からゲストが参加して講演が始まった。アメリカの元陸軍大佐(女性)は2003年アメリカのブッシュ政権がイラクに侵攻した時、パウエル国務長官に辞表を突き付けて以来世界各地で反戦、平和運動を行っているとのこと。又、韓国の代表は憲法9条があるから日本はアジアの仲間に入れてもらえたのではないのかと発言していた。

 原爆の映画を作ったもう一人のアメリカ代表は、アメリカが憲法を作ったと言うけれど憲法9条をアメリカはなぜ取り入れないのか!アメリカに憲法9条を取り入れる運動をおこなっていると発言があった。チュニジアの代表は憲法9条はすばらしいと言い「平和と人権の促進のための地中海協会」を設立しているということだった。
会議に参加して思ったことは世界には憲法9条が平和の為に必要だということが認識されていること、又それを実行しようとしている人々が世界各国にいるということが分かったことである。安倍首相は日本を又戦争をする国にし人民を押さえつけようとしているが、私達はそれに負けず憲法9条を絶対に変えさせてはならないと思う。世界には多くの味方がいる。 
                  (たむら)

[PR]
by nameken9 | 2013-10-23 09:52 | Comments(0)

ゴミの収集場所を作れ

ゴミの収集場所を作れ

 南海の高架の横をはじめ、西成ではアチコチにゴミの山ができる。釡の中だけではない。周辺地域でも公園の入り口とか、一般住宅と少し距離がある場所が、ゴミ捨て場になっている。

 何で週二回のごみの回収の時に出さないのか?理由は簡単だ。家が狭くて生ごみを保管しておく場所がないからだ。生ごみの腐った匂いと同居できないから、悪いとは分かっていてもゴミを家の外に持ち出さざるを得ない。そういう人が多いはずだ。

 西成特区というなら、まずはいつでもゴミを出せる場所を一定間隔で公式に作れ!そうすればゴミの山も無くなるはずだ。道路など、金網で囲って何にも使っていない場所がたくさんある。こういうところをゴミ収集場所として指定すれば、みんなが助かる。誰も道路にゴミを捨てたくはないはずだ。           (労働者M)

[PR]
by nameken9 | 2013-10-23 09:48 | Comments(0)
国会議員、靖国に参拝して、日本は世界で孤立

 A級戦犯を祀り(まつ)上げている靖国神社に、またしても日本の国会議員が参拝(さんぱい)した。衆参両院で約150人が参拝した。閣僚では新藤総務大臣、古屋国家公安委員長(10月20日現在)が参拝した。

 安倍首相は、参拝はしなかったが供物(くもつ)を奉納した。参拝しなくても、東条英機らA級戦犯に対して敬(うやま)う意思を表明したのだから参拝したも同じである。

 公明党は安倍首相の行動について中国や韓国に配慮した結果で、賢明な判断と評価しているが、これは見当違いもはなはだしい。公明党幹部もこういうことを言っているようでは創価学会員から見放されるのではないか?

 日本に侵略された中国や韓国が批判するのは当然だが、アメリカも靖国参拝には批判的だ。日本を訪問したジョン・ケリー国務長官とチャック・ヘーゲル国防長官は10月3日、千鳥ヶ淵戦没者墓苑に参拝し、哀悼の意を示した。アメリカの閣僚が千鳥ヶ淵戦没者墓苑を訪れるのははじめてという。この行為には、暗に、日本の国会議員に対し、靖国に参拝することを自制するように促す意図がある。

 千鳥ヶ淵戦没者墓苑は、第二次世界大戦の折に日本国外で死亡した日本軍人・一般人のうち、身元が不明の遺骨や引き取り手のない遺骨を安置するため、1959年(昭和34年)につくられた。1953年にニクソン副大統領(のちに大統領)が日本を訪問したとき、靖国参拝を拒否したことから、千鳥ヶ淵戦没者墓苑の建立が企図されたという経緯がある。

