次回11月12日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2014年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大阪城のこま犬学習会のご案内

 2/23の大阪城こま犬フィールドワークは、参加者35名をもって充実した内容で盛会裏に行うことができました。ありがとうございました。

 参加した方々から「よかったよ」「(こま犬略奪の真実に)目からウロコが落ちるおもいや」などの感想の声が寄せられました。

 逆に浮き彫りになったのが、侵略・略奪の歴史的真実を隠蔽する大阪市のこま犬説明板の存在です。歴史を隠蔽歪曲して日本の未来はありません。歴史認識を正す問題は喫緊の課題だといえます。

 この問題を掘り下げ、7月の「大阪城のこま犬に不戦の誓いをたてる集い」に向けた取り組みを話し合いたいと思います。

 大阪城のこま犬学習会にご参加ください。

大阪城のこま犬学習会

日時:4月6日(日)午後1時30分~
場所:西成区民センター・会議室1-2
(大阪市西成区岸里1-1-50、地下鉄四つ橋線岸里駅スグ・
地下鉄堺筋線、南海天下茶屋駅徒歩5分)
資料代:500円
連絡先:伊関 (090-4640-7638)

[PR]
by nameken9 | 2014-03-26 22:13 | Comments(0)
市長選挙、史上最低の投票率
大阪市民、橋下の「ワガママ選挙」にノー


 23日に投票があった大阪市長選挙は、投票率が23.59%だった。これはこれまでの投票率の最低記録28.45%を抜いて史上最低記録となった。大阪府知事の松井は「4人に1人も投票した」と強がって見せたがこれはちがう。「4人に1人さえも投票しなかった」というべきだろう。しかも棄権票が6万7506票(13.53%)、白票が4万5098票(9.04%)で、いずれも過去最高。

 今回の選挙は、橋下市長が、大阪都構想の中身を話し合う法定協議会で、大阪市を五つに分割するという維新の会の案が通らなかったことから、法定協議会をひっくり返そうとして行った選挙である。

 橋下の「ワガママ選挙」に大阪市民がソッポを向いたのは当然である。橋下のワガママのために大阪市民の税金6億3千万円が無駄に使われた。

 橋下はこれまで学童保育や民族教育の予算を無慈悲に削ってきた。貧乏人や民族教育に必要不可欠な予算を略奪してきた。

 橋下はこれまで朝鮮学校に支援してきた毎年たかだか数千万円から一億円程度の補助金まで打ち切ってきた(朝鮮学校の生徒と拉致問題は何の関係もないのにだ!)。これも6億円もあれば十分に復活できる額だ。朝鮮学校の先生は今、民族教育を守るために給料なしで仕事をしている。

 日本の地方自治は二元(にげん)代表制(だいひょうせい)が原則である。市長(行政)も直接選挙によって選ばれるが、市議会も直接選挙で選ばれる。市長も議会もともに住民の代表という考え方だ。だから市長が議会を解散することもできず、議会が市長を首にすることもできない。

 市長(行政)と議会の意見が食い違うときには、しっかり時間をかけて話し合い、解決の道筋をつけていくしかない。それでも解決できない時には、住民による市長解任のルール(リコール)や、直接請求のルールがある。行政、議会、住民が相互に権力を分担し、話し合いによって解決していこうという考え方である。

 「地方自治は民主主義の学校」という言葉がある。

 橋下は「首長選挙の結果がすべて」、「首長選挙で勝てばすべて住民から白紙委任された」という考えでいるようだが、これは全くの間違いであり、法律はそのようには決めていない。法律は、意見の違いを話し合いで解決していくことを求めている。法律は首長のワガママを許していない。(あいつ、ほんまに司法試験通ったのか?)

