次回8月27日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

次の日曜日は「なめ憲」です

 毎週第4日曜日、天王寺公園東口で、「平和憲法を守ろう」ということで、自分の意見を言う場を作っています。

 最近の数回は、「集団的自衛権の行使容認」の内閣決議を受けて、賛成か?反対か?のシールはり投票を行っています。

 だいたい、3対1で反対が多くなっています。

 来週も、同じくシールはり投票を継続します。

去年の12月6日に強行した「特定秘密保護法」は、今年中に施行の予定ですが、政府が行ったパブリックコメントでも、反対の意見が多く寄せられているようです。今からでも遅くありません。ただちに廃案にするべきです。国民主権を根本から踏みにじる悪法です。明らかに憲法違反の法律です。

 国民、住民の意見を無視し、国民、住民の命も安全も無視して原発の再稼働を進めようとしています。これも明らかに憲法違反です。

 米軍基地は明らかに憲法9条違反です。憲法違反の安倍政権を追放しましょう。

 9月28日(日)は、「なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会」の活動日です。意思表示の演説、投稿新聞の配布、シールはり投票の呼びかけ、などを行います。13時半、リヤカーを引いてセンター出発、14時から15時半ごろまで、天王寺公園東口で行います。ふるって参加を!
「なめ憲」で検索

[PR]
by nameken9 | 2014-09-23 14:30 | Comments(0)
センターを縮小する理由がわからない
(この記事は、昨日の萩ノ茶屋小学校での説明会の以前に投稿されたものです。)

 橋下が、センターの規模を縮小して地区内に移設する方針を示している。

 しかし、何で規模を縮小すると言っているんやろうか?もともとセンターは、路上求人をやめさせるためにできたと聞いている。しかし、今でも、 センターの周辺では路上求人があとをたたない。
センターを中心に半径100メートルくらいを歩いてみると、何十という寄り場があって、業者が車で迎えに来ている。センター職員もわかっていて、そこへ行って求人数を調査したりしている。

 本当は、センター職員は、センターの中で求人するように指導するべきと思うが、実際、そこらの全部の車がセンターへ入れるかというと、無理だろう。なぜなら、センターがせまいからや。

 そう考えると、センターはもっと広くする必要がある。
a0114164_14272017.jpg

 そもそも橋下は、釜ヶ崎の労働行政をどうしようと考えているのか?あるいは、考えたことがあるのか?

 東京では、東京オリンピックをするのに国立競技場を解体する計画だが、解体する職人がいないという。

 前、現場で出会った解体屋が、「わしら国立競技場の解体に行くことになるかもしれん」と言っていた。東京では、山谷が小さくなって、労働者の寄り場が小さくなったことが大きく影響しているのではないか?

 今、関西の建設業界の一翼を担っているのは、まぎれもなく、釜ヶ崎の労働者である。これから、どういうふうに大阪や日本を変えていくにしても、わしらのように身軽に全国を回れる労働者がいなければ、何もはじまらない。

 「維新」という言葉は間違っていると思うが、本当に日本を変革しようと思っているなら、わしらのような労働者を軽んじるはずがない。だから橋下らはウソッパチの詐欺師集団だということだ。

 センターを小さくするなんて、もってのほかだ。その前に橋下は早く辞めろ!                                     (永井)

[PR]
by nameken9 | 2014-09-23 14:28 | Comments(0)
橋下市長、相手にしてくれるのは在特会だけ?

 大阪市議会、維新の会は全くの孤立状態で、19日の本会議でも地下鉄民営化議案の採決は先送り、条例案など10議案を否決した。野党が橋下の暴走にストップをかけている状態だ。

 こうした中、橋下は、在特会と公開の場で面談すると話した。

 在特会というと、路上で在日の人たちに聞くにたえない差別をして喜んでいる連中だ。日本の司法当局でさえ有罪判決を出している連中だ。こういう治安対策の対象グループと公開で面談するということ自体、市長として間違っていると言わざるを得ない。

 ほな、橋下は、大阪の朝鮮学校に対してこれまで長年支給してきた補助金をカットしている問題について、朝鮮学校関係者と公開で話をしたことがあるのか?