 中国や韓国も、日本人が一般の兵員の戦士を悼み追悼する行為を批判しているのではない。事実、靖国神社がA級戦犯を合祀したことが判明した1979年までは首相や国会議員の靖国参拝を批判しなかった。

 安倍や靖国を参拝する国会議員は決まって「国のために命を捧げた御霊に崇敬の念を表すため」というがこれは逃げ口上で、「A級戦犯に崇敬の念を表している問題」については答えない、全く卑怯(ひきょう)としかいいようがない。こいつらが日本の国会を牛耳っている限り、日本は沈没する。           (砂山)

[PR]
by nameken9 | 2013-10-23 09:46 | Comments(0)
ヤマダ電機、初の赤字決算、中国からの撤退が響く

 ヤマダ電機は2013年4~9月期の決算で42億円の赤字に転落した。(前年同期は139億円の黒字)

 これは、5月に中国の南京(なんきん)店、6月に天津(てんしん)店が閉鎖に追い込まれ、特別損失を計上したため。ヤマダ電機は中国に5店舗進出の計画を持っていたが、あきらめざるをえなくなったという。

 なぜ閉鎖に追い込まれたかというと、「ヤマダ」という名前が、いま中国でさかんに放映されている抗日ドラマに出てくる「山田」という日本兵を連想させるからだという。「山田」という名称に中国の消費者が拒否反応を示したからという。

 これは、何もたまたま抗日ドラマに山田という日本兵が登場していたからという問題ではないだろう。もし今日本と友好的な関係が築かれているなら、そのようなことにはならない。日本の閣僚どもが靖国に参拝したりして、日本軍国主義を美化し礼賛しているからだろう。靖国参拝は日本経済にも大きなマイナスとなっている。
                        (砂山)

[PR]
by nameken9 | 2013-10-23 09:44 | Comments(0)
オスプレイは滋賀県に来るな!

オスプレイは欠陥機

 今、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場で日米共同訓練が行われている。
10月8日から始まり、18日までの予定だが、16日に事故多発欠陥機のオスプレイが参加する予定という。
 オスプレイはこれまでに何回も大きな事故を起こしている。7回の重大事故で36人の死亡が確認されている。小さな事故は数十回におよぶ。(米軍は事故を隠そうとするので、細かい真相はわからない。)
 最近では、8月26日、アメリカのネバダ州、クリーチ空軍基地近郊で着陸に失敗した。この事故について米軍当局は「ハードランディング」(硬着陸・・・逆噴射しない着陸)という表現に終始しているが、「沖縄タイムス」の記者が当時現場にいた海兵隊員たちに直接取材したところ、彼らは全員「クラッシュ」(墜落)と表現した。
 ミラマー基地所属のパイロットは、「(事故機は)着陸体制に入った途端、すぐに基地に戻る必要を示す警告ランプが点灯。機内に緊張が走ったそうだ」という。
オスプレイは着陸を促す警告ランプが点灯した場合、オートローテーション機能がないため、ただちに平坦な場所を探して着陸を試みる必要がある。
(オートローテーション機能というのは、空中でヘリのエンジンが停止しても、機体が落ちる時の空気の流れを利用してプロペラを回転させ、安全に軟着陸するヘリの基本的な安全機能で、この機能を駆使する技術がなければ、ヘリの操縦士にはなれない)
「周辺一帯、何もない平地だったのが幸いした。地面に突っ込むような形で着陸し、乗員が機内から外へ飛び出した後に機体は燃えはじめ、やがて黒こげとなったそうだ」

 つまり、オスプレイはエンジントラブルが起きた場合、かならず、どこかに滑走して着陸する必要があるわけで、ネバダの事故の場合はたまたま付近が誰もいない平坦な場所だからよかったが、沖縄や滋賀県のように周囲に住宅密集地がある場所では、住宅地に突っ込んで大惨事になるということだ。
a0114164_19315959.jpg


オスプレイの飛行は航空法違反!

