次回8月27日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


≪8月なめ憲報告≫
核兵器に守られる平和などない!!
 
 去る8月28日、天王寺公園にて恒例のなめ憲活動を行いました。活動を開始して早々に、女性が来て戦争法を廃止しようという署名や大阪城のこま犬の正しい由来の説明板を設置しようという署名にご協力いただきました。
a0114164_1811692.jpg

 そしてこの日特に訴えたことは、核兵器廃絶の問題です。先ごろ、アメリカのオバマ大統領が核兵器の先制不使用宣言を出すことを検討しているというニュースがありましたが、これに対して安倍首相は反対しているというのです。核保有国の先制不使用宣言は、核兵器廃絶への道筋をつけていくにあたって、大変歓迎すべきことです。にもかかわらず、唯一の被爆国である日本の首相が先制不使用宣言に反対するなどあり得ないことです。安倍首相は、本気で核兵器の廃絶を考えているとは思えません。こうした安倍首相の欺瞞を暴くとともに、核兵器に守られる平和などないのだということを訴えました。
a0114164_18112723.jpg

a0114164_18121882.jpg

a0114164_18123136.jpg

(報告 高橋美香子)

[PR]
by nameken9 | 2016-09-05 18:13 | Comments(0)
全ての核兵器保有国に「我が国は決して先に核兵器を使いません」と宣言させよう!

a0114164_184856.jpg


①アメリカのワシントン・ポスト紙が、オバマ大統領は、核兵器先制不使用宣言を出すことを検討していると報じた。「アメリカが先に核兵器を使用することはありません」という宣言だ。
②その後、ワシントン・ポスト紙はまた、安倍晋三首相は「北朝鮮に対する抑止力が弱体化する」として、アメリカが核先制不使用宣言を出すことに反対の意向を伝えたと報じた。
③一昨日、安倍首相は「私はそんなことは言っていない」とこの報道を否定した。
安倍首相はこの問題で「アメリカと緊密に意思疎通をはかっていく」と述べたが、自分がどういう考えなのかについては言わなかった。
a0114164_1842518.jpg


 世界一の核保有国であるアメリカが「核兵器先制不使用宣言」をだすかもしれないというニュースは、非常にうれしいニュースだった。

 しかし日本の安倍やアメリカの「同盟国」といわれる国々、オバマの周囲の人間が反対したということで、実現可能性は薄らいでいる。安倍は広島で核兵器廃絶を訴えたかと思ったら、裏では核兵器の廃絶に反対している。二枚舌首相だ。

 すべての核兵器保有国が「核兵器を先に使いません」と宣言するということは、「核兵器のない世界」に向けて、現段階ではもっとも有効な、一歩前進になるはずだ。しかしこれには日本の安倍が反対している。安倍は「そんなことは言っていない。」というが、自分の考えはどうか言っていない。日本国民には自分の考えを隠して、アメリカとは緊密に話し合うという。安倍が核兵器先制不使用宣言に反対なのは明らかだ。



[PR]
by nameken9 | 2016-09-05 18:06 | Comments(0)
アメリカが最初から「核兵器先制不使用宣言」をしていたら、朝鮮も核兵器を持つ必要はなかっただろう。

 現在核兵器を保有している5大国(アメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランス)の中で、核兵器先制不使用宣言をしているのは中国だけである。

 中国は1964年に初めての核実験を行った直後、この核兵器先制不使用宣言を行った。また核兵器を保有している他の国、インド、パキスタン、イスラエル、朝鮮の中では、朝鮮は最初の核実験を行ったあとすぐに、核先制不使用宣言を行っている。インドは、核兵器と生物化学兵器による攻撃がないかぎり、先制使用はしないと宣言している。

 中国が核兵器を保有するようになった背景には、朝鮮戦争の時にアメリカの大統領アイゼンハワーが公然と中国に核爆弾を落す可能性を示唆したことだ。このとき中国の毛沢東主席は防衛上、最低限の核爆弾を持つことを決断した。また同時に「核兵器先制不使用」を宣言することで、「核兵器廃絶への道筋」も示した。今から52年前のことだ。

 朝鮮民主主義人民共和国の核実験もアメリカの核恫喝に原因している。朝鮮戦争以来何度も核恫喝を受けつづけた。

 中東のリビアが国連の核査察を受け入れ、核兵器と生物化学兵器を廃棄したとたんに、NATOに空爆されて、最高指導者カダフィも暗殺された。つい5年前に起きたことを、朝鮮の指導者は忘れていない。

 アメリカは広島長崎に原爆を落として以来、世界中で「核恫喝」をおこなってきたが、これが他の国々に「核兵器」を拡散してきた一番の原因だ。したがって、世界最大の核兵器保有国であるアメリカが「核兵器先制不使用」を宣言することは、歴史的にも大きな意味がある。

 安倍なども「日本の安全保障」ということを口にするが、本当の「安全保障」とはどういうものだろうか?

