次回6月25日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2015年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


〈ホームページの間借り〉
「大阪城のこま犬について
大阪市議会立候補者に公開アンケート」
大阪城狛犬会


大阪市議会立候補予定者は、名前と送付先が判明した90名の方に送りました。
現職の大阪市会議員で再選を目指している方については全員送付しました。新人の方で判明分については送付しました。
「大阪城狛犬会」は、独自のホームページを持っていないため、本ホームページをお借りして公開します。これを読まれた方で、「うちのホームページでも公開できる」という方は連絡ください。ご協力よろしくお願いします。

「送付した公開質問状」

平成27年3月吉日
大阪市会議員選挙立候補者各位
大阪城狛犬会 
代表 伊関 要   印 
〒557-0011
大阪市西成区天下茶屋東2-9-16
電話06-6653-8283
FAX 06-6652-0558
メアドyksdt142@ybb.ne.jp

公開アンケート

 大阪市政への貢献のため立候補されることへ心より敬意を表します。つきましては、大阪城のこま犬の横に設置されている説明板について、書きかえる必要があると考え、大阪市議会に立候補される皆さんに公開アンケートを実施します。回答のあった方から順次、私どものブログおよびパンフレットで公開いたします。勝手ではございますが、回答はなるべくメールでおねがいします(メアドyksdt142@ybb.ne.jp)。郵送、FAXでもかまいません。

≪大阪城のこま犬≫
 大阪城の北西、西の丸北門前に一対のこま犬があります。高さ3メートル重さ2.9トン、中国・漢白玉石製、明の時代の国宝級の文化遺産です。
 しかも、この大阪城のこま犬は「歴史街道シンボルマークステッカー」貼付対象文化財でもあります。伊勢、飛鳥、奈良、京都、大阪(歴史街道:商人文化の中心地)、神戸と古代から近代に至る歴史街道における代表的な文化財のひとつとなっています。

a0114164_20523825.jpg

a0114164_20525839.jpg

   現在の大阪城のこま犬

 ところで、大阪市がこま犬前に設置した説明板には、大阪城のこま犬は「日中戦争の最中に日本へ運ばれ・・・」(次の写真参照)と記されており、大阪城のこま犬は中国の誰かから買ったか寄贈されたとも受け取れる表現になっています。
 
 事実は、1937年7月29~30日、天津を爆撃し罪なき市民を殺戮し進攻した日本軍が略奪し、侵略の武勲を自慢し、「支那事変聖戦博覧会」(1938年・於 西宮球場)に出展したものです。

 1983~1984年、こま犬の中国への返還と「軍国主義・侵略戦争への戒め」としての「こま犬の複製」の建立を求めたこま犬運動は1万5千筆の署名を集め大いに盛り上がりました。これに応え、中国政府は「こま犬返還の申し出は日本の人々の友誼の気持ちの表れだ」として、こま犬を改めて“友好の証”として日本に寄贈してくれたのです。

a0114164_20534274.jpg

  現状の説明板

【こま犬】
この一対の「こま犬」は中国・明【みん】の時代の文化遺産で、それぞれ高さ約3メートル、重さ約2.9トンである。日中戦争の最中に日本へ運ばれ、当時陸軍第四師団司令部のあった大阪城内に置かれた。戦後も長らく山里口出枡形【やまざとぐちでますがた】の東付近に置かれていたが。昭和59年(1984)、中国政府により改めて大阪市に寄贈されることとなり、現在の場所に移された。以来この「こま犬」は、両国人民の友好関係を促進し、友誼を深める象徴となっている。脇に建立された記念碑には、変わらぬ中日友好への願いをあらわした「中日友好 萬古長青」の文字が刻まれており、これは当時の宋之光中華人民共和国駐日本国特命全権大使の筆になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1984年11月10日こま犬寄贈にあたり除幕式が挙行されました。式典には中華人民共和国駐大阪総領事館より文遅総領事が臨席され、宋之光駐日特命全権大使直筆の「中日友好萬古長青(日中友好は古来から未来永劫続く)」の記念碑も併せて贈られました。
こうして私たちは、複製ではなく本物のこま犬を「軍国主義・侵略戦争への戒め」「平和友好のシンボル」とすることができたのです。

a0114164_20542292.jpg

  宋之光大使直筆の記念碑
a0114164_20545363.jpg
         
  朝日新聞号外(1937年7月30日)

