次回6月25日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は、なめ憲(なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会)活動に多大のご協力を頂きまことに有難うございます。
 本年も《なめ憲》で平和憲法を守り、安倍右傾化路線をぶち破り軍国主義復活を断固阻止すべく奮闘してまいりたいと思います。
 共にがんばりましょう!今年もよろしくお願いします。

2015年元旦
なめるな国民を!守ろう憲法!憲法えお守る意思表示の会


氷雨をついて貫徹
2014年最後のなめ憲


 12/28(日)冷たい冬の雨がそぼ降る中2014年最後のなめ憲活動がおこなわれた。今回も「集団的自衛権行使容認」を支持するか否かのシール貼り投票をおこなった。
a0114164_18281456.jpg

a0114164_1812222.jpg

 活動開始と同時に降り始めた氷雨。大降りこそしなかったものの底冷えのするなか通行人もまばら。しかし、悪条件にもかかわらず9名の方が「集団的自衛権行使容認」を「支持しな」いのブルーシールを貼ってくださった。シール貼り投票の呼びかけに応じ手袋をはずし、あるいは傘をたたみ貼って頂いたブルーシールは着実に数を増した。
a0114164_18103837.jpg

a0114164_1829710.jpg

 ちなみに、「集団的自衛権行使容認」を「支持する」のレッドシールは今回0だった。手袋をはずし、傘をたたんでまで「集団的自衛権行使容認支持」の意思表示をしようという人は皆無だった。
a0114164_18151661.jpg

 今回のシール貼り投票数は「わからない」の2票も含め11票と例月に比べ少ない数となった。しかし、悪条件にもかかわらず断固として意思を示す方々が存在すること、そして示された民意は「集団的自衛権行使容認を支持しな」というものだった。
a0114164_18144527.jpg

 「集団的自衛権行使容認」の閣議決定以降、マスコミはこの問題について何も言わなくなっているが、実際に集団的自衛権を行使できるようにするためには自衛隊法をはじめ関連する様々な法律を改正する必要がある。今後の国会の動きが重要となる。閣議決定で終わったわけでは決してない。民意を示すのはこれからだ。「集団的自衛権行使容認を支持しな」という民意を大きな声をあげましょう。

[PR]
by nameken9 | 2014-12-31 18:28 | Comments(0)
平和憲法を守る投稿新聞 NO5

シール貼り投票でしめそう民意 
  「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を
「支持する」赤● 「撤回すべきだ」青● 
「わからない」黄●


戦後最低の民意
a0114164_17523834.jpg


民主主義の危機。
これでは、白紙委任状だ!


選挙へ行って思ったこと

 選挙はおおかたの予想どうりの結果になった。自民党公明党は、ひきつづき国会で絶対多数を確保した。
しかし、今回、選挙へ行って、小選挙区の候補者の名前を見てびっくりした。

 この大阪3区は、公明党と共産党の二人の候補者しかいない。二者択一である。政党支持率は、公明党が3%台、共産党が2%台くらいのものだろうから、5~6%の人には投票したい候補者がいるのだろうが、あとの90%以上の選挙民は、白票を出すか、比較して消去法で「どちらかといえばこっち」ということで入れるしかない。

 こんな選挙がどうして民主主義と言えるのか?

 それなら、中選挙区制度にして、大阪全体で何人という選挙なら、候補者もたくさんの中から選べるから、多くの選挙民が意中の候補者に一票を投じることができる。

 今の小選挙区制度では、政党がたくさんひしめいている中では、たとえ数%しか支持がなくても、その中で一番支持が多ければ、絶対多数をとって独裁政治ができる仕組みだ。

 これでは。選挙民の足が投票所から遠のくのも無理はない。今回の投票率は52%くらい、これまでの最低投票率が59%だったそうで、それを大幅に下回ったという。
a0114164_17565971.jpg

(あれは、まだ5年前のことだが・・・)

 投票率が下がって議席数が増える政権というのは、果たしてそんなに長続きするのだろうか?国民がしっかり発言しさえすれば、いつでもひっくり返る政権ということでもある。事実、第一次安倍政権は民主党にひっくり返された経験がある政権であり、民主党がだらしないというだけの理由で復活したゾンビ政権だ。民主党に代わる、しっかりと人民の意見を代表できる政権が登場しさえすれば、すぐにもひっくり返すことができる。
今回は憲法があぶない。経済もあぶない。沖縄の「オール沖縄」の闘いに学んで、日本全体でも、すべての政党や思想信条のカベを取り除いて、「平和憲法を守ろう」「生活を守ろう」という闘いを始めていかねばならない時である。        (労働者H)

憲法、本当に変えていいんですか!?