 橋下という人物は、違う意見の人とは話し合うことさえできない人のようだ。選挙が終わっても支持者の前に顔も見せない。こんな無礼なことをやっていれば支持者が遠ざかるのも無理はない。精神構造が大人になっていない。政治家になる資質など全くないのに、マスコミにかつぎ出されただけである。

 この史上最低の投票率は、橋下のワガママ選挙への「ノー」であり、それが今回の選挙に対する大阪市民の意思である。

 橋下の前の前の市長は関市長だったが、関市長は当時から市営地下鉄の民営化やら府市の二重行政の解消やら、今の橋下の都構想と同じことを言っていた。関も橋下も、ブレーンは上山信一、同じ人物だ。

 関市長は釜ヶ崎の住民票を職権消除した。それで釜ヶ崎の2088名の住民票と選挙権が奪われた。

 釜ヶ崎の大弾圧救援会は、橋下市政になってからも、釜ヶ崎の住民の選挙権を保障するよう要求し続けているが、橋下市政は無視し続けている。

 橋下は、議会もいらない、貧乏人の選挙権もいらないという考え方だ。その橋下の時代が終わろうとしている。この社会を根底で支えてきた釜ヶ崎労働者の力、この大阪を構成してきた多様な民族の多様な文化、これを理解できない人間には大阪市長の資格はない。釜ヶ崎が社会的に登場していく時代が始まろうとしている。
(いんば)

[PR]
by nameken9 | 2014-03-26 22:10 | Comments(0)
岸和田署、調書を事件から7年後に作ってごまかす!
甘すぎる処分、ほとんどオトガメなし!


 岸和田署の男性警部(41)は2005年5月に岸和田市内でおきた強制わいせつ事件で、実況見分調書を作っていなかったが、2011年12月に別の痴漢事件で捕まった男の指紋と、2005年の事件時の遺留(いりゅう)指紋(しもん)とが一致し、あわてて調書をねつ造、捜査報告書3通の日付もごまかした。また統括係長(54)と係長(39)は、あとの事件で面(めん)割(わ)りなどの捜査に着手せず、最初の事件は2012年5月に時効が成立した。

 この3人について、大阪府警は虚偽有印公文書作成、同行使の疑いで大阪地検に書類送検した。警察庁は男性警部を減給10分の1(1か月)、あとの二人を訓戒などの内部処分とした。
3人は「違法な行為とは思わなかった」と話している。

 7年後に作った調書など、内容もメチャクチャに決まっている。しかもこの3人が「違法な行為とは思わなかった」ということは、他にもしょっちゅうやっている可能性が高い。この3人だけでなく大阪府警全体で当たり前のようにやっているのではないか?

 それを裏付ける状況証拠として、この犯罪に対する大阪府警、警察庁の処分が甘すぎる。こんなもん、即懲戒免職だろう。ところがこの3人を懲戒免職にしたら、大阪府警の警察官、あいつもこいつもワンさと懲戒免職にせなあかんようになるから、甘い処分にせざるをえないのではないか?

 「調書の偽造、みんなでやれば怖くない」か?

 大阪府知事の松井!この腐りきった大阪府警をどうするのか?きっちり調査して、体質を根本から変革するのが、大阪府警の最高責任者ではないのか?教育にばかりくちばし突っ込んどらんと、腐りきった警察をなんとかせんか!             (労働者H)

[PR]
by nameken9 | 2014-03-26 20:04 | Comments(0)
<< 朝鮮学校関連の今後の裁判日程>>

○京都朝鮮第一初級学校襲撃事件裁判
  3月25日 9:50本館正面玄関集合 
        大阪高裁  (傍聴券配布)
○補助金裁判 
  3月26日 1:30集合(傍聴券配布)

○無償化裁判 
  4月11日 10:30集合(傍聴券配布)

[PR]
by nameken9 | 2014-03-26 20:02 | Comments(0)

最低賃金を上げろ!

最低賃金を上げろ!

