次回8月27日、午後2時から天王寺公園東口にて行います。


by nameken9

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

1月なめ憲
民族排外主義反対を訴える!!

 1月22日は今年最初のなめ憲活動の日、あいにくの時雨の中でしたが、釜ヶ崎の仲間も参加してくれてやりました。

 この日、訴えたのは民族排外主義反対です。昨年の大雪の中で起きた新千歳空港での事件、ネットで「千歳 中国人 暴動」というような中国人を蔑視するような記事が躍りました。こうしたことが起こる背景には、安倍政権下での侵略戦争の歴史の隠蔽歪曲があり、それによる民族排外主義の助長があります。こうした民族排外主義に陥るのではなく、中国、韓国初めアジアの人々との友好こそが大切であることを訴えました。また、釜山での少女像の問題でも同じことが言えます。問題なのは、かつて日本軍国主義が起こした侵略戦争に対する反省のない安倍内閣の姿勢です。そのことに対して、韓国の人々が怒っているのです。安倍首相が言うのは口先だけの平和です。本当に平和を守るつもりがあるなら、態度で示すべきです。そして、今年は憲法施行70周年という記念すべき年です。安倍政権は平和憲法を改悪しようと目論んでいますが、私たちは平和憲法を守っていこうと訴えました。
a0114164_17505152.jpg

a0114164_1751682.jpg

a0114164_17512058.jpg

 最後に、片づけをしていると中学生のグループがやってきて、「戦争反対や。」「平和を守っていこう。」と口々に叫んで、大いに盛り上がりました。(報告 高橋)


[PR]
by nameken9 | 2017-01-23 17:51 | Comments(0)
「千歳(ちとせ)空港で中国人が暴動」の真相

 12月22日から24日にかけ大雪に見舞われた新(しん)千歳(ちとせ)空港(くうこう)では欠航のため一時1万6000人もの人々が足止めされた。そんな中、ネット上で「千歳 中国人 暴れる」「千歳 中国人 暴動」・・・と中国人観光客の質の悪さを嘲笑(ちょうしょう)するかごときニュースがおどった。

 これに対し、1月17日、北海道大学公共政策大学院専任講師・西本紫乃さんが「『新千歳空港で暴れた中国人乗客』騒動の真相」という長いレポートを発表し、新千歳空港で発生した「騒動」事件の詳細を公にした。

 レポートによれば騒ぎの原因となったのは、欠航となった中国国際航空の北京行きCA170便だ。欠航を出した他の航空会社は、ホテルや食事の用意をしたのに中国国際航空はできていなかったようだ。乗客の怒りは中国国際航空へ向けられていた。中国国際航空の現場スタッフはなんとか乗客の便宜を図ろうと新千歳空港側へ善処を求めた。ところが、ここで露呈したのが新千歳空港の管理レベルの低さだ。新千歳空港側は中国国際航空の現場スタッフの懇願にもかかわらず空港内制限区域からの速やかな立ち退きを迫ったという。制限区域外には寝れる場所もなく、深夜に出てすぐまた早朝より再び制限区域に入るのにチェックを受けるため長蛇の列をつくって立って並ばなくてはならない。乳飲み子を抱えたお母さんや年配の旅行客もいるというのに。乗客と新千歳空港の間に立って板挟みとなり泣き出す中国国際航空の日本人スタッフに駆け寄って慰める中国人乗客の姿があったという。新千歳空港の責任者の態度は終始高圧的で制限区域からの退去を求めて譲らなかった。結局、中国人乗客の怒りは新千歳空港の高圧的な態度にも向けられることとなった。

 こんな中、中国の農村からの女性研修生38人のグループの一人が、中国国際航空のスタッフの一人と突き倒した突き倒さないの押し問答となった。その時、同社の他のスタッフが警察を呼んだ。駆けつけた警官が女性研修生を連行しようとしたところ、グループの他の女性が悲鳴をあげるなど騒ぎとなり、連行されようとしている仲間を助けようとしたとのことだ。結局このとき3人の女性が警察に連れていかれたとのことだ。

 以上が、ネットでいう「千歳 中国人 暴動」の真相だ。ことの原因は中国国際航空の不手際だが、さらに悪いのは新千歳空港の高圧的な態度であり、最もいけないのはことを安易に中国人蔑視(べっし)に結び付け「千歳 中国人 暴動」と流布(るふ)し、世間もそれを信じてしまうことだ。背景には安倍政権下で進む侵略(しんりゃく)戦争(せんそう)の歴史の隠蔽(いんぺい)歪曲(わいきょく)とそれによってもたらされる民族排外主義の助長がある。安倍首相は、日本を訪問する観光客4000万人の目標を掲げるがこのまま民族排外主義が蔓延(まんえん)するのを放置すればとても達成は不可能だろう。今回の騒動にまき込まれた中国人観光客は日本が大嫌いになって帰ったのではないだろうか。このさい民族排外主義とはきっぱり決別し、中国、韓国、アジアからのお客さんを心から歓迎する気持ちが大切だ。関空、伊丹、神戸の関西の各空港も新千歳空港の騒動を他山の石とし「まごころサービス・スマイルサービス」に徹すべきだ。私たちも中国、韓国、アジアの人々への悪口ネタニュースを安易に鵜呑(うの)みにするのはやめましょう。(護憲の空港勤務者I)


[PR]
by nameken9 | 2017-01-23 17:42 | Comments(0)
少女像が問題なのではない。
安倍政権の
歴史認識こそ問題

 
 1月6日、釜山(ぷさん)の日本領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された。市民団体が設置したもので、市はいったん撤去したが市民の抗議の声が大きく、また元に戻して、今は設置された状態になっている。日本政府は、これは日韓合意に反するとして韓国政府に撤去を求め、大使を帰国させた。
a0114164_17383550.jpg


 韓国の市民団体がこの時期に慰安婦像を設置したのには理由があるだろう。昨年12月、安倍首相は真珠湾に行ってオバマとともにかつての日本軍の奇襲作戦で犠牲になった米軍人を慰霊した。その時も、中国や韓国からは「中国や朝鮮半島、アジアにもたくさん安倍総理大臣が慰霊する場所はありますよ」という声がアチコチから上がった。そこへもってきて、12月29日、防衛大臣の稲田は、防衛大臣になって初めて靖国に参拝した。アジアを侵略した東条英機ら戦争犯罪者どもをおがみに行ったのだ。
a0114164_1739722.jpg


 日韓合意違反というが、あの時に韓国側が言ったのは、「適切に解決されるよう努力する」と言ったのみであり、「少女像」を撤去する義務は請け負っていない。

 今回の問題が起きた原因は、安倍内閣の間違った歴史認識とアジア蔑視(べっし)にある。韓国市民が怒るのは当然だ!日本の多くの市民は、韓国とも中国とも仲良くしていかなければ日本の未来はないと考えている。日本の良識ある市民も安倍内閣には怒っている。  
 (砂山明)

[PR]
by nameken9 | 2017-01-23 17:39 | Comments(0)