 そもそも日本の航空法では、オートローテーション機能が不全なヘリコプターは飛ばすことができない。オスプレイが日本の空を飛ぶということ自体が、航空法違反、法律違反である。日米地位協定によって、米軍機は日本の法律を守らなくてもよいという治外法権の協定があるので、違法ではあるけれども飛んでいるのである。

 米軍は今回の演習で、オスプレイがどこを飛ぶのかについて明らかにしていない。どこを飛んで沖縄から滋賀県に行くのか?滋賀県のどこで訓練するのか?詳細を明らかにしていない。
これでは住民は避難しようにも避難もできない。いつどこからオスプレイが落ちてきても、巻き添えになって死ぬしかないということだ。
 防衛省は米軍の奴隷なので、米軍に対して飛行ルート、訓練ルートを明らかにするよう要求すらしない。防衛省は、日本の住民の安全や命よりも、米軍の軍事機密の方が大切なのだそうだ。

 安倍首相とアメリカへの忠誠度、奴隷度を競う大阪市の橋下市長は、今年の6月、大阪の八尾空港でオスプレイの訓練をすることを菅義偉官房長官に提案した。八尾空港での訓練は、狭いとか、給油施設がないとかで不可能ということになったが、橋下市長のこの発言が滋賀県でのオスプレイ訓練に口実を与えた可能性はある。
 これについて大阪府知事の松井は、これでオスプレイが滋賀県に来て、沖縄の負担軽減にもなるが、これは八尾空港を提案したからだと、自分や橋下の功績を自画自賛した。奴隷根性も極まれり、恐るべし、というほかない。
 「沖縄の負担の軽減のため」というが、沖縄の負担を「独立した国家として軽減するのか?」「アメリカの奴隷国家として軽減するのか?」が問われている。
 法律違反の飛行機を国内でおしつけあっていて、どうして独立国家と言えるのか?これでは、日本は法治国家でもなければ、独立国家、主権国家でもないことになる。
 オスプレイは沖縄はもちろん、日本から直ちにたたき出すのが当然である。
                         (永井)

[PR]
by nameken9 | 2013-10-16 19:32 | Comments(0)

特定秘密保護法に反対

特定秘密保護法に反対

 自民党は、今国会で特定秘密保護法案を国会に提出して成立させようとしています。

その内容は、
「国の存立にとって重要な情報」をそれを扱う行政機関が「特別秘密」に指定し、それを「漏らした人」と「それを知ろうとした人」を厳罰にするというものです。

しかし、よく考えてみると、「国の存立にとって重要な情報」であればあるほど、国民は知る必要があるのではないか?

 たとえば、今回のオスプレイが滋賀県で訓練する問題、何故直前まで秘密にしていたのか?国民や県民に知られると、反対運動が起きて具合が悪いからだ。住民、国民の安全や命よりも米軍の軍事機密の方が重要と考える連中が、この「特定秘密保護法」を作ろうとしている。
そもそも,いままで、どういうことが秘密にされてきたか?

 沖縄返還に際して、佐藤栄作とニクソンは、「核抜き本土並み」という共同声明を発表したが、裏では、有事の際にはアメリカは沖縄に核兵器を持ち込むことができるという秘密協定を結んでいた。

 また、沖縄返還協定に際して、「アメリカが地権者に払う土地の復元費用を、裏で日本政府がアメリカ政府に払って肩代わりする」という秘密協定も結んでいた。これは毎日新聞の西山記者が社会党の横路、楢崎両議員に情報提供して暴露され、「外務省機密漏えい事件」「西山事件」として有名で、先日亡くなった山崎豊子さんが「運命の人」という作品で描いている。

 原発問題でも、政府も東電も、原発の危険な状態、付近の住民が命の危険に陥るような状態については、常に隠そうとしてきたのではないか?