 安倍は「法人税を引き下げたから賃金を上げろ」と経営者どもに頼み込んでいる。法人税の引き下げもそうだが、消費税を上げれば輸出企業には還付金がたくさん入ってくる。

 輸出する製品には消費税はかからないから、部品段階で徴収した消費税は最終的な製品企業が還付金として受け取る。トヨタやパナソニックのような輸出大企業は、消費税が3%も上がれば、年間数千億円のカネが「タナからボタモチ」でころがりこんでくる。少々の賃上げは痛くもかゆくもない。

 そういうわけで、一部上場の大企業は、2%~3%の賃上げには応じるようだ。しかし中小の下請けの労働者、派遣や日雇いの労働者にはその恩恵はありそうにもない。

 正規労働者と非正規労働者の賃金格差はますます開くばかりだ。

 わしらの賃金を上げるには、最低賃金を引き上げるしかない。今の大阪の最低賃金は819円。去年の10月にそれまでの800円から19円上がっただけだ。全国では鳥取や島根、沖縄が664円で一番安く、東京が869円で一番高い。地域の格差は物価などを勘案した結果である。

 大阪で819円という金額は、あまりにも安いのではないか。時給819円なら、一日7時間働いても5733円である。それでひと月に20日働いて11万4660円である。これでは生活保護とほとんど同じ水準である。

 ここを上げないことには、わしらの賃金も上がらない。今現実にはスーパーのパートの仕事など900円くらいだから、ここを1200円くらいにすれば、一日7時間で8400円、20日で16万8000円になるから、いまより少しは楽になる。最低賃金が上がれば、わしら建設の仕事も必ず上がる。

 最低賃金が1200円になれば、しんどい土工や鉄筋の仕事をする人はますます少なくなる。どうしても単価を上げざるをえなくなる。これはすべての産業でいえることだ。だから賃上げは「最低賃金の引き上げ」という国民的な運動をやらないとダメだ。

 これから就職するという学生、パートのおばちゃん、年金だけでは生活できないお年寄り、こういう人々がみんな集まって「最低賃金引き上げ運動」をやろう。

 安倍政権に最低賃金1200円(地域でばらつきはあるかもしれないが)を要求する運動をはじめる必要がある。労働者の利益を代表すると標榜(ひょうぼう)する共産党や社民党がこれに本腰を入れて運動しないから地盤(じばん)沈下(ちんか)が止まらない。        (永井)


[PR]
by nameken9 | 2014-03-20 22:38 | Comments(1)
なめ憲報告
ゆるさん!軍国主義復活
にらみ効かす「大阪城のこま犬」


 3月16日、天王寺公園東口で恒例のなめ憲活動を行いました。この日、訴えた事は二つあります。

 一つは、大阪城にあるこま犬のことです。このこま犬は、1937年7月7日、日本軍が北京で盧溝橋事件を起こし、さらに、天津市を爆撃し略奪してきた文化遺産なのです。そして、日本軍は、侵攻を続け、この年の12月には南京大虐殺まで引き起こしました。このこま犬は、そうした侵略の血ぬられた歴史の動かぬ証拠品なのです。しかし現在、大阪城のこのこま犬の説明板には侵略戦争のさなか略奪されてきたものであることが明記されていません。私たちは、二度と侵略の過ちを繰り返さないためにも、日本の侵略という歴史の真実、それに対する真摯な反省、不戦の決意の言葉を明記するように、大阪市に要請していこうということを訴えました。
a0114164_132766.jpg

a0114164_13271788.jpg

a0114164_13272725.jpg

 二つ目に訴えたのは、集団的自衛権の行使は、憲法違反だ!ということです。今、安倍首相はきちんとした憲法改正の手続きを踏むことなく、内閣の閣議決定で憲法解釈を変更し、集団的自衛権を行使できるようにしようとしています。これは、憲法に対する愚弄行為であり立憲主義の否定です。決して許されるものではありません。こんなことが、まかり通れば、アメリカが起こす戦争に日本もまきこまれてしまいます。アメリカの奴隷安倍首相は、すぐに辞めろ!と訴えました。
a0114164_13273922.jpg

a0114164_13275029.jpg

a0114164_13275939.jpg


[PR]
by nameken9 | 2014-03-20 22:35 | Comments(0)
集団的自衛権の行使は、憲法違反だ!