 橋下は自ら「慰安婦制度は必要だった」といっている人物だから、在特会とは本音では気脈が通じるものがあるのだろう。

 在特会のヘイトスピーチは、徹底的に取り締まる問題であって、話し合う問題ではない。                                 (インバ)


[PR]
by nameken9 | 2014-09-23 14:25 | Comments(0)
沖縄知事選挙まで2か月を切る

 11月16日に投開票が予定されている沖縄知事選挙。

 これを前に、9月20日、辺野古の浜で新基地建設反対の集会がもたれた。沖縄各地から大型バスで詰めかけ、5500人が参加した。

 最新の沖縄県民を対象にした世論調査では、「辺野古基地建設反対」は
80%、圧倒的世論は「基地建設反対」だ。

 自民党が内々に調査したところ、次の知事選挙では、自民党が推薦する基地推進派の仲井(なかい)眞(ま)弘(ひろ)多(かず)現知事は、20ポイントの差をつけられて落選するとか・・・。

 翁(お)長(なが) 雄志(たかし)氏は現那覇市長で、市長選挙では自民党、公明党、民主党、新党改革の推薦を受けて当選した。今回の知事選挙では辺野古基地建設反対、オスプレイ配備反対などの立場をとっている。共産や社民の推薦を受けている。今回、地元の公明党は「建設反対」の意向が強く、「自主投票」ということだ。

 辺野古への新基地建設は、沖縄だけの問題ではない。アメリカの軍事力に頼って中国に対抗しようというふざけた戦略をえがく安倍政権を退陣させなければならない。
a0114164_14205244.jpg
                (毎日新聞 9月20日(土)20時49分配信)


(砂山)

[PR]
by nameken9 | 2014-09-23 14:22 | Comments(0)

日朝友好稲刈り、大盛況

日朝友好稲刈り、大盛況

 今年で18回目の日朝友好の米つくり、朝鮮学校の生徒さんとオモニ、アボジ、先生たち、そして日本の仲間が60名ほど集まって、能勢の田んぼで稲刈りをしました。今年はヌートリアの被害にあって収穫量は少ない目ですが、初めて参加した仲間もたくさんいて、大いに盛り上がりました。
a0114164_14162886.jpg

a0114164_14164271.jpg

a0114164_14165224.jpg

 この米つくりは、1995年、朝鮮民主主義人民共和国が大水害に会った時、共和国への支援米を作り始めたのがきっかけです。しかしこの数年間、日本政府による経済制裁によって、万景(まんぎょん)峰(ぼん)号が日本の港に入れないため、この人道支援米も共和国へ送れないできました。交流会では、「今度こそ、万景峰号の入港を願う」という声がたくさんきかれました。
一日も早い日朝国交正常化を実現しようと、みんなで唱和しました。
a0114164_14173447.jpg

a0114164_1417479.jpg

[PR]
by nameken9 | 2014-09-23 14:18 | Comments(0)

柏原市で綿花栽培

柏原市で綿花栽培

 柏原市というと、大阪府と奈良県の県境、ブドウ栽培でワインなどが有名だ。わたしは、柏原市雁(かり)多尾畑上(んどおばたじょう)徳(とく)谷(たに)地区へ4年前と3年前、草刈に行った。遊休農地再生ということで、行政から助成金がでた仕事だった。(麻生(あそう)が総理大臣の時にばらまいたカネ)

 草刈というが、生えているのは「草」というような生やさしいものではない。高さ3メートルにも4メートルにも育ったヨシ、イバラ、ツル、雑木が一面を覆っている密林だ。3万平方メートル以上あった。地元の人の話では、30年くらい手をいれたことがないという。草を刈ると、草が頭の上から自分のほうにたおれかかってくる。キーウィ畑は堅い鉄線でタナを作ってそこにツルを巻き付かせるが、その鉄線が残ったままだ。暑い夏の時期に、自立支援センターの仲間が、そこで毎日草刈機をふりまわした。