 自分の国だけが「絶対的に安全」、他の国は「不安におびえる」という「安全保障」が果たして本当の「安全保障」だろうか?これはアメリカの好戦派や安倍グループの考え方だ。帝国主義の考え方だ。

 「核兵器を先に使用するかもしれないよ。だから自分の言いなりになりなさい。」こんな安全保障は必ず破綻するし、むしろ新たな戦争をひきおこす。「アメリカの核の傘の下での安全」は、夢想でしかない。「アメリカの核の傘の下」で、絶え間なく戦争がくりかえされてきた。

 中国の毛沢東の考え方は、「自分の国が安全であるためには他の国々もすべて安心感を持てるものでなければならない」というものだ。国連の考え方、日本の憲法9条も同じ流れだろう。

 幾多の戦争の惨劇のあとに生まれた、未来志向の新しい安全保障の考え方である。

 全ての核保有国が「核兵器の先制不使用宣言」をすることは、「核兵器を含むすべての兵器の国際的な共同管理」の時代へむけての前提である。                   
                           (インバ)




[PR]
by nameken9 | 2016-09-05 18:02 | Comments(0)

第20回日朝友好稲刈り

第20回日朝友好稲刈り

 朝鮮学校の子供たちと楽しく稲刈りをしませんか。日朝国交正常化と朝鮮学校の民族教育の支えとなることを願い育て続けた友好の実り。今回、20回目の稲刈りを行います。

 春の田植えの時は、史上空前の大規模米韓軍事演習「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」が強行されるなか友好の苗を植えました。果たして、戦争の危機をはらんだ軍事的圧力で朝鮮問題が解決したでしょうか。答えはノーです。しかし、私たちが植えた友好の稲穂はたわわに実りました。大切なのはこうした民間交流を通じて築く信頼の絆です。

 第20回日朝友好稲刈りにご参加ください。

*残暑ならぬ猛暑が続いています。熱中症対策を万全にご参加ください。

日 時:2016年9月18日(日)
集 合:能勢電終点・妙見口駅午前9時集合
    車で直接現地集合の方は、
    午前10時田んぼに集合
会 費:大人2,000円、学生1,500円、
    子ども500円
申込み:伊関090-4640-7638  
    山橋080-6175-7067
   9月12日(月)までにご連絡ください。
主 催:平和の糧、
    朝鮮総連西大阪支部

[PR]
by nameken9 | 2016-09-05 17:59 | Comments(0)

7月なめ憲

憲法を守る国民的議論を巻き起こそう!!

 去る7月24日、恒例のなめ憲活動を行いました。今回はセンター出発時から、以前住民票闘争のときにも何回か来られたMさんが、参加されました。Mさんは、高齢にもかかわらずビラまきも積極的に手伝ってくださいました。
a0114164_174852.jpg


 今回のなめ憲は、7月10日の参議院議員選挙が終わった後の初めてのなめ憲活動だったので、やはり憲法問題を中心に訴えました。先の参議院議員選挙の結果、衆参両院で改憲派の議員が3分の2を超えて、憲法改正発議が現実味を帯びてきました。選挙前は、憲法問題に触れず、経済問題ばっかり言っていた安倍首相が、選挙が終わるやいなや「憲法改正は選挙公約」などと言い出す―こうした欺瞞を許さず、憲法を守る国民的議論を巻き起こそうと訴えました。
a0114164_17482734.jpg


 私たちのアピールを聞いて、戦争法廃止の署名をしてくれた若者もいました。また、多くの若者が私たちのビラを受け取っていきました。
a0114164_1748495.jpg


 これからも、憲法の重要性を訴えて、憲法を守る活動を続けていかなければならないと思いました。



[PR]
by nameken9 | 2016-09-05 17:53 | Comments(0)