 ただ当時、中国のどこからどういう経緯で持ってきたものかは、はっきりわかっていませんでした。上記の経緯は後になって歴史研究家の塚崎 昌之氏の調査で初めてわかったことです。

 事実の詳細がわかった今、説明板は書きかえるべきと思います。

 今の説明板では、中国はじめアジアの人々から、大阪市はどういう歴史認識をしているのか?かつての侵略戦争に対し、反省していないのではないかと疑われてもしかたないでしょう。恥ずかしいことです。むしろ、しっかりと歴史の真実に向き合い、謝罪と反省の文言をいれるべきと思います。それなくして、これからの日中友好もアジアとの友好もないでしょう。

 現在、大阪市は観光振興戦略に積極的に取り組んでいます。2020年初めまでに外国人観光客を現在の160万人から625万人に増やす計画です。しかもその主力となるのが成長著しい中国からの観光客です。そして中国人観光客の人気スポット第1位が「日本橋」で第2位に「大阪城」がランキングされています。大阪城のこま犬は、大阪の心をアジアに発信する絶好の文化財になりうるのです。
このような観点から、今度大阪市議会に立候補された皆様にご質問いたします。
 
Q1とQ2の質問について、該当する番号を丸で囲み(メール返信の場合は数字を記入)して、それぞれご意見をお書きください。

Q1 大阪城のこま犬のことをご存じでしたか。
1、 大阪城のこま犬のことは知っていた。大切にして後世に伝えたい。
2、 知らなかったが、知ったからには大切にして後世に伝えたい。
3、 知っていたが、過去のことにはあまり触れずに、未来志向でいけばよい。
4、 知らなかったが、知っても大阪の文化、歴史や未来に興味は無いのでこま犬のことはどうでもよい。
5、 その他
  ご意見                                     
                                          
Q2 大阪城のこま犬の説明板は現状のままでよいか?大阪城のこま犬の正しい由来と日中不再戦の決意が明記された説明板に取り替えるべきか?お答えください。
1、大阪城のこま犬の正しい由来と日中不再戦の決意が明記された説明板に取り替え、日中友好と平和を象徴する大阪の文化財として大切に保存するべきだ。
2、こま犬説明板は現状のままでよい。日本がかつて中国を侵略したことなど新しい世代は知らないのだから、わざわざ知らせる必要はない。
3、その他
  ご意見                                    
                                            

アンケート結果は、ブログ、その他資料として公開します。但し、ご連絡先は非公開とします。
ご協力よろしくお願いします。

(回答様式)
Q1―〇
(ご意見)          
Q2―〇
(ご意見)           
名前             
選挙区            
所属団体           


「アンケートに対する各候補者の回答」

Q1―5
(ご意見)          

Q2―3
(ご意見)
知りませんでした。まだ、判断がつきかねております。           

名前 佐々木哲夫             
選挙区 西淀川区           
所属団体 公明党
       

Q1―1
(ご意見)
隣国との共存共栄を願っています。民間外交が大切ではないかと思います。
          
Q2―1
(ご意見)
侵略した事実はあるにしても、当時の日本の国家のあり方も問題ではないか?経済的にもあったのではないか?
           
名前 前田修身             
選挙区 西成区            
所属団体 公明党    

Q1―1
(ご意見)

Q2―1
(ご意見)
中国との関係修復は、正しい歴史認識から。
           
名前 井上浩            
選挙区 住吉区            
所属団体 日本共産党


Q1―1
(ご意見)

Q2―1
(ご意見)
           
名前 いながきひろし            
選挙区 西成区            
所属団体 釜ヶ崎地域合同労働組合    

Q1―2
(ご意見)

Q2―1
(ご意見)
趣旨に賛同いたします。           

名前 尾上康雄           
選挙区 西成区               
所属団体 日本共産党


Q1ー1
(ご意見)

Q2―1
(ご意見)