 つまり、今の政府の行政機関が秘密にしたい情報というのは、第一に、自分たちのウソ、国民への裏切り行為、住民の命の安全にかかわる情報である。
彼らは、自分たちが国民に監視されない状態で、自由に大企業とアメリカの奴隷でいられる環境を作りたいのです。今でも奴隷だが、これ以上奴隷になったら大変なことになります。特定秘密保護法は、国民主権を否定する憲法違反の法律です。断固として反対していきましょう。
                       (砂山)

[PR]
by nameken9 | 2013-10-16 19:27 | Comments(0)
季節外れの残暑のなか、10月なめ憲活動貫徹

  夏を思わせるような暑さとなった10月6日(日)、“なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会”の月例活動が行われた。

 この日午後1時すぎころ、釜ヶ崎のセンターでなめ憲活動への出発準備をしていると軽快な太鼓のリズムが聞こえてきた。みれば釜の住民票闘争や釜弾圧のとき一緒に闘った“カワンモラウ”のメンバーや釜の仲間の顔がみえる。聞けば10/12(土)、13(日)に釜の三角公園で行われる“釜ヶ崎ソニック2013”というコンサートの宣伝だという。早速その場でなめ憲のマイクを使って即興のアピールをしてもらった。

 太鼓のリズムの見送りをうけ天王寺公園東口に着いてみるとこれまた賑やかな音楽が聞こえる。こちらはアカペラのコンサートだという。われわれも、元気にアピールを開始した。

 今回は、現在アメリカの政府機関が閉鎖状態に陥っている問題を切り口にアピールを展開した。米議会で予算案を可決することができず起こった問題だが、元をただせば米財政のひっ迫がある。アメリカの没落を象徴するような出来事だ。アメリカもスンナリと没落してくれればよいが、そのツケを日本にもってきた。米軍にまわす金が無いから、米軍に替わって自衛隊がもっと防衛分担をしろという。いわゆる防衛大綱の見直しだ。アメリカに替わって中国を牽制しろという。アメリカの本音は、日本と中国をケンカさせてアメリカが漁夫の利を得るということだ。
a0114164_2082597.jpg

 しかし、見すごせないのが防衛大綱の見直しの中身だ。「先制攻撃」、「敵基地攻撃」を可能にするというのが問題の中身だ。明らかに憲法違反であり断じて許してはならない。
a0114164_20105056.jpg

 「アジアの時代をむかえた今、中国をはじめアジアと対立して日本の未来はない。『先制攻撃、敵基地攻撃』などといいだせば日本は警戒と疑念の対象となり信頼を失う。」「不戦の誓い平和憲法をまもり、信頼される日本、アジアの一員として日本の未来を切り開こう!」「大企業優先の政治は必ず破綻する。アメリカ自動車産業のメッカ・デトロイト市はGM救済に失敗し破産した。安倍首相や橋下市長の大企業優先の政治は第2第3のデトロイト市を、廃墟の街を日本に生みだす結果となる。」「消費税増税、法人税減税、TPP参加はアメリカとの無理心中計画だ。日本を廃墟にしてはならない。」などうったえた。
a0114164_2092422.jpg

 「アメリカの政府機関閉鎖」ということに驚いて中学生くらいの男の子が「これほんま?」ときいてきた。説明し「憲法を守ろう」と話すと大いに賛同し、街宣車(リヤカー)の「大阪の恥橋下は市長をやめろ!」の看板をみて、「そや!その通りや!」と言ってきた。「なんで?」と聞くとその子は「橋下はジコチュウ(自己中心)やから」とこたえた。
a0114164_2093957.jpg

 これだけ言論統制が巧妙に厳しくなった日本でも良識が息づいている思いがした。日本も捨てたものじゃないと実感した。塞いでも叩いてもわき起こる日本の良識が日本を救う。なめ憲活動を通じ日本の良心を大いに発揚し日本の未来を切り開こう。(報告 伊関)
a0114164_209551.jpg

              

[PR]
by nameken9 | 2013-10-08 20:12 | Comments(0)