 「自民圧勝」の文字が紙面を埋めました。改憲に向け4年間の白紙委任状を安倍政権は得たのです。
 私は日本人の矜持として、この「なめ憲」活動を通じ確固として護憲を訴えます。愛する日本の未来の為に。 (伊関)

侵略を反省することができない安倍政権は政権の座から引き落とされる運命だ!

 安倍政権は国民を騙すペテン師だ。過ちを反省しない人は人間的にも成長できないとよく言われるが安倍首相もそうだ。経済の面でも政治、外交の面でもこんな人に任せていては日本はえらいことになる。平和憲法は国民が絶対に守らなければならない大切な物。日本人の良心を発揮し団結し、安倍政権に一撃を与えよう!
(たむら)

今回の衆議院選挙は、誰のための選挙なのか?
 
 衆議院議員選挙が終わった。予想通り、安倍自民党と公明党が過半数を占めた。結局、選挙前と選挙後は何も変わらない。今回の選挙でまた無駄にお金を使って、何の意味があったのか?それは、今選挙しないと、もう支持を得ることができない安倍のための選挙であった。 しかし、最低の投票率でこれが民意と言えるだろうか?

 安倍内閣は、今後憲法改悪を進め、日本を戦争できる国にして、アベノミクスによる貧富の差は、拡大していくだろう。私たちは、安倍に日本の未来を委ねるのではなく、今こそ本当の民意を結集し、平和な日本を築いていかなければならない。(高橋)

[PR]
by nameken9 | 2014-12-31 18:04 | Comments(0)
12月13日、
大阪でも南京大虐殺の犠牲者を追悼


 さる12月13日夕、大阪城のこま犬の前で、南京大虐殺犠牲者への追悼を行った。そのあと、メイン会場のドーンセンターへ移動し、6時半より「追悼集会」を行った。こま犬前での追悼では、駐大阪中国総領事館の副総領事もあいさつされた。

 大阪城のこま犬は、日本軍が南京へ侵攻途上の1937年7月29日、天津を爆撃し、天津市政府庁舎前から略奪してきたものである。

 主催者はあいさつで、「南京大虐殺犠牲者への追悼式は、本来日本政府が主催して行うべきであるが、今の政権にはやる意思がない。今回は有志で行ったが、徐々に大きな規模にしていき、将来は政府主催として、行えればよいと思う。」と述べた。
a0114164_17341357.jpg


 77年前の1937年12月13日、日本軍は当時の中国の首都南京に侵攻し、殺人、放火、強姦、ありとあらゆる暴虐を尽くし、30万人以上におよぶ南京市民を虐殺した。中国ではこれまでも12月13日には毎年追悼会が行われてきたが、今年からは、9月3日の抗日戦争勝利記念日と共に、国家行事として行われることになった。12月13日午前、中国南京では習国家主席が出席し、国家行事としては初めての追悼式が行われた。

 この南京での追悼会には,永年にわたって、当時の生存者の方々と、日本の加害兵士達の証言を記録してきた松岡環さんも招待された。
 
 ドーンセンターの集会では、CCTV(中国中央テレビ)が放映した式典会場の様子を見ながら中国南京にいる松岡環さんとネットで交信した。
a0114164_17344533.jpg

a0114164_17345413.jpg


 南京攻略戦に参加した元日本軍兵士の証言ビデオを上映。

 そのあと、「日本軍が起こした性暴力・『慰安婦』問題」と題して方(パン)清子(チョンジャ)さん、「歴史を歪曲する教科書は子供に渡せない」と題して伊賀正浩さんが講演を行った。