名前 円山なおこ
選挙区 浪速区
所属団体 日本共産党

Q1ー 2
(ご意見)

Q2ー 1
(ご意見)
お世話になっております。
大阪市会選挙福島区から立候補予定の山田みのりと申します。
公開アンケートの回答をお送りさせていただきます。
今回、初めて大阪城の狛犬の歴史を知りました。
先の侵略戦争の歴史を捻じ曲げる安倍政権の影響が端々で見られます。
歴史を歪める暴走をストップさせるために力を尽くそうと思います。
ありがとうございました。

名前  山田みのり
選挙区 福島区
所属団体 日本共産党


Q1ー 2
(ご意見)

Q2ー 1
(ご意見)
客観的事実を(研究に基づく)記すべきだと思います。

名前  わたし考一
選挙区 旭区
所属団体 日本共産党


Q1ー 1
(ご意見)

Q2ー 1
(ご意見)

名前  うみせど恵子
選挙区 大正区
所属団体 無所属


Q1ー 1
(ご意見)

Q2ー 1
(ご意見)

名前  てらど月美
選挙区 淀川区
所属団体 日本共産党

Q1ー 2
(ご意見)

Q2ー 1
(ご意見)

名前  岩崎けんた 
選挙区 東淀川区
所属団体 日本共産党


Q1ー 2
(ご意見)
多くの人がこれを知らないと思います。それを知らせる貴重なご活動に敬意を表します。
Q2ー 1
(ご意見)
中国をはじめアジア諸国と良好な関係を作る事が真の国際化につながります。

名前  田崎かな子
選挙区 阿倍野区
所属団体 民主党

Q1ー 1
(ご意見)
日本の戦争責任を追求し、認めさせるために取り組んでいきたい。

Q2ー 1
(ご意見)
同感です。応援、連帯していきます。

名前  山川義保
選挙区 城東区
所属団体 平和と民主主義をともに作る会


Q1ー 1
(ご意見)

Q2ー 1
(ご意見)

名前  大丸昭典
選挙区 阿倍野区
所属団体 自民党








[PR]
by nameken9 | 2015-03-24 21:03 | Comments(0)
天王寺公園が近鉄に貸し出された!?

 天王寺公園がフェンスで囲われて入れなくなってしまった。
a0114164_1931345.jpg

(囲われた天王寺公園)

 大阪市が近鉄から金をとって天王寺公園を貸し出す賃貸契約を結んだという。そのためのリニュ―アル工事だ。公園名も「近鉄天王寺公園」になるのだと。契約期間は20年。中に、フットサル(五人制で約20メートル×40メートルのコートで行うサッカーに似た競技)のコート、ドッグラン(犬の運動場)、レストランなどを作るという。近鉄は、集客力の強いイベントを開催するとしている。
橋下市長は、入場料を無料にするとしているが、有料イベント開催中は公園全体が囲い込まれ、入るには今まで以上に高い入場料になる可能性がある。

 前に天王寺公園で世界中のビールが飲めるイベントがあったが、そこへ行った友人の話だと、「大阪市主催というから安いだろうという期待は完全に裏切られ、高い入場料を取られ、しかもビールの値段もレストランで飲むとき並の高さだった思い出がある」という。わしらがぶらっと散歩に行きたくても、入れない公園になってしまいそうだ。

 大阪城公園も、内部施設の維持管理と森ノ宮駅からの入り口付近やJR大阪城公園駅からの入り口付近での新規事業を電通や読売テレビなど4社の企業連合に委託する。
a0114164_194380.jpg

(森ノ宮駅の改修工事)

 大阪城公園駅のエリアにはサムライ体験テーマパークを作ったり、天守閣横の陸軍第4師団司令部の建物をレストランに改造したり、大阪城公園全体で有料のイベントをやるという。イベント開催時には大阪城の広い範囲が囲い込まれる可能性が高い。

