次回6月25日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

国民投票では反対票を!
平和憲法を守りましょう。


 7月10日の参議院選挙の結果、自民、公明の与党が145議席をとり、そこに改憲に前向きな「日本のこころ」と「維新」の15議席、無所属改憲派4議席を加えて164議席を改憲勢力が占めました。現在、参議院には242議席あり、憲法改正発議に必要な2/3の162議席を越えました。すでに衆議院では改憲勢力が2/3を確保しており、国民に憲法改正の是非を問う国民投票を行う憲法改正発議が現実味をおびてきました。
a0114164_18251945.jpg

(グラフ:SEALDs POSTより)
 
 選挙前、安倍首相は憲法問題には一切触れず「経済再生が1番。アベノミクスエンジン全開。消費増税延期。国民の信を問う」。
と国民の歓心を買い、選挙が終われば「憲法改正は選挙公約」と突然言うことが変わりました。基本的人権、国民主権、平和主義という日本の在り方、自由と民主主義がこのようなペテン師的二枚舌でひっくり返されてよいのでしょうか?!断じて許せません。
a0114164_18261833.jpg

(図:SEALDs POSTより)

国民的議論で憲法を守る国民投票を!

 改憲勢力が2/3を占めたものの、全国的な市民の声に押されて野党共闘が実現し、野党統一候補が11人当選しました。前回の参院選での当選2人から大躍進といえます。これは希望の光だといえます。与党の改憲に向けたシナリオに狂いを生じさせた可能性もあります。

 また、改憲勢力のなかでもそれぞれ意見の違いは大きく、憲法改正発議までは多難な道のりです。
a0114164_18265721.jpg

(図:SEALDs POSTより)

 今、野党共闘を実現させた市民の声をますます強め、憲法を守る国民的議論を巻き起こし、憲法改正発議自体をためらわせるか、国民投票があった場合でも高い投票率で憲法改正を葬り去り、平和憲法を守りましょう。

警鐘!はじめは変えやすいところから、最後は立憲制、憲法、民主主義の破壊。

 改憲勢力は、最初から9条改憲を絶対口にしません。はじめは、「これくらいならいいか」というところから憲法を変え、徐々に権利より義務、公共の福祉より公の秩序、個人より家族、国家が大事という具合に改正が進み、9条改憲、国防軍創設、徴兵制復活、天皇元首化といったシナリオが予想されます。こうなれば例えば自分の意思と関わりなく兵隊として戦争にかり出されるなどということもあり得ます。これは、憲法が権力を縛り国民の基本的人権を守るという立憲体制の否定であり、憲法、自由と民主主義の破壊です。

 重ねて訴えます。今こそ、野党共闘を実現させた市民の声をますます強め、憲法を守る国民的議論を巻き起こし、やがて来る憲法改正発議、国民投票に反対票をもって憲法を守る断固たる意思表示を行いましょう。 タケル

[PR]
by nameken9 | 2016-07-24 18:29 | Comments(0)
安倍首相は当事者でもないのに南中国海問題に介入するな!

 中国は前からフィリピン等と当事者同士で話し合いで解決すると言いフィリピンも同意していた。それをアメリカが南中国海で主導権を握りがたいが為にフィリピンをそそのかせて仲裁裁判等をおこさせた。

 以前は問題にもなっていなかったし中国は平穏にやっていた。問題が起きれば話し合いで解決しどちらにとっても良い方に解決していくと言っていた。それをアメリカはわざわざ問題化し、そしてその下働きをしているのが安倍首相だ。当事者でもないのに事あるごとに世界の会議で発言をし、もめ事を起こしている。こんな卑劣で姑息なやり方をする安倍首相は日本人の良心に照らしても許すことが出来ない!

 過っての中国や朝鮮、東南アジアを日本軍国主義が侵略した時の手口とちっとも変わらない。安倍首相の狙いは中国を敵に作り上げこんなに無法なことをする国だから集団的自衛権の行使や、憲法9条はかえなければならないと世論作りを行うためだ。しかし私達はこれに騙されてはいけない。日本国民にとって危険なのは安倍首相だ。日本の未来の為に平和憲法を守ろう!                  (たむら)


[PR]
by nameken9 | 2016-07-24 18:20 | Comments(0)