 方さんは、今年8月、朝日新聞が吉田清治証言を取り消したことを皮切りに、「慰安婦制度」はなかったかのごとき報道がまかり通っていることを批判した。・・・1993年に「河野談話」が発表された時点ではすでに「吉田清治証言」の信用性は問題になっており、「河野談話」の発表には影響を与えていない。「慰安婦」問題を国際社会に広げ、日本の名誉を傷つけているのは安倍首相自身の誤った歴史認識とその言動にある。・・・
伊賀正浩さんは、今の右翼の「新しい歴史教科書をつくる会」系の教科書における「南京大虐殺」に関する記述を、他の教科書や、以前の教科書と比べながら具体的に説明された。今の政府が子供たちになるべくかつての日本軍の蛮行を教えないようにしようとしているのがよくわかる話だった。

 集会場では、中国メディア、人民日報、新華社、江蘇省テレビ(南京市がある省)、および日本の朝日新聞、大阪日日新聞などが取材した。参加者は100名、来年のVJ70 (抗日戦争勝利70周年)では、歴史の真実を広く知らせるために連携をとってがんばることを約束しあった。
a0114164_17353243.jpg

                                 (文責 いんば)

[PR]
by nameken9 | 2014-12-31 17:37 | Comments(0)
11月23日の「なめ憲」

 この日の活動は常連のメンバーがいろいろ用事があって欠席、3人で行った。
13時、リヤカーで事務所を出発、三角公園を通ってセンターへ。センターで少し待機して13時半に出発、天王寺公園へ。
 
 三角公園を通りかかった時、「いつもがんばってた姉ちゃん、最近見いひんなあ」と話しているのが聞こえた。ああ、南美穂子のことを言うてるのやなあと思った。彼女は今でも釡のおっちゃん達の心に生きてるんやなあ・・・。
a0114164_17261056.jpg

 今回も、「集団的自衛権の行使容認決議に、賛成ですか、撤回すべきですか」のシールはり投票を行いました。「賛成2、撤回すべき17」という結果でした。

 この日の私のアピールは、安倍が衆議院を解散したことについて、色々話をした。

 ・・・アベノミクスで格差はますます開いた。このままアベノミクスを続ければ、日本経済は破綻する。それは来年かもしれないし、再来年かもしれない、しかしそれから解散したのでは自民党は惨敗だから、まだ少しは人気のある今のうちに解散したにすぎない。自民党自身、アベノミクスの失敗はうすうすわかっている。隠しているだけだ。このウソにだまされてはいけない。次の選挙ではアベノミクスではなく、労働者の賃金を上げる、消費税を減らす、社会福祉を充実させる、労働者の生活を底上げする経済政策を行う候補者にいれましょう。

 そして、アメリカのいいなりになって、平和憲法を変えるような政党には入れてはなりません。
a0114164_17264270.jpg

 沖縄の県知事選で辺野古新基地建設に反対した翁長氏が圧勝したことについても話をした。・・・今回の沖縄県知事選挙の素晴らしかった点は、政党のカベをぶち破ったことです。自民党も公明党も共産党もない、オール沖縄で新基地建設に反対しました。
次の衆議院選挙でも、この沖縄の闘いに、日本全体が学ぶべきです。アベノミクス反対、格差反対、原発再稼働反対、平和憲法を守ろう!、このスローガンなら、すべての政党の中にたくさんの賛同者がいるはずです。政党のカベをぶち抜く闘いをしましょう。

 そんなことをしゃべっていたら、すぐ横でたい焼きを売っていた露店のオッチャンが、「ごくろうさん、がんばってや」と言って、3人にたい焼きを差し入れてくれた。「ありがとう、感謝感激」

 また、演説している横へ酔っ払いのオッチャンが構って欲しいのか、すぐそばに顔を近づけてきて話を聞き出すと、たい焼きのおっちゃんがまたやってきて、「一生懸命やってはるんやから、そんなんしたらあかんあかん」と言って、あっちへ引っぱっていってくれた。

 また、修学旅行生がやってきて、生徒が一斉にシール貼りをしてくれそうな雰囲気になったが、そこへ先生が飛んで入ってきて、「したらダメダメ」とシールはりの板の前に両手を広げて立ちふさがった。(先生!日本の学校では民主主義教育はやってないの?)

 これが今の文科省のやり方?情けない!

 たとえ少人数でも、動けばそこに必ず渦(うず)ができる。波が起きる。
     (いんば)

[PR]
by nameken9 | 2014-12-31 17:28 | Comments(0)
大阪府警よ!チカンは犯罪です!