 その私たちが草を刈ったあとの一部で、綿花栽培がはじまり、柏原の地元企業とタイアップしてコットンの生産がはじまるという。かつてそこで汗を流したものとして、うれしいことだ。これが単なる行政の「やってます」宣伝に終わらないことを願う。

 しかし、その綿花畑はわずか700平方メートル、ほとんどの場所はまた草(くさ)茫々(ぼうぼう)になっている。

 若い農業の担い手を作ることが急務だ。それを個々の農家にまかせておいてできるわけがない。そこにこそ、行政が金を出すべきである。農業を再生すれば、水利事業も必要、圃場(ほじょう)整備(せいび)も必要、農業機械も作らないかん。そうするとわしらの仕事もたくさん出てくる。日本の産業全体が活性化するようになる。安倍のように、TPPで日本の農業を破壊して農産物は輸入に頼り、カジノ特区で金もうけをするなんていう考えでは、日本は必ず破滅する。              (いんば)

[PR]
by nameken9 | 2014-09-23 14:15 | Comments(0)
南美穂子の遺骨は一心寺に納骨しました。

 この『なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会』の活動を中心になってはじめた南美穂子、2012年9月19日に54才で亡くなってから、この19日で2年目になります。仏教では3回忌として法要する日ですが、南美穂子もわたくしも仏教徒ではありませんので、3回忌の法要は行いません。またいい機会があれば、彼女を思い出す集いも考えたいと思います。
a0114164_14322292.jpg

 南美穂子の遺骨は、十津川の墓に埋葬していますが、8月の盆前に、一心寺にも分骨して納骨しました。納骨堂に安置されています。また会いに行ってやってください。謹んでご報告とさせていただきます。

(南美穂子の夫 山橋宏和)

[PR]
by nameken9 | 2014-09-23 13:53 | Comments(0)
スコットランド独立か?18日住民票投票

 イギリスの北部のスコットランド(面積はイギリスの三分の一、人口は12分の一、530万人)が独立するかどうか、住民票投票が18日に行われる。

 世論調査では5分で、ふたを開けてみないと、全く予想がつかない状態らしい。

 スコットランドは、もともとイングランドとは異なる歴史をもつ王国でしたが、1707年にイングランドに併合されました。イングランドは、スコットランドの炭鉱を閉鎖したり、人頭税を導入したり、スコットランド経済に不利な経済政策を進めたため、不満が蓄積していました。1975年から北海油田の生産がはじまり、「スコットランドの富がイギリスに吸い上げられている」、「独立した方が油田の収益でスコットランド経済はうるおう」という考えが広がったため、独立機運が盛り上がったようです。

 イギリス政府は必死に独立を思いとどまるようにキャンペーンをしているようですが、これどうなるかわかりません。独立となれば、世界経済にも大きな影響があることは間違いありません。

 日本では、11月16日投開票の沖縄知事選挙があります。沖縄でも最近は「独立論」が勢いを増しています。スコットランドの住民投票は日本にも影響がありそうです。

 知事選の争点は、辺野古に新しい米軍基地を作るかどうかです。

 主な立候補者、現職の仲井(なかい)真弘(まひろ)多(かず)氏(75)は辺野古基地建設を推進、翁(お)長雄志(ながたけし)氏(沖縄県那覇市長)(63)は辺野古基地建設絶対反対を主張しています。

 日本の歴代政権、沖縄を犠牲にし続ける政治に今こそ終止符を打たねばなりません。今の日本の政権では、沖縄独立の主張が登場してくることは、避けられないことです。(砂山明)


[PR]
by nameken9 | 2014-09-23 13:20 | Comments(0)
5日の防災訓練、何のため?

