次回8月27日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日本のマスコミは南中国海の問題を正しく伝えていない

  去る10月27日、アメリカの艦船(イージス艦ラッセン)が、南中国海で、中国が埋め立てて拡張した人口島の12カイリ以内を航行しました。アメリカは「航海の自由作戦」と名づけ、今後も継続するとし、日本やオーストラリアにも同調を求めています。

 これについて、11月20日、NHKの朝のニュース番組で、日本、オーストラリアはアメリカの今回の作戦に指示を表明しましたが、オーストラリア海軍は一方で、南中国海で中国海軍と合同軍事演習を行ったことを伝えました。解説として、オーストラリアと中国の貿易量が飛躍的に拡大していることをあげ、オーストラリアにとって中国は、鉱物資源を最もたくさん買ってくれる国になっているということを報道していました。

 ただ、NHKは、もうひとつ、重要なことを報道していません。(他のマスコミもほとんど報道していないと思いますが)

 それは、アメリカと中国の両海軍は11月7日、米フロリダ州沖合の大西洋で合同軍事演習を実施したということです。米軍関係者は、同州の海軍基地を訪問した中国軍艦との親善行事の一環としています。

 中国国防省によると、訓練には中国海軍の防空ミサイル駆逐艦のほか、米海軍の巡洋艦や駆逐艦が参加。海上での不測の事態を回避するための通信手順を確認したということです。

 ほかにも米軍と中国軍の交流は最近ひんぱんに行われています。

 11月16日にはアメリカ海軍太平洋艦隊司令官スイフト大将が、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦「ステザム」に乗って上海を訪問し、中国海軍の東海艦隊司令官と会合している。
(下の写真)
a0114164_17114643.jpg

    (アメリカ海軍HP2015年11月16日より)




a0114164_17191374.jpg

      (写真/中国国防部)

 これで、どういうことがわかるか?アメリカはそもそも中国と対立するつもりはない、ということです。オーストラリアが中国と仲良くして孤立しているのではなく、安倍首相が踊(おど)らされている、「踊(おど)るポンポコリン」にされているということです。アメリカにしてみれば、安倍を「躍るポンポコリン」にして中国とケンカさせておけば、辺野古に米軍基地を作ってくれ、ただでたくさんの米兵を養ってくれるのです。しかも、日本をはずしておいて、中国と優先的に金もうけできます。こんなタナからボタモチの話はありません。

 南中国海はもともと中国の歴代政権が領有を主張していた海域です。かつて日本軍国主義が台湾を植民地にしていた時代には日本軍が占領していました。戦後は、アメリカは、「対中国封じ込め政策」のもと、「シーレーン確保」などの口実で米海軍が実効支配してきました。

 近年、中国は経済的に大きく発展し、すでに「封じ込め政策」は実質的に破たんしています。アメリカの目的は、すでに失われたアメリカの影響力を、日本の力を借りてでも少しでも維持したいということでしょう。

 中国は島の領有は主張していますが、「領海権」は、国際海洋法条約の関係で主張していないと考えられます。つまり、米軍の艦船などが航行してもそれを軍事的に阻止するなどの行動をとることはないだろうということです。問題は、中国にとって太平洋へ出る玄関口に米軍が銃口を構えて居座っているという状態を終わらせたいということでしかありません。

 アメリカが表面上、中国との緊張を激化させているのは、日本の安倍に辺野古を建設しなければならない口実を提供するためであり、それによって日本政府から「思いやり予算」を引き出すためです。現在、「思いやり予算」の見直し交渉が行われていますが、日本政府は削減、アメリカは増額を要求しています。思いやり予算は現在年間1900億円にのぼります。これをゼロにすれば、沖縄から米軍は勝手に出ていきます。

 2016年、来年、韓国の米軍はすべて撤退することになっています。(ドイツの米軍は半減)一方で日本の米軍は増強です。(米軍はお金のくれるところへ移動します)

 朝鮮半島有事で出動するのはこれからは米軍ではなく自衛隊という筋書きですか?そのための「集団的自衛権の容認」、「戦争法案」です。 

 自民党は2017年の参議院選挙のあとには「憲法改正」をもくろんでいます。南中国海についての事実をゆがめた報道は、「憲法改正」にむけて世論を誘導していく材料に使われています。だまされてはなりません。                      (砂山明)