 大阪府警は19日、警察学校の教え子だった20代の女性警察官をおどし、体に触ったとして、強制わいせつ容疑で逮捕した捜査4課の大川博之警部補(43)を懲戒免職にした。

 大阪地検は19日、警部補を不起訴処分にした。地検は不起訴にした理由を明らかにしていない。
a0114164_8273119.jpg

        (女性に肉体でアピールする大阪府警のポスター)

 大川容疑者は10月2日まで警察学校の教官で、女性の指導役だった。逮捕容疑は10月11日深夜、大阪市内の職員官舎で、女性が寝ていた布団に入り、「声を出したら聞こえるぞ」などと脅迫。胸や尻を触ったとしている。官舎は女性の同僚宅だったが、同僚は別の部屋にいた。

 府警によると、大川容疑者は11日午後、別の女性警官を含む3人で居酒屋などで食事をした際、途中で2人きりになると、「お前の家に泊まる」と迫った。警戒した女性は大川容疑者とともに同僚女性の官舎を訪ねたという。女性が別の同僚らに被害を相談した。(11月30日毎日新聞)

 府警によると、大川容疑者は11月29日の逮捕当初は容疑を否認していたが、その後「欲求を満たすためにやった」と認め、ほかにも警察学校で授業を担当した複数の女性にわいせつな行為をしたことがあると明かした。

 府警は「被害届や告訴がなかった」として、他の立件は見送った。
a0114164_8281938.jpg

 大阪府警は駅などに「チカンは犯罪です」というポスターを貼っているが、身内のチカン犯罪に対しては甘すぎるのではないか?

 懲戒免職は当たり前としても、起訴もしないというのは、女性の人権をどう考えているのか?大阪府警自身、チカンは犯罪だということをわかっていないのではないか?

 『被害届や告訴がなかった』というが、警察の方でそれを抑えているのではないかとかんぐられても仕方ない。大阪府警というのは、どうしてこんなに性犯罪者が多いのだろう?・・・・ああ、そういえば前の大阪府知事、「慰安婦制度は必要だった」と発言した人物だったなあ。下の男性警察官がそうなるのも無理ないか?                            (労働者H)

[PR]
by nameken9 | 2014-12-24 08:29 | Comments(2)
橋下市長、入れ墨(ずみ)裁判に敗ける!
控訴するなら自分で裁判費用を出せ!


 大阪市は2012年、教育委員会を除く全職員に対して、入れ墨があるかないか、あるとしたらどこにあるか、などを問う調査を行った。この調査に6人が応じなかった。大阪市はこの6人を戒告処分とした。

 このひとりのバス運転手、大阪市交通局所属の安田匡さん(56)は、調査は憲法違反として訴訟をおこしていたが、その判決が17日、大阪地裁であった。

 判決によると、入れ墨調査は大阪市の「個人情報保護条例」に違反するとして、戒告処分と運転手から転任させた転任処分を取り消し、損害賠償110万円の支払いを大阪市に命じた。

 これはきわめて当たり前の判決である。ところが橋下はいまだに最高裁まで争うということを言っている。裁判費用は当然、橋下自身がはらうべきである。

 大阪市の前の前の市長、関市長は、第一期目のとき、大平光代さんという女性を助役に任じたが。彼女の背中には「観音様に蛇」の入れ墨があった。
a0114164_8202126.jpg

 彼女は中学生の時にイジメに会い、割腹自殺を図ったり、16歳で暴力団の組長と結婚したりという青年時代を送るが、のちに父親の友人で養父となる大平氏との出会いがきっかけで、人生をやり直す決意をし、猛勉強して司法試験に合格して弁護士になる。
 
 2000年、彼女は自分の波乱の半生を書いた「だから、あなたも生き抜いて」という本を出版し、260万部というミリオンセラーとなる。彼女は今もイジメや性犯罪、子供の虐待を無くす活動を地道に続けている。

 入れ墨があるからどうの、無いからどうのという、こういう考え方自体が、いじめや虐待を生み出しているのではないか?

 入れ墨がある人間が職員失格なのではなく、入れ墨調査をした人間こそ、大阪市職員失格、政治家失格、教育者失格であると思う。                        
(インバ) 

[PR]
by nameken9 | 2014-12-24 08:23 | Comments(0)
本当に雇用は増えたの?
来年の景気は?
わしらの生活は?