 この委託業者を募集する時の説明会で「新たな公園施設の一部または全部を有料化にすることは可能ですか」という質問に対し、大阪市は「可能です」と答えている。

 天王寺公園、大阪城公園という大阪市民の貴重な財産が、金もうけの施設として奪われてしまったということだ。

 橋下市長は、今まで大阪市が維持経費を負担していたものを、そこから収益があがるようにしたと自慢するのだろうが、これはわしら大阪市民が公園を自由に使う権利を企業に売り渡したということだ。大阪城公園は、都市の真ん中で静かな雰囲気を楽しめる公園として、多くの市民に親しまれてきた。

 2年ほど前に橋下市長らが大阪城の西ノ丸庭園でモトクロスの試合を開催したことがあったが、あのノリがずっと続いたらたまったものではない。                        (いんば)


[PR]
by nameken9 | 2015-03-24 19:05 | Comments(1)
なめ憲報告
沿道から拍手、「がんばって!」の声


 22日のなめ憲は、「大阪都構想」の問題を中心に訴えました。

 いつものように天王寺公園東口にリヤカーを置いて、マイクで話をしたのですが、今回は今までと違って、天王寺公園がすべてフェンスで囲われて立ち入り禁止に。
それを知らずに天王寺公園へ来た人が何人もいて、私達に、「何で天王寺公園へ入られへんねん」とたずねてきました。

・・・・この天王寺公園は、近鉄に貸し出されてしまったのです。橋下市長は、市民の貴重な財産を企業に売り渡そうとしています。もし「大阪都構想」が通れば、この天王寺公園も、大阪城公園も、全部大阪府に移管されます。その貸し出した「賃料」も、大阪府に吸い上げられます。大阪市民は、身近な公園が金もうけの施設として奪われるだけでなく、その収益も大阪府に持っていかれるのです。

 大阪市民の税金の4分の3は大阪府に召し上げられます。

 大阪市民の民主的、自主的な権利は奪われてしまいます。5月17日の住民票投票で、一票でも賛成が多ければ、そこで大阪市は無くなります。

 あとは大阪市の貴重な財産は、企業の金もうけのための草刈り場になります。まさに、このフェンスで囲われた天王寺公園が、大阪都構想の本質を象徴しているのです。・・・・これまでの住民サービスは確実に悪くなります。橋下市長は、「大阪市には企業の本社がたくさんあって、税金がたくさん落ちる。東大阪や付近から大阪市の会社に通勤してきているのに、周辺地域には税金が落ちない。その不公平を解消するために、大阪府にいったん税金を集中し、公平に配分する必要がある。」という趣旨の答弁をしている。一見、一理ある話だが、この問題は都構想では解決しません。大阪府に吸い上げられたお金の大半は、決して周辺自治体などには回らない。そのお金でやろうとしているのは、「なにわ新線」や「カジノ」と言った大型のハコモノを作る資金になります。ゼネコンはもうかっても市民には何の関係もない事業に使われる。税金の配分の問題は、これまでも大阪市は、関空など大阪市以外の地域にも多額の費用を出費しており、大阪市と大阪府と周辺自治体の調整システムを制度として導入することで解決できます。その方が独裁者に税金を好きにされるのではなく、よほど民意を反映した行政にできます。・・・・
a0114164_196298.jpg


     (報告いんば)










[PR]
by nameken9 | 2015-03-24 19:01 | Comments(0)

本当はエグイ大阪都構想

本当はエグイ大阪都構想

 大阪都構想といえばきこえは良いが、早い話大阪市を5つの区に分割するということだ。分割された1つの区は豊中市や能勢町、千早赤阪村といった周辺の市町村ほどの権能も無くなり住民への行政サービスは大幅に低下する。

 橋下大阪市長が府知事時代から今まで推し進めてきたことは、敬老パス有料化、赤バス廃止と市民の足を奪い、文楽への補助金カット、府立森ノ宮青少年会館、ピロティーホール、大阪市立労働会館、クレオ大阪といった市民の文化、芸術、政治といった社会活動拠点の売却、閉鎖、民営化等々だ。さらに今後は黒字の地下鉄を売り飛ばすという。地下鉄の黒字で市民に提供すべき行政サービスをカットしてでも地下鉄売却先となる電鉄会社を儲けさせることが上だということだ。本末転倒も甚だしい。今までの橋下市政に大阪都構想の本当の姿がすけて見える。大阪都構想は大阪市を市民の財産を大資本のおいしいえさ場として差し出すということだ。橋下は市民の為の市長ではなく大企業のための市長だったのだ。

 大阪市を本当に解体してよいのか?!住民への行政サービスの大幅カットを許すのか?!市民を踏み台にした大企業オンリーの行政サービスで良いのか?!