[PR]
by nameken9 | 2015-11-29 17:21 | Comments(0)
なめ憲、平和憲法の大切さを訴え


 11月22日は毎月行っている「なめ憲」の活動日でした。天王寺公園東口で、午後2時から3時半まで、平和憲法を守ろうと訴えました。
 戦争法案のこと、フランスでのテロのこと、TPPのこと、沖縄県の辺野古に新米軍基地を作ろうとしている問題、原発を再稼働しようとしている問題、景気がますます悪くなっているのに再来年には消費税を10%にあげるのか??などについて、それぞれが訴えました。
a0114164_16512942.jpg

a0114164_16532474.jpg

 そして、こんなに問題が山積しているのに、安倍政権は臨時国会を開くことを拒否しています。

 憲法の規定では、国会議員の四分の一以上が要求すれば臨時国会を開かねばなりませんが、政府はかたくなにこれを拒否しています。

 戦争法案を通すときは戦後最長の延長国会をやって無理やり強行採決し、それが終われば、野党がいくら要求しても国会を開かない。

 これはどれだけ国民を軽視しているか、民主主義を根本から否定する独裁政権だと訴えました。
a0114164_16533710.jpg

 フランスでテロが起きて、欧米が報復の爆撃を行っていますが、戦争法案が通った今、日本にも自衛隊の出動を求める動きがありそうです。しかし、報復は報復を呼び、日本国内でもテロが起きる危険が飛躍的に増します。アメリカが「テロとの戦争」を呼び掛けて以降、テロは減るどころか飛躍的に激増しています。武力でテロをなくすことはできないということはすでに証明されています。

 宗教や民族の習慣、文化、あるいは様々な考え方の違いを認め合うことができる、尊重し合うことができる「協働共生社会」の実現こそ、テロを地上から永久に追放する唯一の施策です。

 今の安倍政権や橋下維新の会の政治手法は、これとは全く逆、対立する必要のないところに対立を持ち込み、力で社会的弱者を押さえつけ、社会的多数派のみを獲得しようとする政治手法をやっています。これこそファシズムであり、テロを誘発する社会的温床になります。といったことも訴えました。
a0114164_16541623.jpg

a0114164_16543323.jpg

a0114164_16544454.jpg

a0114164_16551585.jpg

a0114164_16553366.jpg

治安維持法犠牲者に国家賠償法の制定を求める署名に署名してくれる人々



(報告 いんば)


[PR]
by nameken9 | 2015-11-29 16:58 | Comments(0)
フランスの
テロ事件に思う

 フランスでまた痛ましい事件が起きた。フランス時間で11月13日(金曜日)の夕方、何者かの集団が6か所で、自動小銃や爆弾を使って無差別殺人をおこなった。死者は128人、負傷者300人以上、そのうち重篤80人(15日各社朝刊報道)とされている。

 今回の事件の全容はまだわかっていないが、フランスのオランド大統領はIS「イスラム国」の犯行と断定している。

 マスコミは、フランスが攻撃された理由として、シリアの空爆に参加していることをあげている。AFP通信が複数の目撃証言として報じたところでは、コンサートホールを襲撃した容疑者は「オランド(フランス大統領)の責任だ。シリアに介入すべきではなかった」と叫んでいたという。

 無差別の大量殺人は当然、許されることではない。いかなる理由があっても許されることではない。そしてそれは、アメリカやフランスやロシアがやっている空爆も同じだ。これらの国が無差別殺人している規模や人数は、今回の事件とはくらべものにならないだろう。

 国家がやる無差別殺人は許されて、テロリストがやる無差別殺人は許されないというものではない。どちらも、許されてはならないことだ。問題解決の道はここからしかはじまらない。テロリストは、アメリカ軍やフランス軍が憎いというなら、米軍やフランス軍と直に戦うべきだ。それができないからといって無辜(むこ)の市民を殺して何の解決になるのか?テロリズムは国家権力を持っていない集団の帝国主義だ。テロリストが権力を握れば必ず帝国主義になる。

 シリアの内政問題はシリアの人々が決めることだ。アラブの問題はアラブの人々が決めることだ。

 イラクの人々に言わせると、かつてはシーア派もスンニ派も仲良くやっていたという。日本でも仏教徒が宗派の違いで殺し合いの戦争をやったという話は聞いたことがないように、アラブでももともとは仲良くやっていたのだ。欧米が入って行って、宗派対立をあおり、ケンカさせて、石油の利権を手に入れようと画策したのだ。

 今回、IS「イスラム国」が犯行声明をだしたが、ISというのは、アメリカやサウジ、イスラエル、トルコなどがこっそり支援して育ててきたテロ集団だ。アメリカはトルコの基地でシリアのアサド政権と戦わせるために、イスラム過激派を訓練し、武器を渡してシリアに送っている。イスラエルはISの負傷兵を自国の病院で治療してシリアへ送り返している。ISはこれらの国の支援なしに、これだけ急速に勢力を増長させることなどありえなかった。ISは過激な言動で注目を浴びているが、ならばなぜ、アラブの敵であるイスラエルやアメリカと真っ向から戦わないのか?それどころか、ISは、イスラエルと戦っているパレスチナのハマスやファタハに宣戦布告したりしている。明らかにイスラエルを助ける役割を演じている。