 安倍首相は、憲法で禁止されている「集団的自衛権の行使」について、今国会中(6月22日まで)に、内閣の閣議決定で憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使ができるようにしようとしている。しかし、「憲法をどう解釈するか?」をその時々の内閣の閣議決定で変更するなどと言うのは、憲法に対する冒涜(ぼうとく)である。立憲(りっけん)主義(しゅぎ)の否定(ひてい)である。

 安倍首相は「国際情勢の急激な変化」を「解釈改憲」の理由にしているが、戦争犯罪人がまつられている靖国神社に参拝したり、領土問題をことさら荒立てて中国や韓国を挑発しているのは安倍自身だ。

 「集団的自衛権の行使容認」は、実質的に憲法(けんぽう)九条(くじょう)の否定(ひてい)であり、今の平和憲法の根幹を否定することになる。それをやるなら、憲法改正の手続きに従って改憲するべきであって、国会を無視し、国民投票もやらないままに内閣の閣議決定だけで憲法解釈を変更するというのは、絶対に許されない。

 安倍首相は自分のお友達を集めて作った「安保法制懇」が、来月中に出す報告をもとに、「集団的自衛権の行使容認」を閣議決定すると言っている。

 「安保法制懇」の座長である柳井俊二は、「憲法九条の「国際紛争」とは、日本が直接かかわる紛争のことで、日本がかかわっていない紛争については、憲法は禁止していない」という「独自解釈」を主張している人物。また、同メンバーの北岡伸一は、「憲法九条は武力の行使は禁止しているが、武器の使用は禁止していない」と述べている。こういう荒唐無稽な「解釈」をシャーシャーと言っている連中が今の「安保法制懇」の中心メンバーである。安倍はこういう日本語も知らない「非見識者懇談会」の意見だけを聞き、憲法改正手続き無しで憲法を変えようとしている。

 そしてもしこれが通れば、日本が戦争を行うにあたっては、ほとんど何の制約も無くなる。それどころか、アメリカが戦争をやれば、自動的に日本も戦争に巻き込まれる。そういう強制力が必ず働くようになる。米軍基地を置く日本は、直接攻撃の危機にさらされる。中東の紛争に参加すれば、日本の原発は自爆テロやミサイル攻撃を覚悟しなければならない。安倍首相はアメリカの国益のために日本を売りに出している。アメリカの奴隷首相はすぐに辞めろ!  
                  (文責 砂山明)

[PR]
by nameken9 | 2014-03-20 22:33 | Comments(0)
橋下、マック赤坂氏をつまみ出す

 大阪市長選挙の話。立候補したマック赤坂氏が橋下の演説会場へ行って意見を述べようとしたら、会場のガードマンにつまみ出された。マック氏は告訴するという。この時の様子はネットでも流れているが、橋下の演説会場、体のデカいガードマンがびっしり周囲を取り囲んでいて、物々しい感じ。橋下がいかに敵が多いかわかる。前の選挙でもタウンミーティングやってて私も行ったことあるが、会場に入る前に金属探知機のゲートを通らされた。そして橋下には直接質問すらできず、橋下がしゃべって帰った後、他の維新の会の人間が質問を受ける形。サクラばかりが目立つ会場だった。

 橋下、せっかく対立候補が来てくれているのに、なぜ議論できないのか?議論すると負けるから?橋下は、法定協議会で都構想を話し合っていたのに、論理的に負けるとそこから逃げ出して市長選挙をやった。そして選挙では、今度は対立候補とも議論できないのか?橋下はもう終わっている。       (労働者 Y)

[PR]
by nameken9 | 2014-03-20 19:22 | Comments(0)
東日本大震災から3年
復興は何故進まないのか?

町をとりもどす前に、人々の生活を取り戻さねばならない!