 安倍首相は「この2年間で100万人の雇用を作った」と自慢するが、実際には正規雇用が22万人減って、非正規雇用が123万人増えたのだという。

 父親の給料では生活できなくなって、妻や子供までが仕事しなければならなくなったというのが実際のところのようだ。

 給料の方も、物価の上昇の方が大きいし、パートや日雇いなどの非正規雇用が増えた分、実質賃金は下がっている。
a0114164_8145094.jpg
 
 アベノミクスはお金を大量に印刷して見かけの景気を上げているだけだが、このやり方は必ず失敗する。お金をたくさん発行すれば、お金の値打ちは下がる。お金の値打ちをうすめて、収入が同じなら貧乏になる。
一方、お金が大量に出回るから、行き場のなくなったお金は株などの投機に向かう。株は上がる。株を持っているところへはタナからボタモチでお金がころがりこむ。

 アベノミクスは、貧乏人からお金を吸い上げて金持ちのところへ持っていくための政策だ。

 しかし、世間の人間がほとんど貧乏になるから、誰も何も買えなくなる。工場は何を作っても売れなくなる。経済は破綻する。それが来年になるのか、2年後、3年後になるのかはわからないが、近々必ず来ることは間違いない。安倍首相、今は4年間は政権をもらったと思っているだろうが、その前にまた腹痛が起きて選挙になるかもしれない。  (砂山明)

[PR]
by nameken9 | 2014-12-24 08:17 | Comments(0)
12月13日、
大阪でも南京大虐殺の犠牲者を追悼


 さる12月13日夕、大阪城のこま犬の前で、南京大虐殺犠牲者への追悼を行った。そのあと、メイン会場のドーンセンターへ移動し、6時半より「追悼集会」を行った。こま犬前での追悼では、駐大阪中国総領事館の副総領事もあいさつされた。

 大阪城のこま犬は、日本軍が南京へ侵攻途上の1937年7月29日、天津を爆撃し、天津市政府庁舎前から略奪してきたものである。
 
 主催者はあいさつで、「南京大虐殺犠牲者への追悼式は、本来日本政府が主催して行うべきであるが、今の政権にはやる意思がない。今回は有志で行ったが、徐々に大きな規模にしていき、将来は政府主催として、行えればよいと思う。」と述べた。
a0114164_873577.jpg

 77年前の1937年12月13日、日本軍は当時の中国の首都南京に侵攻し、殺人、放火、強姦、ありとあらゆる暴虐を尽くし、30万人以上におよぶ南京市民を虐殺した。中国ではこれまでも12月13日には毎年追悼会が行われてきたが、今年からは、9月3日の抗日戦争勝利記念日と共に、国家行事として行われることになった。12月13日午前、中国南京では習国家主席が出席し、国家行事としては初めての追悼式が行われた。

 この南京での追悼会には,永年にわたって、当時の生存者の方々と、日本の加害兵士達の証言を記録してきた松岡環さんも招待された。
 
 ドーンセンターの集会では、CCTV(中国中央テレビ)が放映した式典会場の様子を見ながら中国南京にいる松岡環さんとネットで交信した。
a0114164_883219.jpg

a0114164_884390.jpg

 南京攻略戦に参加した元日本軍兵士の証言ビデオを上映。

 そのあと、「日本軍が起こした性暴力・『慰安婦』問題」と題して方(パン)清子(チョンジャ)さん、「歴史を歪曲する教科書は子供に渡せない」と題して伊賀正浩さんが講演を行った。

 方さんは、今年8月、朝日新聞が吉田清治証言を取り消したことを皮切りに、「慰安婦制度」はなかったかのごとき報道がまかり通っていることを批判した。・・・1993年に「河野談話」が発表された時点ではすでに「吉田清治証言」の信用性は問題になっており、「河野談話」の発表には影響を与えていない。「慰安婦」問題を国際社会に広げ、日本の名誉を傷つけているのは安倍首相自身の誤った歴史認識とその言動にある。・・・