《棄権すれば通ってしまう大阪都構想》
 きたる5月17日(日)大阪都構想住民投票がおこなわれる。世論調査では大阪都構想(大阪市5分割)反対が賛成を上回っているとのことだ。ところが投票について聞くと反対の人は「反対や!だれが行くか!」と言うのに対し賛成の人は「必ずいって賛成票を入れる」と言う。そして多くの人が「良くわからないから行かない」という。ところで、大阪都構想住民投票では住民投票成立のための最低投票率は無い。住民投票に行く人がほんの少数でも賛成の人だけが投票すれば大阪都構想は現実のものとなる。今たとえ反対が賛成を10%程度上回っていても投票率が低ければ低いほど大阪都構想(大阪市5分割)は成立してしまう可能性は高い。これでは民意が反映されているとはとても言えない。しかし、反対の人は投票にいって反対票を入れる以外、大阪市を解体の危機から守るみちは無い。                (イセキ)



[PR]
by nameken9 | 2015-03-24 18:57 | Comments(0)
けっきょく、
「大阪市」はなくなるのか?


「大阪都構想」MBS(毎日放送)世論調査
賛成43%、反対41%


 MBSが週末に世論調査したところ、大阪都構想に賛成が43%、反対が41%だった。また、投票へ行くか行かないかでは、「賛成」とした人の過半数が「必ず行く」と答えたのに対し、「反対」とした人の60%以上が「行かない」と答えた。もし今住民投票があったら、10%近い大差で「大阪都構想」が通るという結果だ。

 2月の7日と8日にも、朝日新聞とABCが同様の世論調査を行っているが、この時は今回と逆で賛成が35%、反対が44%だった。ただこの時も、投票へ行くか行かないかでは、「賛成」の人がたくさん行くと答えたのに対し、「反対」と答えた人は「行かない」と答えた人が多かった。

 いずれの世論調査でも、橋下市長の説明は不十分という意見が70%近くをしめた。

 湾岸区になる此花区とかは反対がだいぶ多いという。

 区割りなんかも住民の賛成が得られていない中で、住民投票の数だけで決めていいのだろうか?

 大阪都構想が実現すると、住民にどんな不利益があるのか?野党の説明がまだまだ不十分だという結果であると思う。
                         (インバ)





[PR]
by nameken9 | 2015-03-19 20:03 | Comments(0)
鳩山由紀夫さんがクリミアへ行って、
何が悪いの?

a0114164_19584340.jpg

 鳩山由紀夫元総理大臣が、クリミア半島に行って、マスコミにえらいたたかれているけど、何でアカンのやろ?

 クリミアというのは、こないだ住民投票で、ウクライナからロシアに編入された地域。日本は欧米と一緒になって、これはロシアが力によって国境線を変更したものだとして、「認められない」という立場。

 今のウクライナ情勢、日本で報道されているのは、ほとんどが欧米の受け売り。ロシアやウクライナの親ロシア派のいいぶんは全く報道されていない。そんな中、実際に行って自分の眼で確かめてこよう、というのは誠実でよいことではないのか?

 こないだ日本に来たドイツのメルケルさんも、何度もウクライナやロシアへ足を運んで、紛争をやめさせようとしていた。

 日本の安倍は、ロシアと関係を作って北方領土交渉をしようとしていた矢先にウクライナの問題が起きた。安倍にしてみれば、ロシアと友好な関係を維持する、少なくとも中立な関係を保つことは「国益」のためにも重要だったはずだ。ところが。アメリカに「ロシア制裁に参加しろ」と言われると、サッと態度を変えて、籾手(もみて)に擦り(すり)手で「ハイハイ」とプーチンに背を向けて「ロシア制裁」を言い出した。

 安倍首相は少しでもこの問題について、自分の眼で見、自分の耳で聞き、自分の頭で考えたのか?
 