 9月5日、大阪府で防災訓練が行われた。訓練は午前11時に府内で地震が発生し、3分後に大津波警報が発令されたという想定で実施された。

 防災訓練といっても、携帯電話にメールを流したり、施設のスピーカーや屋外スピーカーで警報を知らせるというもの。11時3分にメールが配信されたという。私の携帯には機種が古いからか、メールは配信されなかった。この時間、家にいたが、どこかでスピーカーがなっていることはわかったが、どこで何を言っているのかさっぱりわからなかった。

 実際に津波が来ていたら、私は取り残されていたかもしれない。

 まず、この防災訓練で抜け落ちているのは、住民に避難場所が全く知らされていないことだ。津波なら、高いところへ逃げるしかないが、どこへ逃げるのか、事前に徹底した広報が必要だろう。その前に、そもそも大阪府や大阪市は全住民の避難計画を作っているのか?

 津波が来そうになったら、西成署の上の階を開放するとか、西成区役所の上を開放するとか、ハルカスを全面開放するとか、そういう避難場所を決めて、実際に避難してみる訓練が必要である。

 携帯電話なんて持っていない人もたくさんいるわけだから、やはり屋外スピーカーでの連絡を中心にするべきだ。各小学校のスピーカーで知らせるらしいが、場所によっては音が届かない場所もあるだろう。特に来年からはこの地域の三つの小学校を廃校にするのだから、その地域は広がる。ちゃんと対策は考えているのか?

 「メールが来たか来ないか」なんて、行政がやる訓練のレベルではない。津波がくれば地下街や地下鉄は一番危ない。そして地下は一番電波が届きにくい場所だ。津波が来た時に地下からの避難はどうするのか?大阪府、大阪市は考えているのか?避難計画を持っているのか?住民に知らせているのか?

 今回の訓練は、「やっています」というアリバイ作りの「防災訓練」でしかない。人気取りではない、本当に必要な訓練をやれ!松井や橋下は維新の会の党利党略のためにばかり走り回っているが、府知事、市長の仕事をまじめにやれ!                   (いんば)

[PR]
by nameken9 | 2014-09-12 21:45 | Comments(0)
アメリカ、イラクでの空爆をやめろ!


 アメリカはイラクで「イスラム国」に対して空爆している。

 オバマ大統領は5日、この「イスラム国攻撃」の国際的(こくさいてき)連携(れんけい)を訴えた。アメリカだけでは無理だと訴えたようなものだ。

 アメリカはこれまでに100回以上空爆したが、アメリカのAFP通信によると、このイラクにおける空爆やその他の軍事行動で、米軍は一日に7600万ドル(約80億円)使っていると報じた。

 もともとこの「イスラム国」というグループは、シリアのアサド政権を倒すためにアメリカなどが支援して勢力を拡大した。(ちなみにビンラディンらアルカイダは旧ソ連・アフガニスタン戦争の時に、やはりアメリカが養成した武装グループだ。)

 アメリカは自分が育てた武装勢力と戦っている。

 アメリカ人ジャーナリストらが殺害される映像がネットで流されているが、黒覆面の男は空爆をやめるように訴えている。アメリカによる空爆で、おそらくそれ以上の罪のない住民が殺害されているのだろう。

 アメリカはイラクのフセイン政権を打倒するために、フセインはアルカイダを支援しているとか、イラクには大量破壊兵器があるとデマを流してイラクを侵略した。今ではアメリカでも「これはウソだった」と考えられている。

 アメリカはイラクの主権を踏みにじり、多くのイラクの人々を殺害し、イラクを混乱の極みにおとしいれた。今のイラクの無政府状態はアメリカが作り出したものである。

 アメリカはこれ以上空爆しても得るものは何もないだろう。ただちに空爆をやめて、中東から引っ込むべきだ。この問題はアメリカのような侵略国には解決できない。中東諸国が自主的に解決の道筋を探し出すしかないだろう。                   (永井)

[PR]
by nameken9 | 2014-09-12 21:43 | Comments(1)