 今回のテロ事件で予想されることは、フランスはじめ欧米がますますシリアやISに関与せざるをえなくなるということだ。

 今、ロシアがアサド政権の要請でISやアルカイダを空爆して、ISの力を急速に弱体化させている。このままではシリアのアサド政権は延命し、イランも勢力を伸ばし、アメリカの影響力は激減する。アメリカとしてはこれに対抗するために、欧米をシリアにもっと引きずり出したい。イラク戦争の時のように、欧米の有志連合でシリアのアサド政権を倒し、ロシアを背後におしやりたい。今回のテロがもたらすであろう結果は、アメリカの願望と奇妙に一致する。

 安倍政権、アメリカに言われるままに戦争法案も通しました。自衛隊は米軍のケツについてどこへでも行けます。さて次はシリアの後方支援か?このままでは東京が、大阪が、戦場になります。                        (砂山明)

[PR]
by nameken9 | 2015-11-29 16:45 | Comments(0)
日中友好なくして
日本の未来はない

 安倍首相は、尖閣問題に続き日本の領土領海とは無関係の南沙問題でしきりに中国に難癖をつけている。日本はアメリカの核の傘に守られているから中国とケンカしても大丈夫だとタカをくくっているようだ。

 とんでもない勘違いだ。アメリカは日本を守るために例えば「ニューヨークなど主要10都市壊滅」「死者1,000万人」といった核攻撃被害を覚悟して中国に対して核恫喝をかけることは決して無いということだ。この「相互確証破壊戦略」の論理から言えば「核恫喝」などは何の意味も持たない過去の遺物であり、もはや「核の傘」など世界中どこを探してもありはしない。

 ありもしないアメリカの核の傘にすがるより、中国人観光客の「爆買」の現実に括目すべきだ。私が働く会社も大いに中国人観光客からの恩恵を受けており、サラリーの源泉ともいうべきありがたい存在だ。

 声を大にうったえます!「日中友好なくして日本の未来はない!」(伊関)


[PR]
by nameken9 | 2015-11-29 16:38 | Comments(0)
これじゃあ「沖縄独立論」が出て当然
 普天間移転反対で辺野古基地前に座り込む住民に対し「おばー、危ないからあっちへ行こうネ」と相手を気遣いながら警備にあたる地元警察。これではらちがあかないと安倍政権はついに警視庁機動隊を投入。強制排除に乗り出した。
a0114164_16361435.jpg

 沖縄の総意を強権をもって踏みつぶそうとする政府。もはや「沖縄独立論」噴出やむなし。当然だろう!?(タケル)

[PR]
by nameken9 | 2015-11-29 16:36 | Comments(0)
10月なめ憲
政府はTPP「大筋合意」を国民に説明せよ!!
a0114164_15443047.jpg

 今回のなめ憲では、大筋合意したといわれるTPPの内容を安倍首相は臨時国会を開き、説明せよと訴えた。TPPとは、そもそも大企業を儲けさせるためのものであり、特に「投資家対国家間の紛争解決条項」(ISD条項)は、大企業が投資している国がその企業に不利益な政策や法律を作った場合、その国を仲裁裁判所に訴えて、損害賠償させることができるというルールである。例えば、2011年の東日本大震災による福島の原発事故の悲惨な状況を見たドイツ政府は、原発を廃止することを決めた。しかし、ドイツの原発を所有運営していたスウェーデンの企業は、ドイツ政府が原発を止めたことによって損害を受けたとしてドイツ政府を訴えた。原発廃止というドイツ政府の決断は、国民の安全を守るための賢明な判断だと思う。しかし、こうした国家の主権や国民の利益・安全よりも企業の利益が優先されるというのがISD条項だ。こんなことが許されていいのか?
a0114164_1544473.jpg

a0114164_1545195.jpg

a0114164_15451510.jpg

 さらにもう一つ訴えたのは、日本政府の恥ずべき行動に対してである。中国が「南京大虐殺の記録」をユネスコの世界記憶遺産に登録申請し、登録されたが、これに対して菅官房長官は、抗議しユネスコの分担金を払わないと圧力をかけた。日本は中国を侵略し中国人民に多大な損害を与えた。南京大虐殺は日本の侵略戦争の中で起きた歴史的な事実であり私たちはその事実から目をそらすことなく、真実に真摯に向き合い、二度と同じ誤りを犯してはならない。日本政府は、あろうことか「南京大虐殺の記録」のユネスコ登録を批判し、ユネスコの分担金を払わないという。日本政府は、南京大虐殺はなかったとでもいいたいのか?その事実を受け止め二度と侵略の誤りを繰り返さないために最も尽力しなければならないのは、日本政府である。世界中の人々が知る「南京大虐殺」の事実をなかったかのようにいう日本政府は、世界的に孤立するしかない。
a0114164_15453233.jpg