 アメリカに従属することで自分の権威をとりつくろっている安倍首相よりは鳩山さんの方がずいぶんましだ。

 ただ、鳩山さん、現役の首相の時にこういう決断があったらなあ。
                        (砂山明)    


[PR]
by nameken9 | 2015-03-19 19:59 | Comments(0)
ドイツのメルケル首相が日本へ来て、三つのことを言った。

1、ドイツは福島の原発事故が起きたことで、それで原発を止めることにしました。
2、ドイツは戦後、歴史としっかりと向き合いました。その中で、ドイツとフランスの和解があり、さらに友情にまで発展しました。
3、言論の自由は政府にとって脅威ではない。

 私は34~35年間、東ドイツで育った。  

 人々が自由に意見を述べられないところから革新的なことは生まれないし、社会的な議論というものも生まれません。社会全体が先に進むことができなくなるのです。最終的には競争力がなくなり、人々の生活の安定を保障することができなくなります。もし市民が何を考えているのかわからなかったら、それは政府にとって何もいいことはありません。私はさまざまな意見に耳を傾けなければならないと思います。それはとても大切なことです。

 6月にドイツでG7(主要国首脳会議)がある。メルケルさんが議長だ。安倍首相に覚悟はあるのか?
a0114164_2002019.jpg

a0114164_2003263.jpg

                       (永井)




[PR]
by nameken9 | 2015-03-19 19:44 | Comments(0)
違法献金まみれの安倍内閣

 国会議員は、国が補助金を出した企業からは、補助金交付から一年以内に献金をうけてはならないことになっている。
a0114164_165097.jpg

 ところが、自民党の閣僚はこぞってこの違法献金を受けていた。
辞任した西川農相(写真)はじめ望月環境大臣、上川法務大臣、安倍首相本人、菅官房長官、甘利経済再生相。辞任した西川農相にかわった林農林水産相らも違法献金を受けていたことがわかった。ただ、これを規制する政治資金規正法はザル法で、本人が知っていなかったら罪に問われない。本人は「知りませんでした」と言うに決まっている。

 そもそも、財政的にもピンピンしている一流企業になんで補助金を出しているのか?

 「補助金を出せば、そこからキックバックで献金が入ってくる」という暗黙のシステムができあがっているということだ。しかも、一応やってはダメなことになっているが、ザル法だから罰せられることなない。

 これでは、与党議員は企業の言いなりになるのは無理からぬことである。安倍政権の政策は、どれをとっても企業や金持ちが得することばかり。労働者はますます苦しく、貧乏人はますます貧乏になる政策である。

 これをやめさすには、政治献金は全部禁止するべきである。一人一票で選挙する意味がない。国民の意見と国会議員の意見がかけ離れているのも、この献金制度があるからだ。

 「憲法改正」一つとってみても、国民は平和憲法の改悪には6割は反対だが(読売新聞世論調査2014年3月15日)、国会議員は7割くらいは憲法改悪に賛成だ。なんでこんなに違うのか?選挙では国民の味方ヅラしていても、いったん当選してしまえば献金をもらうために企業よりの政策ばかりやる。平和憲法を変えていつでも自由に戦争できるようにすれば、軍需産業が発展できる。軍需産業は国民の税金を吸い取ってもうけられる。これは、民主主義の根幹をゆるがしている問題である。

 共産党は「企業献金の禁止」を主張しているが、個人献金も禁止するべきである。「個人」をかくれみのにした「企業献金」も当然ありうる。わしら、国会議員には高い給料や政務調査費を払っている。

 国会議員の年収は給料とボーナスで年収2900万円、ほかに「政務調査費」が月に100万円支給されるから年に4000万円以上の収入がある。その上、JRは全部無料。航空機も月に4回まで無料である。選挙で全国を飛び回ってもこれは自分で交通費を払っているのではない。これらも全部、わしらの税金である。その上、何で「献金」など必要があるのか?                        (砂山明)