 伊賀正浩さんは、今の右翼の「新しい歴史教科書をつくる会」系の教科書における「南京大虐殺」に関する記述を、他の教科書や、以前の教科書と比べながら具体的に説明された。今の政府が子供たちになるべくかつての日本軍の蛮行を教えないようにしようとしているのがよくわかる話だった。

 集会場では、中国メディア、人民日報、新華社、江蘇省テレビ(南京市がある省)、および日本の朝日新聞、大阪日日新聞などが取材した。参加者は100名、来年のVJ70 (抗日戦争勝利70周年)では、歴史の真実を広く知らせるために連携をとってがんばることを約束しあった。
a0114164_89369.jpg

                                 (文責 いんば)

[PR]
by nameken9 | 2014-12-24 08:10 | Comments(0)

選挙へ行って思ったこと

選挙へ行って思ったこと

 選挙はおおかたの予想どおりの結果になった。自民党公明党は、ひきつづき国会で絶対多数を確保した。

 しかし、今回、選挙へ行って、小選挙区の候補者の名前を見てびっくりした。

 この大阪3区は、公明党と共産党の二人の候補者しかいない。二者択一である。政党支持率は、公明党が3%台、共産党が2%台くらいのものだろうから、5~6%の人には投票したい候補者がいるのだろうが、あとの90%以上の選挙民は、白票を出すか、比較して消去法で「どちらかといえばこっち」ということで入れるしかない。

 こんな選挙がどうして民主主義と言えるのか?

 それなら、中選挙区制度にして、大阪全体で何人という選挙なら、候補者もたくさんの中から選べるから、多くの選挙民が意中の候補者に一票を投じることができる。

 今の小選挙区制度では、政党がたくさんひしめいている中では、たとえ数%しか支持がなくても、その中で一番支持が多ければ、絶対多数をとって独裁政治ができる仕組みだ。

 これでは。選挙民の足が投票所から遠のくのも無理はない。今回の投票率は52%くらい、これまでの最低投票率が59%だったそうで、それを大幅に下回ったという。
a0114164_17571370.jpg

a0114164_17574384.jpg

      (あれは、まだ5年前のことだが・・・)

 投票率が下がって議席数が増える政権というのは、果たしてそんなに長続きするのだろうか?国民がしっかり発言しさえすれば、いつでもひっくり返る政権ということでもある。事実、第一次安倍政権は民主党にひっくり返された経験がある政権であり、民主党がだらしないというだけの理由で復活したゾンビ政権だ。民主党に代わる、しっかりと人民の意見を代表できる政権が登場しさえすれば、すぐにもひっくり返すことができる。
今回は憲法があぶない。経済もあぶない。沖縄の「オール沖縄」の闘いに学んで、日本全体でも、すべての政党や思想信条のカベを取り除いて、「平和憲法を守ろう」「生活を守ろう」という闘いを始めていかねばならない時である。                
(労働者H)

[PR]
by nameken9 | 2014-12-23 17:58 | Comments(0)
アベノミクスで格差拡大
始まった「日本売り」


 安倍首相がやった経済政策で、貧富の格差はますます大きくなっている。

 資本金10億円以上の大企業の経常利益は、2013年度は34.8兆円。前年に比べて8.8兆円も増えた。トヨタの場合、2013年度は史上最高の営業利益2.3兆円を記録しましたが、1年間で増えた営業利益9700億円のうち、9000億円は円安による「為替差益」です。現在、さらに円安は進んで、2013年度の1ドル100円から現在は120円台になっているので、今年はなおさら大企業はもうけているはずです。

 それにくらべて、わしらの実質賃金はどうか?去年の7月以降、16カ月連続で前年の月より下がっています。10月の時点では3%程度低くなっています。平均年収で8万4400円目減りしています。
 年収200万円以下の人は、2013年で1120万人で史上最多となりました。前年より30万人増えました。貯蓄なし世帯は2012年からの2年間で26%から30.4%に増えました。

 最近の急激な円安で中小企業の倒産が増えているようです。来年になればもっと増えることが予想されます。企業倒産、失業者の増大。物価高。最悪の事態がすぐそこにせまっています。円安は、世界中で「日本売り」が始まっているということです。

今回の急な解散総選挙も、経済がガタガタになる前に、自民党が勝てるのは今しかないという予測でやったと思われます。

(斎)

[PR]
by nameken9 | 2014-12-23 17:53 | Comments(0)