a0114164_1545498.jpg

a0114164_154603.jpg

 私たちが、こうしたことを訴えていると、通りすがりの女性の方がアピールさせてほしいと言ってきた。女性は「私は、通りすがりの主婦です。大阪のみなさん、橋下が何をやったか、天王寺公園を見に来ました。市民の憩いの場である天王寺公園が、緑がなくなってしまっている。ただでさえ、大阪は東京より緑が少ないのに、勝手に市民の公園を企業に貸して。11月の選挙は、維新の会に反対の声をあげましょう。」と力強く訴えられた。橋下市政に、本当に怒りを感じている人々は多いと感じた。
a0114164_15461676.jpg

a0114164_15462530.jpg

(報告 高橋)


[PR]
by nameken9 | 2015-11-03 15:47 | Comments(0)
抗日戦争勝利70周年記念集会を行いました

 9月5日、阿倍野市民学習センターで、「抗日戦争勝利70周年記念集会」を開催しました。約90人の方の参加を得ました。

 最初に日本とドイツの戦争責任の取り方を比較した「光と闇」というビデオを上映。講師には、3人の方をお呼びしました。中国領事館の領事、元衆議院議員の服部良一さんの参席、中国の「人民日報」の取材がありました。

 ビデオ上映の後、「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟大阪府本部会長」の有川功氏、「在日本朝鮮人総連合会大阪府本部常任委員会国際統一部長」の姜賢(カンヒョン)氏、「大阪華僑総会会長」の劉中耀氏に講演をしていただきました。

 有川さんは1944年中国山西省生まれということです。朝鮮、中国の方たちも参加されている公式の場なのでということで、謝罪の言葉を述べられました。「日本国民の一人として、あれは親の世代がしたことだから自分は関係ない」という風には考えない。

 中でも印象に残った話は、治安維持法で、社会主義者が弾圧されたあとは、宗教者が弾圧され、何の関係もない人達まで弾圧されたという話。13歳の少女が与謝野晶子の「君死に給うことなかれ」の詩の一節に傍線を引いていたというだけで、捕えられて拷問を受け、瀕死の重傷を負わされたこと。8歳の少女が知らずに立入禁止区域に入って海の絵をかいていたところ、官憲に捕えられて、奥歯が折れるほどなぐられたという事件。

 私たちの会は「戦争犯罪に時効はない」という考えでやっている。それは過去を懐かしむためではなく、未来の平和を守るためだ、とのべられました。
a0114164_15372226.jpg

a0114164_1538191.jpg

 姜賢さんは、朝鮮が日本の植民地だった時代の日本の残虐非道な犯罪行為、キムイルソン将軍ひきいる抗日パルチザンが日本軍を撃退した話を中心にされました。興味深かったのは、朝鮮と言う意味の「コリアン」はローマ字で「Korean」と書くけれども、元は「Corean」だった。それを、戦時中の日本は国際会議などの場で、アルファベット順の場合、日本のJapanのJはCより後になるので、日本が朝鮮より先になるように「Korean」にしたということでした。

 この話を聞いて思い出したのは、安倍晋三と百田尚樹が共著で出している本の題名「日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ」でした。「なんでも自分が一番、自分が中心」という幼稚園児のような発想はそっくり。軍国主義の発想に通じるんですね。
a0114164_15382918.jpg

 劉中耀さんは、中国北京であった9月3日の抗日戦争勝利記念式典に招待されて帰ってきたところというタイミングでした。在日華僑の4代目ということで、父親も祖父も曽祖父も、日本の官憲につかまったことがあるという家系の話、京都の光華寮という中国人の寮が中華人民共和国に属するか中華民国に属するかで闘った裁判にかかわった話などをされました。
 
 そのうえで、中国国歌の由来の話、中国人としての誇りを語られました。
a0114164_15391121.jpg

a0114164_1539244.jpg

 今回の集会は、「抗日戦争勝利70周年を日本人、朝鮮人、中国人がともに祝おう」という集会でした。こういう集会はこれまでにほとんど無かったように思います。しかし、こういう視点からかつての戦争をとらえて初めて、歴史の真実に迫ることができるし、平和な未来への道筋も見えてくるように思います。

 参加していた青年の一人は、「どの方のお話も、今まで聞いたことが無い内容で、非常に興味深かった、時間を感じさせなかった」という感想を述べていました。
a0114164_15395244.jpg

 これから、この内容をより豊富化させ、広く伝えていくことが重要と思います。
                         (文責山橋)



[PR]
by nameken9 | 2015-11-03 15:40 | Comments(0)