 震災から3年ということで、東北各地では記念行事が行われ、マスコミも復興の特集をくんでいる。

 震災から3年もたつというのに、まだ避難生活を送っている人は全国で26万7千人もいる。計画されている災害復興住宅は、この3月末でやっと全体の9.1%が完成する見込みという遅さである。

 福島では、原発事故の収拾の見込みも明らかにならず、復興の道筋さえ見えていないという。

 復興のための予算は、使い切れない分がすでに3兆円以上積みあがっているという。

 お金はあるが、計画がまとまらないので、工事ができないということらしい。しかし、今回の被災者の中には高齢者が多い。悠長にかまえている時間はない。お年寄りにも早く安住の場所を用意してあげるのが人情というものだろう。

 テレビを見ていて思ったのは、町の100年、200年の計画と、人の住む住居を同じレベルで議論している点が、根本的に間違っているということだ。住居というのは、衣食住というように、毎日毎日の生活に欠かせないものだ。人間は住むところが無ければ生きていくことができない。これまで持家に住んでいた人が、急に仮設に入っても、心の安らぎをおぼえることはできない。とにかく早く住宅を作ることだろう。

 そのためには、まず、被災した宅地は国が全部買い取る。被災者はそのお金で家を建てる。どこに建てるかは、その地域の復興計画がどこまでできているかによって違うが、とりあえず建てる。

 土地は国が無償で提供する。家の建て替えが必要になる30年、40年の間に、高台移転などの抜本的な復興計画ができるようにインフラを整備する。格安の賃貸復興住宅も早急(さっきゅう)に建てる。

 今の計画の進め方だと、高台移転の高台を作るのに10年も20年もかかって、結局みんな亡くなるか他の地域に移転するかで、東北の地域そのものが廃墟と化してしまう。町を取り返さねばならないのは事実だが、その前に早く人々の生活を取り戻さなかったら、町を取り返すこともできなくなる。とにかく、早く人々の生活と生産活動を再開することだ。そのうえで、みんなでお金を稼いで、津波が来ても安心な町づくりをやっていったらいいのだ。最初から完全なものを作ろうとすると、いつまでたってもできない。地域全体を国有地にするという発想さえあれば、自由な町づくりが構想できる。(特に福島の放射能汚染地域は全地域を東電と国が買い上げて国有化し、復興計画に従って住民に使用権を再提供するということが必要だ。)(いんば)  
                               

[PR]
by nameken9 | 2014-03-11 22:02 | Comments(0)
朝鮮学校高校無償化・補助金裁判報告集会に参加して

 去る2月28日、朝鮮高校の授業料無償化と朝鮮学校への補助金支給を求める裁判の経過報告集会が、北区民センター大ホールにて行われました。

 オープニングは、朝鮮中級学校の生徒さんの民族楽器の演奏や舞踊で始まりました。そして、参加者も「君達が大きくなったら」という歌を練習して歌いました。この歌は、毎週火曜日府庁前で補助金復活を求めて行われている火曜日行動で歌われている歌です。

 その後、朝鮮高校の無償化裁判と朝鮮学校の補助金支給を求める裁判の報告がありました。高校の無償化適用を求める裁判では、朝鮮学校だけが、不当に無償化から除外されている経緯と裁判の経過が報告されました。自治体に対する補助金支給を求める裁判では、学習権が侵害されていることや他の外国人学校と比較して差別されていることは平等原則に反することなどを主張していくということでした。

 さらに、現場からのアピールということで、朝鮮高校の先生や城北朝鮮初級学校の保護者の方、火曜日行動に参加している人々、京都の朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会など、様々な立場の方々のアピールがありました。

 裁判の経過報告やいろんなアピールを聞いて感じたのは、結局、日本の植民地支配の清算が終わっていないということなのだと思います。日本の国として、歴史の真実を直視し、過去の侵略戦争に対して真摯に反省しなければなりません。そして、朝鮮学校の民族教育はとりわけ、日本人がそれを守っていく責任があると思いました。
報告 1%の底力 高橋

    <<今後の活動・裁判の予定>>
○朝鮮高級学校無償化連絡会・大阪 一斉行動
  日時:2014年3月12日(水)午後6時~7時
  場所: ①JR「京橋」駅
      ②JR「天王寺」駅
      ③阪急「上新庄」駅
○補助金裁判 3月26日 2:00 集合1:30(傍聴券配布)
○無償化裁判 4月11日 11:00 集合10:30(傍聴券配布)

[PR]
by nameken9 | 2014-03-11 21:58 | Comments(0)