[PR]
by nameken9 | 2015-03-14 16:50 | Comments(0)
第二次世界大戦勝利70周年記念式に
「安倍首相は招待されるのか?」


 中国は、今年9月3日、日本の降伏から70年を記念して式典を行うが、安倍首相が参加できるか注目を集めている。

 この記念式典にはすでにロシアのプーチン大統領らが招待されている。アメリカのオバマ大統領も招待されているという。

 ヨーロッパでは、ドイツが日本と同じような立場だが、ドイツのメルケル首相は毎年被害国のいろいろな記念式典に招待されている。

 メルケル首相は今年一月、ベルリンで行われたユダヤ人を大量虐殺したアウシュビッツ解放記念式典にも参加し、「明日、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所解放70年を迎えるにあたり、私たちは殺害された600万人のユダヤの人々に思いをいたすのです」と述べ、「人類に対する罪に時効はなく、当時の残虐行為の記憶を後世に伝えその記憶を鮮明に保つ責任を私たちは恒久的に負っている」と訴えました。

 安倍首相も、かつて日本軍が大量虐殺を行った南京へ行って、ちゃんと謝罪するべきである。

 中国の外交部長は、日本の首相を記念式典に招待するかどうかというNHK記者の「無礼な」質問に対し、丁寧(ていねい)にこたえた。(以下、「チャイナネット」より全文引用。写真は「朝日デジタル」より引用。)



[PR]
by nameken9 | 2015-03-14 16:46 | Comments(0)
中国の王(おう)毅(き)外交部長、
日本側に歴史を正確に取り扱うよう強調


 第12期全国人民代表大会第3回会議の記者会見が8日午前10時に開かれ、外交部の王(おう)毅(き)部長が「中国の外交政策と対外関係」について国内外の記者の質問に答えた。

 日本のNHK記者の「中国政府は今年、第二次世界大戦勝利70周年を記念する閲兵式(えっぺいしき)を予定しているが、中国側は安倍首相を招待するのか。今年、中国側は日中首脳会談を行い、両国関係の未来の発展計画について話し合うことを考えているか。また、日本の多くの国民は、中国は歴史問題を武器にし日本のここ数年の世界平和への貢献を低く評価し、日本の世界での信頼に傷をつけているのではないかと見ている。中国に大国としての広い心があるのなら、対日政策を調整すべきではないか」という問いに対し、王部長は次のように答えた。

 今年は中国人民抗日戦争勝利70周年に当たる。当時の世界反ファシズム戦争の東洋の主戦場として、中国側は他国のやり方を参考にし、閲兵式などの活動を正常、自然に行なう。その目的は歴史を胸に刻み、烈士を偲び、平和を重んじ、未来を切り開くことである。私たちはすべての関係国の指導
者と国際機関を招待し、誠意があれば誰でも歓迎する。

 先ほど歴史問題に触れたが、この問題は長期にわたって中日関係を困惑させている。そのため、原因はどこにあるのかと問わざるを得ない。ある中国の外交の大先輩がこの問題について「加害者が危害を加えた責任を忘れないほど、被害者はかつて受けた傷を癒(いや)すことができる」という見方を主張したことを思い出した。この言葉は人と人の付き合い方であり、歴史問題に対する正確な態度でもある。日本の政治家がこの問題をどうするか、まず胸に手を当てて自問してもらいたい。70年前に日本は戦争に負け、70年後に日本は再び良識に負けた。歴史の荷物を背負い続けるか、それとも過去にけじめをつけるか、最後は日本が自分で選択しなければいけない。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2015年3月8日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 前回の「働き人のいいぶん」で、元村山首相の発言を載せた。村山氏は、戦後50年のときに「村山談話」を出したが、その前に中国や朝鮮半島、アジアの国々を回り、かつての日本軍国主義による侵略行為を謝罪して、そのあとに「談話」を出したと述べています。

 安倍のように、「有識者会議」を開いて、言葉じりを合わせようというようなセコイことをやっていては、アジアの人々は誰も信用しないだろう。安倍首相はまず、中国や韓国へ行って、謝罪してくるべきである。
                          (いんば)

[PR]
by nameken9 | 2015-03-14 16:43 | Comments(0)